「 乳酸菌 腸 」一覧

スポンサーリンク
夏は注意!「食中毒」や「腸管出血性大腸菌」について!

夏は注意!「食中毒」や「腸管出血性大腸菌」について!

夏は「食中毒」や「腸管出血性大腸菌」に注意が必要です。生肉が原因で大問題になったことありました。でも生肉食べないから大丈夫という油断は禁物! 実は、毎日食べている家庭の食事でも腸管出血性大腸菌は、発生しているのです・・・

体温が1度下がると免疫力は30%もダウンする!?なぜ現代人の体温は下がったのか?

体温が1度下がると免疫力は30%もダウンする!?なぜ現代人の体温は下がったのか?

体温が1度下がると免疫力は30%もダウンします。医療機関の調査によれば、50年前に比べ我々の平均体温は大幅に下がっているとのこと。では、なぜ現代人の体温は下がったのでしょうか?結論から言いうと、筋肉を使わない生活が体温低下を招いた最も大きな理由なのです。

腸にも健康にも良い!食物繊維の驚きの効果とは?

腸にも健康にも良い!食物繊維の驚きの効果とは?

腸にも健康にも良い!食物繊維の効果は、腸壁を刺激し蠕動運動も活発にさせ排便を促したり、コレステロール値を下げる、大腸がんを防ぐ、血糖値の上がり方が緩やかにすることで糖尿病を予防する、腸の消化・吸収を助け、免疫力を高めるなどの働きがあります。

毎朝駅のトイレに駆け込む人は過敏性腸症候群かも?

毎朝駅のトイレに駆け込む人は過敏性腸症候群かも?

毎朝駅のトイレに駆け込む人は過敏性腸症候群かも?突如腹痛や下痢に襲われるものの病院で検査をしても、ポリープや潰瘍などの異常は特に見られないのが過敏性腸症候群の特徴です。ストレスなどが原因でで自律神経のバランスが崩れることで起こるとされています。

栄養の宝庫!日本のスーパーフード”味噌”のパワー

栄養の宝庫!日本のスーパーフード”味噌”のパワー

発酵食品である味噌はタンパク質、脂質、炭水化物、アミノ酸やビタミン類、葉酸、ピオチン、ナトリウム、カリウム、カルシウムなどのミネラルを多く含む栄養の宝庫。他にも乳酸菌やイソフラボン、サポニン、酵素、食物繊維、不飽和脂肪酸など健康に良い成分いっぱいの日本のスーパーフードです。

抗酸化作用がいっぱい!?オレンジ色に輝く”びわ”

抗酸化作用がいっぱい!?オレンジ色に輝く”びわ”

びわのオレンジ色はβ-カロテンやβ-クリプトキサンチンなどのカロテノイド色素です。 ビタミンB群やビタミンC、カリウムなども豊富に含まれ注目成分は「クロロゲン酸」です。クロロゲン酸はポリフェノールの一種で、活性酸素を抑える働きがある強い抗酸化作用を持って・・

夏の低体温は、免疫力低下の原因!?

夏の低体温は、免疫力低下の原因!?

夏の低体温は、免疫力低下の原因です!低体温は、体温が低く主に毛細血管の血行が悪くなり、指先やつま先などが冷えやすくなりますし、むくみや消化不良、免疫力低下など体へ悪影響を及ぼします。低体温を克服のキーマンは・・

宿便って本当にあるの?便秘や腸の悩みや心配について

宿便って本当にあるの?便秘や腸の悩みや心配について

便秘や腸の悩みや心配ごとをお持ちの方が本当に多いと感じます。便が大腸内に滞留し続けることは健康を害する原因になります。そこで「宿便は本当にあるの?」「何日ぐらいでないと便秘?」「便秘と口臭は関係がある?」「便秘と下痢どっちが怖い?」便秘や腸の悩みをご紹介。

うつ病と腸内細菌の関係について

うつ病と腸内細菌の関係について

うつ病と腸内細菌の関係が話題になっています。なぜ腸内細菌とうつ病が関係しているのでしょうか?それは幸せホルモンであるセロトニンが作られるためには、腸内細菌(善玉菌)の助けが必要だからです。精神的なストレスで腸内細菌のバランスが崩れると自律神経系の機能に影響するためうつ病になりやすく・・

スポンサーリンク