「 健康 話題 」一覧

スポンサーリンク
中国武漢ウイルス感染するとなぜ嗅覚や味覚を失うのかを米国研究者が発表

中国武漢ウイルス感染するとなぜ嗅覚や味覚を失うのかを米国研究者が発表

中国武漢ウイルス感染するとなぜ嗅覚や味覚を失うのかを米国ハーバード大の研究者が発表しました。理由は、コロナウイルスが鼻腔内の主要細胞を攻撃することで、感染者が嗅覚や味覚の能力を失うとして、嗅覚障害や味覚障害は世界的大流行に関係した重大な症状だと警告を鳴らしています。

日本人初の新型コロナウイルス感染者!中国人観光客を乗せたバス運転手さん

日本人初の新型コロナウイルス感染者!中国人観光客を乗せたバス運転手さん

奈良県で日本人初の新型コロナウイルス肺炎の感染者が確認されました。 今月2回ほど中国人観光客を乗せたバス運転手さんです。武漢の滞在歴はありません。国の役割は国民の生命と財産を守ることです。 武漢から来た中国人観光客を見境なく受け入れる行政や政治家の責任は重いと言えます。

中国武漢市発の新型コロナウイルス肺炎についてのその後の情報

中国武漢市発の新型コロナウイルス肺炎についてのその後の情報

昨日ブログでお伝えしました、新型コロナウイルス肺炎に関する情報ですが、中国の武漢市の感染者は時間ごとに増しています。 WHOはパンデミック(感染爆発)の危険性は少ないと発表しましたが、武漢市の病院は医師の中でもウイルスに感染し、死亡者が出ておりすでに混乱状態のようです。

新型コロナウイルス肺炎は危険!感染リスクが高まる現状と対策は?

新型コロナウイルス肺炎は危険!感染リスクが高まる現状と対策は?

中国は武漢の新型肺炎は、危険な新型コロナウイルスであることが判明しました。 新型コロナウイルス対策のワクチンや治療法はなく、感染拡大の危険性が高まっています。予防防策は「マスク着用」「手洗い、うがい」「接触、飛沫予防策」そして何より「免疫力を高める」することです。

寝たきりや認知症の原因となる高齢者の転倒による骨折に要注意!

寝たきりや認知症の原因となる高齢者の転倒による骨折に要注意!

高齢者の転倒による骨折事故は、寝たきりや認知症の原因となるので注意が必要です。 その骨折の多くは骨粗しょう症による原因で、一番多いのが転倒です。起こりやすい骨折箇所に「大腿骨近位部」「脊椎圧迫」「上腕骨近位部」「橈骨遠位端」が挙げられます。

便秘と不眠で悩む人増加中!腸内環境改善して便秘も不眠も解消

便秘と不眠で悩む人増加中!腸内環境改善して便秘も不眠も解消

便秘と不眠で悩む人が増えています。 ストレスで慢性的な不眠症になり、不眠が原因で便秘になってしまいます。 また、睡眠薬の副作用で便秘気味になる方も多いようです。 便秘と不眠症は深い関係にありますが薬に頼らず自然な排便と睡眠を促す方法を心掛けましょう。

良く眠れるのは腸内環境が整ったおかげ?不眠症や睡眠障害を改善

良く眠れるのは腸内環境が整ったおかげ?不眠症や睡眠障害を改善

不眠症や睡眠障害をもつ人は腸内環境にも問題を抱えている人が多いようです。 睡眠ホルモン「セロトニン」の殆どは腸内で作られています。腸内環境が悪いとセロトニンが脳まで上手く運搬されず脳がセロトニン不足なります。 腸内環境悪いと睡眠にも悪影響を与えることは間違いない事実です。

春の敏感肌に注意!肌バリア機能低下が原因となる花粉皮膚炎とは

春の敏感肌に注意!肌バリア機能低下が原因となる花粉皮膚炎とは

春の敏感肌に注意!肌バリア機能低下が原因となる花粉皮膚炎とは何でしょう? 花粉が皮膚に接触することで生じる皮膚炎を花粉皮膚炎いいます。顔を中心に、目の周り・まぶた・ほほ・あご・首周りなど赤いつぶつぶや発疹が現れます。 自覚症状がないため花粉の影響を徐々に受けることに!

花粉症やアレルギー体質を体の内側から改善する6つのヒント!

花粉症やアレルギー体質を体の内側から改善する6つのヒント!

花粉症を含めアレルギー性疾患の数は増え続けています。 世の中にあるアレルギー対策の多くは対処療法であり根本的な解決方法ではありません。 体の炎症作用であるアレルギーを抑えるには免疫力がカギを握ります。 そこでアレルギー体質を体の内側から改善する6つヒントをご紹介します。

口から感染するピロリ菌は胃がんや腸内環境悪化の原因になる細菌

口から感染するピロリ菌は胃がんや腸内環境悪化の原因になる細菌

ピロリ菌は口から感染し胃の中で唯一生存できる細菌です。 ピロリ菌に感染した胃の中は粘液が傷くだけでなくアンモニアなどで胃酸を中和し胃酸を薄めて消化不良や炎症を起こし易くなります。ピロリ菌は胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍胃炎や胃がんだけでなく腸内環境悪化の原因にもなります。

1 2 3 4 14