「 乳酸菌 免疫 」一覧

スポンサーリンク
お風呂でリラックス~入浴効果で血行促進して免疫力もアップ!

お風呂でリラックス~入浴効果で血行促進して免疫力もアップ!

お風呂で心と体をリラックスさせると入浴効果で免疫力もアップします。全身への水圧は、ダイエットにも心肺や内蔵機能向上にも有効。また、入浴の温熱効果で体温も基礎代謝も上がり、自律神経の緊張がほぐれることで、血行が促進されて白血球の働きも良くなり免疫力も高まります。

5月15日はヨーグルトの日!腸内細菌を元気にするおすすめの食べ方は?

5月15日はヨーグルトの日!腸内細菌を元気にするおすすめの食べ方は?

お手軽にビフィズス菌や乳酸菌を摂取できるヨーグルト。ただ、ヨーグルト内の乳酸菌は生きて腸には届きません。また、腸に良い働きはするものの、ヨーグルトの乳酸菌自体が住み着くこともありません。おすすめは、ビタミンや抗酸化成分が豊富なドライフルーツやナッツ類を混ぜて食べることです。

慢性疲労症候群は腸内環境の悪化が原因?

慢性疲労症候群は腸内環境の悪化が原因?

慢性疲労症候群は原因不明の難病ですが、腸内環境の悪化が原因なので、腸内環境の改善が症状が緩和する可能性があるとのこと。 慢性疲労症候群はストレスなどで免疫力が低下し、脳の血流や働きに影響を与えて強い疲労感を起こすという説が有力です。まさに、腸脳相関がポイントになります。

乳酸菌とビフィズス菌の違いって何?

乳酸菌とビフィズス菌の違いって何?

善玉菌の代表である乳酸菌とビフィズス菌の違いは、主に大腸に生息して便秘や下痢など整腸作用があるのがビフィズス菌で、主に小腸に生息して整腸以外にも免疫力を高めたり、アレルギーへの効果があるのが乳酸菌です。いずれも腸内環境を整え、腸内フローラを健康にするため重要な腸内細菌です。

原因不明の難病「潰瘍性大腸炎」とは?

原因不明の難病「潰瘍性大腸炎」とは?

潰瘍性大腸炎は大腸の粘膜にびらんや潰瘍ができる大腸の病気です。主な症状は、下痢、下血を伴う軟便、腹痛、残便感など。潰瘍性大腸炎の原因は、ストレス・自己免疫異常・遺伝・食生活・腸内細菌などと言われますが、緩解と再発を繰り返えし、根治が難しいことから国の難病指定にされています。

子孫まで悪影響!?とっても大切なお母さんの腸内環境!

子孫まで悪影響!?とっても大切なお母さんの腸内環境!

赤ちゃんは無菌状態で生まれ、母乳を通じて母親の腸内環境が受け継ぎます。乳幼児の腸内細菌はビフィズス菌などの善玉菌に満ちていますが、ジャンクフードやお菓子など乱れた食生活をしてきた母親の腸内細菌は悪玉菌が優勢となり、子供や子孫の腸内環境まで悪影響を与えます。

乳酸菌は「胃がん」の最大原因であるピロリ菌除去にも効果アリ!?

乳酸菌は「胃がん」の最大原因であるピロリ菌除去にも効果アリ!?

ピロリ菌は、酸性の胃の中で唯一生存できる長さ約3-5μmの細菌です。 胃がんの最大の原因とされていますが、乳酸菌がピロリ菌除去にも効果を発揮することが分かってきました。ピロリ菌除菌治療と乳酸菌摂取を併用することで、除菌率をあげる効果が期待できるようです。

女性の美しさは腸内細菌がカギ!?腸内環境を整えてを健康美人に!

女性の美しさは腸内細菌がカギ!?腸内環境を整えてを健康美人に!

女性の美容と健康は、お腹の中の1,000兆個もの腸内細菌が関係しています。ニキビや肌荒れに悩んでいる方! 体調の悪さが続いて、ストレスを溜め込んでませんか? 腸内細菌が乱れる原因になります。女性の美しさは腸内細菌がカギ!腸内環境を整えてを健康美人を目指しましょう!

原因不明の慢性蕁麻疹(じんましん)と自己免疫の関係

原因不明の慢性蕁麻疹(じんましん)と自己免疫の関係

慢性蕁麻疹(じんましん)は、アレルギー疾患の一種です。アレルギー反応は本来無害な物質に免疫力が過剰に反応してしまう自己免疫疾患で、免疫細胞がコントロール不能に陥った状況です。慢性蕁麻疹は、原因不明な場合も多く、疲労、ストレス、ウイルス、薬など様々な理由が考えられます。

長生きの秘訣は食文化と腸内細菌にアリ!!

長生きの秘訣は食文化と腸内細菌にアリ!!

近年、腸内細菌は病気や健康との関連が指摘されいます。事実、人の長生きや平均寿命などにも関係しています。我々日本人は、植物性の乳酸菌である味噌、納豆やぬか漬けなど食生活に上手に取り入れてきました。 従って、長生きの秘訣が食文化や腸内細菌にあることを昔から知っていたのかもしれません。

1 2 3 4 5