「 乳酸菌 免疫 」一覧

スポンサーリンク
夏の夜の夜更かしは免疫力低下の原因!?

夏の夜の夜更かしは免疫力低下の原因!?

夜更かしは免疫力低下の原因です。理由は、本来睡眠の準備が出来ている夜の時間帯に緊張や興奮または光などを浴びると体内時計の調子が狂い、メラトニンの分泌が低下します。結果、自律神経のバランスも崩れ、がんやウイルスと闘うNK細胞の働きも低下してしまうからです。

腸のストレス解消に効果的!おススメの5つの方法とは?

腸のストレス解消に効果的!おススメの5つの方法とは?

免疫力アップのためには腸のストレスを解消する必要があります。 それには、腸が自律神経の影響下にあるを理解しておくことが大切です。 消化吸収を行う蠕動運動は自律神経によるものです。 腸のストレス解消に効果的な5つのおススメ方法をご紹介します。

今年の夏も暑い!!夏バテ予防に免疫力を高めよう!

今年の夏も暑い!!夏バテ予防に免疫力を高めよう!

「夏バテ」とは、夏の暑さによる自律神経の乱れが原因による様々な症状のことです。夏の終わりや秋口にかけて、全身の倦怠感、疲労感、食欲不振、下痢、便秘、めまいなど、夏の疲労が蓄積されて免疫力が低下し体調を崩してします。夏バテ予防には免疫力を高めることが大切です。

知っておこう!薬の吸収経路と効果と薬物血中濃度!

知っておこう!薬の吸収経路と効果と薬物血中濃度!

薬は一般用医薬品と医療用医薬品の2種類があります。体内での薬の吸収経路は、胃で溶け ⇒小腸で吸収され⇒肝臓で代謝され⇒心臓から全身に送られます。血液中の薬物濃度(薬物血中濃度)が高くなれば、薬が効き始めて効果が表れるように出来ています。

夏は用心!身近に潜む「自律神経失調症」について~その2

夏は用心!身近に潜む「自律神経失調症」について~その2

自律神経失調症の原因は、何らかの理由で交感神経と副交感神経のバランスが乱れた結果症状が現れます。特に最も影響を受ける要因は「個人の性格」だと言われています。その他に「生活リズムの乱れ」や「生活環境の変化にるストレス」などが自律神経失調症を起す主な理由です。

お風呂でリラックス~入浴効果で血行促進して免疫力もアップ!

お風呂でリラックス~入浴効果で血行促進して免疫力もアップ!

お風呂で心と体をリラックスさせると入浴効果で免疫力もアップします。全身への水圧は、ダイエットにも心肺や内蔵機能向上にも有効。また、入浴の温熱効果で体温も基礎代謝も上がり、自律神経の緊張がほぐれることで、血行が促進されて白血球の働きも良くなり免疫力も高まります。

5月15日はヨーグルトの日!腸内細菌を元気にするおすすめの食べ方は?

5月15日はヨーグルトの日!腸内細菌を元気にするおすすめの食べ方は?

お手軽にビフィズス菌や乳酸菌を摂取できるヨーグルト。ただ、ヨーグルト内の乳酸菌は生きて腸には届きません。また、腸に良い働きはするものの、ヨーグルトの乳酸菌自体が住み着くこともありません。おすすめは、ビタミンや抗酸化成分が豊富なドライフルーツやナッツ類を混ぜて食べることです。

慢性疲労症候群は腸内環境の悪化が原因?

慢性疲労症候群は腸内環境の悪化が原因?

慢性疲労症候群は原因不明の難病ですが、腸内環境の悪化が原因なので、腸内環境の改善が症状が緩和する可能性があるとのこと。 慢性疲労症候群はストレスなどで免疫力が低下し、脳の血流や働きに影響を与えて強い疲労感を起こすという説が有力です。まさに、腸脳相関がポイントになります。

乳酸菌とビフィズス菌の違いって何?

乳酸菌とビフィズス菌の違いって何?

善玉菌の代表である乳酸菌とビフィズス菌の違いは、主に大腸に生息して便秘や下痢など整腸作用があるのがビフィズス菌で、主に小腸に生息して整腸以外にも免疫力を高めたり、アレルギーへの効果があるのが乳酸菌です。いずれも腸内環境を整え、腸内フローラを健康にするため重要な腸内細菌です。

子孫まで悪影響!?とっても大切なお母さんの腸内環境!

子孫まで悪影響!?とっても大切なお母さんの腸内環境!

赤ちゃんは無菌状態で生まれ、母乳を通じて母親の腸内環境が受け継ぎます。乳幼児の腸内細菌はビフィズス菌などの善玉菌に満ちていますが、ジャンクフードやお菓子など乱れた食生活をしてきた母親の腸内細菌は悪玉菌が優勢となり、子供や子孫の腸内環境まで悪影響を与えます。

1 2 3 4