「 乳酸菌 免疫 」一覧

スポンサーリンク
乳酸菌は「胃がん」の最大原因であるピロリ菌除去にも効果アリ!?

乳酸菌は「胃がん」の最大原因であるピロリ菌除去にも効果アリ!?

ピロリ菌は、酸性の胃の中で唯一生存できる長さ約3-5μmの細菌です。 胃がんの最大の原因とされていますが、乳酸菌がピロリ菌除去にも効果を発揮することが分かってきました。ピロリ菌除菌治療と乳酸菌摂取を併用することで、除菌率をあげる効果が期待できるようです。

女性の美しさは腸内細菌がカギ!?腸内環境を整えてを健康美人に!

女性の美しさは腸内細菌がカギ!?腸内環境を整えてを健康美人に!

女性の美容と健康は、お腹の中の1,000兆個もの腸内細菌が関係しています。ニキビや肌荒れに悩んでいる方! 体調の悪さが続いて、ストレスを溜め込んでませんか? 腸内細菌が乱れる原因になります。女性の美しさは腸内細菌がカギ!腸内環境を整えてを健康美人を目指しましょう!

原因不明の慢性蕁麻疹(じんましん)と自己免疫の関係

原因不明の慢性蕁麻疹(じんましん)と自己免疫の関係

慢性蕁麻疹(じんましん)は、アレルギー疾患の一種です。アレルギー反応は本来無害な物質に免疫力が過剰に反応してしまう自己免疫疾患で、免疫細胞がコントロール不能に陥った状況です。慢性蕁麻疹は、原因不明な場合も多く、疲労、ストレス、ウイルス、薬など様々な理由が考えられます。

長生きの秘訣は食文化と腸内細菌にアリ!!

長生きの秘訣は食文化と腸内細菌にアリ!!

近年、腸内細菌は病気や健康との関連が指摘されいます。事実、人の長生きや平均寿命などにも関係しています。我々日本人は、植物性の乳酸菌である味噌、納豆やぬか漬けなど食生活に上手に取り入れてきました。 従って、長生きの秘訣が食文化や腸内細菌にあることを昔から知っていたのかもしれません。

あの「ロキソニン」に重大な副作用?小腸・大腸の潰瘍など気になるニュース!!

あの「ロキソニン」に重大な副作用?小腸・大腸の潰瘍など気になるニュース!!

頭痛や生理痛の薬で有名な「ロキソニン」について医薬品医療機器総合機構(PMDA)は使用上の注意について、厚生労働省が「重大な副作用」の項目に「小腸・大腸の狭窄・閉塞」を追記するよう指示を出したと発表。ロキソニンは、痛み止めとしては優秀な薬ですが、副作用の多いお薬だとか!

「乳酸菌が生きて腸に届く意味はない」は本当か?

「乳酸菌が生きて腸に届く意味はない」は本当か?

「乳酸菌が生きて腸に届く」は商品を売るためのキャッチコピーです。 市販のヨーグルトや乳酸菌飲料に含まれる乳酸菌の多くは、流通過程で死んでしまいますし、残ったものも胃液などでほぼ死滅します。乳酸菌は生きてるか死んでいるかどうかは関係なく、乳酸菌の菌体そのものが有用成分なのです。

今や国民全体のアレルギー病!?花粉症の対策や予防をしよう!

今や国民全体のアレルギー病!?花粉症の対策や予防をしよう!

国民全体のアレルギー病とも言える花粉症。 花粉症予防のポイントは「花粉を少なくする」「花粉の侵入を少なくする」「花粉症の症状を抑える」具体的な対策は、外出時にマスクをする、帰宅時に手洗いうがい洗顔をする、屋内では小まめな掃除など。体の抵抗力である免疫力を高めることも大切。

免疫効果も美容効果もばっちり!「ビタミンC」の優れた5つの働き

免疫効果も美容効果もばっちり!「ビタミンC」の優れた5つの働き

ビタミンCは、水溶性ビタミンの一種で「L-アスコルビン酸」と言います。 美容効果以外にも免疫力を高める働きがあります。ビタミンCのもつ5つの優れたパワーは「抗酸化作用」「コラーゲンの合成」「腸内環境を整える」「体の抵抗力をつける」「ストレス対応に役立つ」などが有名です。

腸内細菌はいつから棲みつく?赤ちゃんの腸内細菌はどこから来るの?

腸内細菌はいつから棲みつく?赤ちゃんの腸内細菌はどこから来るの?

赤ちゃんの腸内細菌はどこから来るのでしょうか?お腹の中の赤ちゃんには腸内細菌は存在しません。産道を通る過程や母乳を通じ腸内細菌が増えます。乳児期には、腸内細菌の95%以上が乳酸菌やビフィズス菌など善玉菌で占められます。赤ちゃんの腸内細菌は母親からの大事なプレゼントです。

腸内細菌の代表!?善玉菌と悪玉菌ってどんなもの?

腸内細菌の代表!?善玉菌と悪玉菌ってどんなもの?

腸内には善玉菌、悪玉菌、日和見菌の腸内細菌が住んでいます。 乳酸菌など善玉菌の役割は免疫力の向上、消化吸収、ビタミン合成、腸の動きの活性です。一方、ウェルシュ菌、大腸菌など悪玉菌は腸内腐敗、有害物質の生成、抵抗力低下、がんや生活習慣病、下痢や便秘、口臭の原因になります。

1 2 3 4