「 乳酸菌 話題 」一覧

スポンサーリンク
本当に”がん”より怖い?『誤嚥性肺炎』について

本当に”がん”より怖い?『誤嚥性肺炎』について

週刊新潮で「がんより怖い『誤嚥性肺炎』を防ぐ完全ガイド」というショッキングな記事を目にしました。誤嚥性肺炎は、誤嚥によって細菌が唾液や胃液と一緒に肺に流れ込んでしまい、細菌が繁殖して炎症が起きる病気です。高齢者の肺炎の70%以上が誤嚥に関係していると言われてる。

便秘の人は寿命が短い!?腸の老化予防の大切さについて

便秘の人は寿命が短い!?腸の老化予防の大切さについて

便秘の人は寿命が短いという話はウソではありません。腸は最も老化しやすい臓器、つまり寿命が短いことが分かってきました。腸と脳は相関関係にあり、便秘で腸内環境の悪化すれば脳や他の臓器にも悪影響を与えます。 従って、人の寿命には腸の老化予防が何より大切になってきます。

免疫力が低下している時に出やすい6つサインとは?

免疫力が低下している時に出やすい6つサインとは?

免疫力が低下している時のサインといえば「風邪を引きやすい」「喉がすぐに腫れる」「結膜炎やものもらいがよくできる」「肌荒れ、二キビや吹き出ものが多い」「お腹が弱い」「疲れがとれない」の6つです。原因の一つに腸内環境の乱れで免疫力が弱まることが指摘されています。

乳酸菌サプリ!乳酸菌の数が少なければ効果は期待できない!

乳酸菌サプリ!乳酸菌の数が少なければ効果は期待できない!

乳酸菌サプリたくさんあるけどどれが良い?という疑問を良く伺います。結論は、出来るだけ大量で、質の良い乳酸菌を毎日摂取して腸に届けてあげることが大切ということ。乳酸菌が生きているか死んでいるかは関係ないですが、乳酸菌の数が少なければ効果は期待できないことは事実です。

早食いは肥満のもと!!噛むことと肥満と脳内の満腹中枢との関係

早食いは肥満のもと!!噛むことと肥満と脳内の満腹中枢との関係

早食いは肥満のもとです。理由はなぜかというと噛むことと肥満は密接な関係があります。食べた物が胃で消化されると血糖値が上昇し、中枢神経や脳内に伝わり、お腹が満たされたという指令が出ます。しかし早食いの人は満腹の指令が脳から出る前に必要以上の食べ物を食べ過ぎてしまうのです。

あなたの腸年齢は実年齢よりも老化してる?「腸年齢チェックテスト」

あなたの腸年齢は実年齢よりも老化してる?「腸年齢チェックテスト」

加齢とともに腸内環境も老化し、善玉菌が減り、悪玉菌が優位になり便秘にもなりやすくなります。ただ、若い人ほど腸の老化が急速に進行していると言われています。あなたの腸年齢は実年齢よりも老化してるかもしれません!「腸年齢チェックテスト」でご自分の腸年齢を診断してみましょう!

お風呂でリラックス~入浴効果で血行促進して免疫力もアップ!

お風呂でリラックス~入浴効果で血行促進して免疫力もアップ!

お風呂で心と体をリラックスさせると入浴効果で免疫力もアップします。全身への水圧は、ダイエットにも心肺や内蔵機能向上にも有効。また、入浴の温熱効果で体温も基礎代謝も上がり、自律神経の緊張がほぐれることで、血行が促進されて白血球の働きも良くなり免疫力も高まります。

5月15日はヨーグルトの日!腸内細菌を元気にするおすすめの食べ方は?

5月15日はヨーグルトの日!腸内細菌を元気にするおすすめの食べ方は?

お手軽にビフィズス菌や乳酸菌を摂取できるヨーグルト。ただ、ヨーグルト内の乳酸菌は生きて腸には届きません。また、腸に良い働きはするものの、ヨーグルトの乳酸菌自体が住み着くこともありません。おすすめは、ビタミンや抗酸化成分が豊富なドライフルーツやナッツ類を混ぜて食べることです。

低所得者や貧困家庭ほど肥満が多く不健康であるという事実!

低所得者や貧困家庭ほど肥満が多く不健康であるという事実!

低所得者や貧困家庭ほど食事の栄養バランスが悪く、不健康なことは事実です。低所得の人ほど炭水化物の摂取量が多く、野菜の摂取量は低い傾向が見られます。 また、低所得者ほど健康診断を受けず、運動不足や肥満も多く、高額所得者比べ健康管理を上手くできない人の割合も多いようです。

腸内環境と便秘とダイエットの深い関係!

腸内環境と便秘とダイエットの深い関係!

痩せるための食べないダイエットは腸内環境に良くありません 食べる量を減らせばカロリーオフや糖質制限できますが、ダイエットフードなどでは食物繊維も足りなくり、逆に悪玉菌が増えて便秘がちに。すると、エネルギー消費量が落ちて、基礎代謝も低下し、太りやすくなる体質を招く結果になります。

スポンサーリンク