「 乳酸菌 免疫 」一覧

スポンサーリンク
今年も注意!夏のウイルス性感染症について

今年も注意!夏のウイルス性感染症について

夏の蒸し暑さから食欲不振になったり、お腹を壊したり体調を崩しがちです。夏場に流行るウイルス性感染症といえば食中毒が代表的ですが、夏にウイルス性感染症が増える理由は、胃腸が不調になり腸内環境が乱れるため、体全体の免疫力がダウン・・

唾液が減って口内が乾燥する!!「ドライマウス」は免疫力低下のサイン!

唾液が減って口内が乾燥する!!「ドライマウス」は免疫力低下のサイン!

「いつも口が渇く」「口の中に不快感がある」「口臭がきつい」など、唾液が減って口内が乾燥する「ドライマウス」に悩まれている方が多いようです。唾液は口内細菌の中の雑菌繁殖を抑える免疫機能を兼ね備えております。唾液が減り口内が乾燥することで免疫力が低下し・・

宿便って本当にあるの?便秘や腸の悩みや心配について

宿便って本当にあるの?便秘や腸の悩みや心配について

便秘や腸の悩みや心配ごとをお持ちの方が本当に多いと感じます。便が大腸内に滞留し続けることは健康を害する原因になります。そこで「宿便は本当にあるの?」「何日ぐらいでないと便秘?」「便秘と口臭は関係がある?」「便秘と下痢どっちが怖い?」便秘や腸の悩みをご紹介。

本当に”がん”より怖い?『誤嚥性肺炎』について

本当に”がん”より怖い?『誤嚥性肺炎』について

週刊新潮で「がんより怖い『誤嚥性肺炎』を防ぐ完全ガイド」というショッキングな記事を目にしました。誤嚥性肺炎は、誤嚥によって細菌が唾液や胃液と一緒に肺に流れ込んでしまい、細菌が繁殖して炎症が起きる病気です。高齢者の肺炎の70%以上が誤嚥に関係していると言われてる。

免疫力が低下している時に出やすい6つサインとは?

免疫力が低下している時に出やすい6つサインとは?

免疫力が低下している時のサインといえば「風邪を引きやすい」「喉がすぐに腫れる」「結膜炎やものもらいがよくできる」「肌荒れ、二キビや吹き出ものが多い」「お腹が弱い」「疲れがとれない」の6つです。原因の一つに腸内環境の乱れで免疫力が弱まることが指摘されています。

お風呂でリラックス~入浴効果で血行促進して免疫力もアップ!

お風呂でリラックス~入浴効果で血行促進して免疫力もアップ!

お風呂で心と体をリラックスさせると入浴効果で免疫力もアップします。全身への水圧は、ダイエットにも心肺や内蔵機能向上にも有効。また、入浴の温熱効果で体温も基礎代謝も上がり、自律神経の緊張がほぐれることで、血行が促進されて白血球の働きも良くなり免疫力も高まります。

5月15日はヨーグルトの日!腸内細菌を元気にするおすすめの食べ方は?

5月15日はヨーグルトの日!腸内細菌を元気にするおすすめの食べ方は?

お手軽にビフィズス菌や乳酸菌を摂取できるヨーグルト。ただ、ヨーグルト内の乳酸菌は生きて腸には届きません。また、腸に良い働きはするものの、ヨーグルトの乳酸菌自体が住み着くこともありません。おすすめは、ビタミンや抗酸化成分が豊富なドライフルーツやナッツ類を混ぜて食べることです。

慢性疲労症候群は腸内環境の悪化が原因?

慢性疲労症候群は腸内環境の悪化が原因?

慢性疲労症候群は原因不明の難病ですが、腸内環境の悪化が原因なので、腸内環境の改善が症状が緩和する可能性があるとのこと。 慢性疲労症候群はストレスなどで免疫力が低下し、脳の血流や働きに影響を与えて強い疲労感を起こすという説が有力です。まさに、腸脳相関がポイントになります。

乳酸菌とビフィズス菌の違いって何?

乳酸菌とビフィズス菌の違いって何?

善玉菌の代表である乳酸菌とビフィズス菌の違いは、主に大腸に生息して便秘や下痢など整腸作用があるのがビフィズス菌で、主に小腸に生息して整腸以外にも免疫力を高めたり、アレルギーへの効果があるのが乳酸菌です。いずれも腸内環境を整え、腸内フローラを健康にするため重要な腸内細菌です。

原因不明の難病「潰瘍性大腸炎」とは?

原因不明の難病「潰瘍性大腸炎」とは?

潰瘍性大腸炎は大腸の粘膜にびらんや潰瘍ができる大腸の病気です。主な症状は、下痢、下血を伴う軟便、腹痛、残便感など。潰瘍性大腸炎の原因は、ストレス・自己免疫異常・遺伝・食生活・腸内細菌などと言われますが、緩解と再発を繰り返えし、根治が難しいことから国の難病指定にされています。

1 2 3 4 5