「 乳酸菌 免疫 」一覧

スポンサーリンク
腸のストレス解消に効果的!おススメの5つの方法とは?

腸のストレス解消に効果的!おススメの5つの方法とは?

免疫力アップのためには腸のストレスを解消する必要があります。 それには、腸が自律神経の影響下にあるを理解しておくことが大切です。 消化吸収を行う蠕動運動は自律神経によるものです。 腸のストレス解消に効果的な5つのおススメ方法をご紹介します。

今年の夏も暑い!!夏バテ予防に免疫力を高めよう!

今年の夏も暑い!!夏バテ予防に免疫力を高めよう!

「夏バテ」とは、夏の暑さによる自律神経の乱れが原因による様々な症状のことです。夏の終わりや秋口にかけて、全身の倦怠感、疲労感、食欲不振、下痢、便秘、めまいなど、夏の疲労が蓄積されて免疫力が低下し体調を崩してします。夏バテ予防には免疫力を高めることが大切です。

知っておこう!薬の吸収経路と効果と薬物血中濃度!

知っておこう!薬の吸収経路と効果と薬物血中濃度!

薬は一般用医薬品と医療用医薬品の2種類があります。体内での薬の吸収経路は、胃で溶け ⇒小腸で吸収され⇒肝臓で代謝され⇒心臓から全身に送られます。血液中の薬物濃度(薬物血中濃度)が高くなれば、薬が効き始めて効果が表れるように出来ています。

夏は用心!身近に潜む「自律神経失調症」について~その2

夏は用心!身近に潜む「自律神経失調症」について~その2

自律神経失調症の原因は、何らかの理由で交感神経と副交感神経のバランスが乱れた結果症状が現れます。特に最も影響を受ける要因は「個人の性格」だと言われています。その他に「生活リズムの乱れ」や「生活環境の変化にるストレス」などが自律神経失調症を起す主な理由です。

夏は注意!「食中毒」や「腸管出血性大腸菌」について!

夏は注意!「食中毒」や「腸管出血性大腸菌」について!

夏は「食中毒」や「腸管出血性大腸菌」に注意が必要です。生肉が原因で大問題になったことありました。でも生肉食べないから大丈夫という油断は禁物! 実は、毎日食べている家庭の食事でも腸管出血性大腸菌は、発生しているのです・・・

体温が1度下がると免疫力は30%もダウンする!?なぜ現代人の体温は下がったのか?

体温が1度下がると免疫力は30%もダウンする!?なぜ現代人の体温は下がったのか?

体温が1度下がると免疫力は30%もダウンします。医療機関の調査によれば、50年前に比べ我々の平均体温は大幅に下がっているとのこと。では、なぜ現代人の体温は下がったのでしょうか?結論から言いうと、筋肉を使わない生活が体温低下を招いた最も大きな理由なのです。

毎朝駅のトイレに駆け込む人は過敏性腸症候群かも?

毎朝駅のトイレに駆け込む人は過敏性腸症候群かも?

毎朝駅のトイレに駆け込む人は過敏性腸症候群かも?突如腹痛や下痢に襲われるものの病院で検査をしても、ポリープや潰瘍などの異常は特に見られないのが過敏性腸症候群の特徴です。ストレスなどが原因でで自律神経のバランスが崩れることで起こるとされています。

抗酸化作用がいっぱい!?オレンジ色に輝く”びわ”

抗酸化作用がいっぱい!?オレンジ色に輝く”びわ”

びわのオレンジ色はβ-カロテンやβ-クリプトキサンチンなどのカロテノイド色素です。 ビタミンB群やビタミンC、カリウムなども豊富に含まれ注目成分は「クロロゲン酸」です。クロロゲン酸はポリフェノールの一種で、活性酸素を抑える働きがある強い抗酸化作用を持って・・

夏の低体温は、免疫力低下の原因!?

夏の低体温は、免疫力低下の原因!?

夏の低体温は、免疫力低下の原因です!低体温は、体温が低く主に毛細血管の血行が悪くなり、指先やつま先などが冷えやすくなりますし、むくみや消化不良、免疫力低下など体へ悪影響を及ぼします。低体温を克服のキーマンは・・

スポンサーリンク