「 乳酸菌 話題 」一覧

スポンサーリンク
本当に”がん”より怖い?『誤嚥性肺炎』について

本当に”がん”より怖い?『誤嚥性肺炎』について

週刊新潮で「がんより怖い『誤嚥性肺炎』を防ぐ完全ガイド」というショッキングな記事を目にしました。誤嚥性肺炎は、誤嚥によって細菌が唾液や胃液と一緒に肺に流れ込んでしまい、細菌が繁殖して炎症が起きる病気です。高齢者の肺炎の70%以上が誤嚥に関係していると言われてる。

便秘の人は寿命が短い!?腸の老化予防の大切さについて

便秘の人は寿命が短い!?腸の老化予防の大切さについて

便秘の人は寿命が短いという話はウソではありません。腸は最も老化しやすい臓器、つまり寿命が短いことが分かってきました。腸と脳は相関関係にあり、便秘で腸内環境の悪化すれば脳や他の臓器にも悪影響を与えます。 従って、人の寿命には腸の老化予防が何より大切になってきます。

免疫力が低下している時に出やすい6つサインとは?

免疫力が低下している時に出やすい6つサインとは?

免疫力が低下している時のサインといえば「風邪を引きやすい」「喉がすぐに腫れる」「結膜炎やものもらいがよくできる」「肌荒れ、二キビや吹き出ものが多い」「お腹が弱い」「疲れがとれない」の6つです。原因の一つに腸内環境の乱れで免疫力が弱まることが指摘されています。

アレルギーの人は、腸内環境にも問題がアリ!?

アレルギーの人は、腸内環境にも問題がアリ!?

アトピー性皮膚炎などのアレルギー症状は、食生活、腸内環境、生活環境、化学物質、環境汚染、電磁波、ストレスなど要因はひとつではありません。ただ、アレルギー疾患で悩まれている方の腸は悪玉菌が優位で、腸内環境に問題があることが専門家の研究から明らかです。

乳酸菌サプリたくさんあるけどどれが良いの?

乳酸菌サプリたくさんあるけどどれが良いの?

乳酸菌サプリたくさんあるけどどれが良い?という疑問を良く伺います。結論は、乳酸菌はお腹の中の善玉菌を増やす栄養素の役目を持っているで、出来るだけ大量で、質の良い乳酸菌を毎日摂取して腸に届けてあげることが大切ということ。乳酸菌が生きているか死んでいるかは関係ありません。

早食いは肥満のもとになる理由はなぜ!?噛むことと肥満の関係!

早食いは肥満のもとになる理由はなぜ!?噛むことと肥満の関係!

早食いは肥満のもとです。理由はなぜかというと噛むことと肥満は密接な関係があります。食べた物が胃で消化されると血糖値が上昇し、中枢神経や脳内に伝わり、お腹が満たされたという指令が出ます。しかし早食いの人は満腹の指令が脳から出る前に必要以上の食べ物を食べ過ぎてしまうのです。

うつを予防する幸せホルモン「セロトニン」と腸内細菌の関係とは!?

うつを予防する幸せホルモン「セロトニン」と腸内細菌の関係とは!?

セロトニンとは脳内の神経伝達物質の一つで、精神の安定や幸福感を生み出す役割を担っており「幸せホルモン」と言われ、実はその90%は腸内に存在しています。ノルアドレナリンやドーパミンの分泌をコントロールしてくれる舵取り役的な存在で、うつ病予防にも深い関係があるのです。

まさに現代病!睡眠不足は「腸内フローラ」にも悪影響!?

まさに現代病!睡眠不足は「腸内フローラ」にも悪影響!?

睡眠不足は腸内フローラにも悪影響を与えるという研究結果がありました。睡眠不足によって腸内細菌のバランスは変化するというものです。腸内環境のバランスは睡眠不足はもちろん、加齢、体調、ストレスなど様ざまな要因で影響を受けます。腸を守るためにも、適度な睡眠時間を心掛けたいですよね。

難病「潰瘍性大腸炎」を持病にもつ日本で一番の有名人は?

難病「潰瘍性大腸炎」を持病にもつ日本で一番の有名人は?

潰瘍性大腸炎は大腸の粘膜が傷つき、びらんや潰瘍が生じることで、発熱、腹痛、下痢、血便、嘔吐、貧血などの症状が生じる大腸の炎症性疾患で、難病指定にされていますす この難病である潰瘍性大腸炎を持病にもつ日本で一番の有名人と言えば、安倍晋三内閣総理大臣です。

腸は脳よりも賢い!?「第2の脳」と呼ばれる「腸」の以外な秘密!

腸は脳よりも賢い!?「第2の脳」と呼ばれる「腸」の以外な秘密!

腸は脳よりも賢い!?腸は第2の脳と呼ばれています。その理由は、腸と脳はホルモンなどの神経伝達物質を送り合っています。脳から分泌されるホルモンによって腸の働きが変化しますし、逆に腸内環境が悪いと脳が不快感やストレスを感じるわけです。その密接な関係を「脳腸相関」と呼んでいます。

スポンサーリンク