「 乳酸菌 話題 」一覧

スポンサーリンク
夏は注意!「食中毒」や「腸管出血性大腸菌」について!

夏は注意!「食中毒」や「腸管出血性大腸菌」について!

夏は「食中毒」や「腸管出血性大腸菌」に注意が必要です。生肉が原因で大問題になったことありました。でも生肉食べないから大丈夫という油断は禁物! 実は、毎日食べている家庭の食事でも腸管出血性大腸菌は、発生しているのです・・・

エイジングケアの必須成分!「ビタミンC」が持つ強力な抗酸化力とは!?

エイジングケアの必須成分!「ビタミンC」が持つ強力な抗酸化力とは!?

ビタミンCには酸化した物質を元の状態に戻す強い還元力があります。強力な抗酸化物質であり、エイジングケアの必須成分です。ビタミンCは 「老化や酸化の抑制」「免疫力を高める」「コラーゲンの生成を助ける」「メラニン生成を抑制する」「鉄の吸収を高める」などの働きを持っています。

増え続ける女性の「アルコール依存症」の危険性について

増え続ける女性の「アルコール依存症」の危険性について

年々女性の「アルコール依存症」が増えてます。アルコール依存症の危険性は心身ともに飲酒に依存してしまうことです。症状が進めば、仕事上のトラブル、人間関係の悪化、失業や貧困にもつながるだけでなく、腸内環境の悪化や肝硬変、肝臓がん、認知症など生活習慣病の原因となります。

腸にも健康にも良い!食物繊維の驚きの効果とは?

腸にも健康にも良い!食物繊維の驚きの効果とは?

腸にも健康にも良い!食物繊維の効果は、腸壁を刺激し蠕動運動も活発にさせ排便を促したり、コレステロール値を下げる、大腸がんを防ぐ、血糖値の上がり方が緩やかにすることで糖尿病を予防する、腸の消化・吸収を助け、免疫力を高めるなどの働きがあります。

毎朝駅のトイレに駆け込む人は過敏性腸症候群かも?

毎朝駅のトイレに駆け込む人は過敏性腸症候群かも?

毎朝駅のトイレに駆け込む人は過敏性腸症候群かも?突如腹痛や下痢に襲われるものの病院で検査をしても、ポリープや潰瘍などの異常は特に見られないのが過敏性腸症候群の特徴です。ストレスなどが原因でで自律神経のバランスが崩れることで起こるとされています。

栄養の宝庫!日本のスーパーフード”味噌”のパワー

栄養の宝庫!日本のスーパーフード”味噌”のパワー

発酵食品である味噌はタンパク質、脂質、炭水化物、アミノ酸やビタミン類、葉酸、ピオチン、ナトリウム、カリウム、カルシウムなどのミネラルを多く含む栄養の宝庫。他にも乳酸菌やイソフラボン、サポニン、酵素、食物繊維、不飽和脂肪酸など健康に良い成分いっぱいの日本のスーパーフードです。

カフェイン効果絶大!コーヒーは生活習慣病の予防にもぴったり!

カフェイン効果絶大!コーヒーは生活習慣病の予防にもぴったり!

コーヒー成分と言えばカフェインが有名ですが、生活習慣病の予防にもおススメな飲み物です。カフェインが胃液の分泌を促し、消化を活発にします。また、脂肪分解を促進する効果は絶大!活性酸素を除去し、生活習慣病予防効果が期待されいるポリフェノール成分を多く含んでいます。

ダイエットに失敗するのは腸内細菌の「デブ菌」が原因だった!?

ダイエットに失敗するのは腸内細菌の「デブ菌」が原因だった!?

ダイエットに必ず失敗してしまう人っていらっしゃいますよね。 実は、ダイエットに腸内細菌が大きく関係していることが発表され話題になりました。肥満の人には、ファーミキューテス類いわゆる「デブ菌」が多く、バクテロイデーテス類いわゆる「ヤセ菌」が少ない・・

本当に”がん”より怖い?『誤嚥性肺炎』について

本当に”がん”より怖い?『誤嚥性肺炎』について

週刊新潮で「がんより怖い『誤嚥性肺炎』を防ぐ完全ガイド」というショッキングな記事を目にしました。誤嚥性肺炎は、誤嚥によって細菌が唾液や胃液と一緒に肺に流れ込んでしまい、細菌が繁殖して炎症が起きる病気です。高齢者の肺炎の70%以上が誤嚥に関係していると言われてる。

便秘の人は寿命が短い!?腸の老化予防の大切さについて

便秘の人は寿命が短い!?腸の老化予防の大切さについて

便秘の人は寿命が短いという話はウソではありません。腸は最も老化しやすい臓器、つまり寿命が短いことが分かってきました。腸と脳は相関関係にあり、便秘で腸内環境の悪化すれば脳や他の臓器にも悪影響を与えます。 従って、人の寿命には腸の老化予防が何より大切になってきます。

1 2 3 4 5