「 乳酸菌 話題 」一覧

スポンサーリンク
ペット用のヘルスケアにも乳酸菌が注目されている理由は?

ペット用のヘルスケアにも乳酸菌が注目されている理由は?

愛する家族の一員であるワンちゃんやネコちゃんなどペット用ヘルスケアにも乳酸菌や乳酸菌サプリメントが注目されています。乳酸菌はペットの腸内環境に働きかけ、便秘や便臭を改善するだけでなく、免疫力を高めます。また、口内トラブルや歯周病などにも有効です。

腸管出血性大腸菌O157に感染による集団食中毒について

腸管出血性大腸菌O157に感染による集団食中毒について

腸管出血性大腸菌O157に感染による集団食中毒に関連し、夏休みに家族で帰省した3歳になる女の子がで亡くなりました。「O157」は感染力が強く、「ベロ毒素」と呼ばれる猛毒を産生する大腸菌感染症です。 その症状は、激しい下痢や腹痛、発熱、腸管からの出血や血便など・・

「発熱」を伴う「下痢」や「嘔吐」の原因は!?どう対処すればよい?

「発熱」を伴う「下痢」や「嘔吐」の原因は!?どう対処すればよい?

発熱を伴う下痢や嘔吐の原因は?どう対処すればよいでしょうか? 疑わしきは感染性胃腸炎です。感染性胃腸炎は、細菌やウイルスなどの感染症で、ノロウイルス、ロタウイルスなどが有名です。その際、発熱や下痢、嘔吐などで水分が失われてしまいますので、脱水症状に注意が必要です。

赤ちゃんを出産すると免疫力が下がる理由は?

赤ちゃんを出産すると免疫力が下がる理由は?

実は「子供を出産すると免疫力が下がる」ことご存じでしたか? 「風邪を引きやすくなった」「口内炎が増えた」「体重が減った」「蕁麻疹やヘルペスなど出るようになった」と悩むお母さんたちが多いようです。 では、なぜ、産後免疫力が下がるのでしょうか?

「大腸がん」が増加してるのに「小腸がん」が少ないのは何故?

「大腸がん」が増加してるのに「小腸がん」が少ないのは何故?

「大腸がん」が増加してるのに「小腸がん」が少ないのは何故でしょうか?小腸の神経細胞の殆どが脳から独立して動く一方で、大腸は脳からのストレスを受け易い器官です。 また小腸にはパイエル板という免疫に重要な細胞が点在し、その働きが非常に活発のため、がんなどにも強いことが言えます。

年とともに食べ物の好みが変わるのは腸のせい?

年とともに食べ物の好みが変わるのは腸のせい?

年とともに食べ物の価値や嗜好が変わってきますよね。その理由は、加齢による体の変化を腸が感知して、脳へ働きかけるために起こるのではないかと言われています。 食べたい物を決めているもの腸が脳へ指令を出していると考えるとその疑問も理解できる気がします。

腸内に悪玉菌が多い人の方が認知症になりやすい?

腸内に悪玉菌が多い人の方が認知症になりやすい?

腸内に悪玉菌が多い人の方が認知症になりやすいと言われています。脳内で分泌される神経伝達物質「セロトニン」や「ドーパミン」などのホルモンは腸で作られています。但し、腸の機能が低下すると脳に必要な栄養素が不足してしまうため認知症を招きやすくなると考えられるわけです。

腸のストレス解消に効果的!おススメの5つの方法とは?

腸のストレス解消に効果的!おススメの5つの方法とは?

免疫力アップのためには腸のストレスを解消する必要があります。 それには、腸が自律神経の影響下にあるを理解しておくことが大切です。 消化吸収を行う蠕動運動は自律神経によるものです。 腸のストレス解消に効果的な5つのおススメ方法をご紹介します。

知っておこう!薬の吸収経路と効果と薬物血中濃度!

知っておこう!薬の吸収経路と効果と薬物血中濃度!

薬は一般用医薬品と医療用医薬品の2種類があります。体内での薬の吸収経路は、胃で溶け ⇒小腸で吸収され⇒肝臓で代謝され⇒心臓から全身に送られます。血液中の薬物濃度(薬物血中濃度)が高くなれば、薬が効き始めて効果が表れるように出来ています。

夏は注意!「食中毒」や「腸管出血性大腸菌」について!

夏は注意!「食中毒」や「腸管出血性大腸菌」について!

夏は「食中毒」や「腸管出血性大腸菌」に注意が必要です。生肉が原因で大問題になったことありました。でも生肉食べないから大丈夫という油断は禁物! 実は、毎日食べている家庭の食事でも腸管出血性大腸菌は、発生しているのです・・・

スポンサーリンク