「 乳酸菌 腸 」一覧

スポンサーリンク
働く女性はストレスで肌年齢も腸年齢も老化する!?

働く女性はストレスで肌年齢も腸年齢も老化する!?

20代~60代の女性に対し腸年齢テストをした結果、働く女性はストレスで肌年齢も腸年齢も老化することが分かった。ストレスは、悪玉菌の増加、免疫力の低下、腸内環境のバランスの乱れにより便秘や下痢の原因となります。すると肌も張りツヤを失い、肌荒れも増え、肌年齢も老化します。

乳酸菌とビフィズス菌の違いって何?

乳酸菌とビフィズス菌の違いって何?

善玉菌の代表である乳酸菌とビフィズス菌の違いは、主に大腸に生息して便秘や下痢など整腸作用があるのがビフィズス菌で、主に小腸に生息して整腸以外にも免疫力を高めたり、アレルギーへの効果があるのが乳酸菌です。いずれも腸内環境を整え、腸内フローラを健康にするため重要な腸内細菌です。

原因不明の難病「潰瘍性大腸炎」とは?

原因不明の難病「潰瘍性大腸炎」とは?

潰瘍性大腸炎は大腸の粘膜にびらんや潰瘍ができる大腸の病気です。主な症状は、下痢、下血を伴う軟便、腹痛、残便感など。潰瘍性大腸炎の原因は、ストレス・自己免疫異常・遺伝・食生活・腸内細菌などと言われますが、緩解と再発を繰り返えし、根治が難しいことから国の難病指定にされています。

驚きの事実!!「人の幸福」は腸内細菌が関係していた?

驚きの事実!!「人の幸福」は腸内細菌が関係していた?

人が幸福を感じるのは脳内分泌ホルモンである神経伝達物質が影響します。やる気や快楽を高めるドーパミンとそれをコントロールし、精神の安定と満足感をもたらすセロトニンです。 このセロトニンの約90%が腸に集中しているため、腸内細菌バランスを整えることが大切です。

子孫まで悪影響!?とっても大切なお母さんの腸内環境!

子孫まで悪影響!?とっても大切なお母さんの腸内環境!

赤ちゃんは無菌状態で生まれ、母乳を通じて母親の腸内環境が受け継ぎます。乳幼児の腸内細菌はビフィズス菌などの善玉菌に満ちていますが、ジャンクフードやお菓子など乱れた食生活をしてきた母親の腸内細菌は悪玉菌が優勢となり、子供や子孫の腸内環境まで悪影響を与えます。

美容と健康のカギは腸内フローラ!腸内細菌を検査しよう!

美容と健康のカギは腸内フローラ!腸内細菌を検査しよう!

最近、乳酸菌ブームです。テレビでも専門家の先生も言う通り、腸活は美容や健康の秘訣です。 そこで、自分の腸内細菌を検査できるサービスを存知ですか?便に含まれる腸内フローラ中の遺伝子を解析し、腸内環境の推移や腸内細菌の構成、主要な細菌の割合、健康状態までを検査してくれます。

女性の美しさは腸内細菌がカギ!?腸内環境を整えてを健康美人に!

女性の美しさは腸内細菌がカギ!?腸内環境を整えてを健康美人に!

女性の美容と健康は、お腹の中の1,000兆個もの腸内細菌が関係しています。ニキビや肌荒れに悩んでいる方! 体調の悪さが続いて、ストレスを溜め込んでませんか? 腸内細菌が乱れる原因になります。女性の美しさは腸内細菌がカギ!腸内環境を整えてを健康美人を目指しましょう!

原因不明の慢性蕁麻疹(じんましん)と自己免疫の関係

原因不明の慢性蕁麻疹(じんましん)と自己免疫の関係

慢性蕁麻疹(じんましん)は、アレルギー疾患の一種です。アレルギー反応は本来無害な物質に免疫力が過剰に反応してしまう自己免疫疾患で、免疫細胞がコントロール不能に陥った状況です。慢性蕁麻疹は、原因不明な場合も多く、疲労、ストレス、ウイルス、薬など様々な理由が考えられます。

長生きの秘訣は食文化と腸内細菌にアリ!!

長生きの秘訣は食文化と腸内細菌にアリ!!

近年、腸内細菌は病気や健康との関連が指摘されいます。事実、人の長生きや平均寿命などにも関係しています。我々日本人は、植物性の乳酸菌である味噌、納豆やぬか漬けなど食生活に上手に取り入れてきました。 従って、長生きの秘訣が食文化や腸内細菌にあることを昔から知っていたのかもしれません。

女性1,000人に質問「何日以上、便通がないと便秘ですか?」

女性1,000人に質問「何日以上、便通がないと便秘ですか?」

女性1,000人を対象とした「便通リポート」によれば3日以上便通がなくて初めて便秘と思う方が60%以上もいたそうです。 便秘には多くの原因が重なりあっていますが、見直すべきは食事の内容です。 特に、お肉=動物性たんぱく質を取りすぎないことと食物繊維の不足を補うことです。

スポンサーリンク