「 健康 話題 」一覧

スポンサーリンク
疫力が低下して、感染を繰り返す「免疫不全」とは!?

疫力が低下して、感染を繰り返す「免疫不全」とは!?

免疫力が低下して、感染を繰り返す「免疫不全」とは免疫機能に何らかの障害があり、有害物質から体を守ることが出来ず感染を余儀なくされる症状です。免疫不全は、先天的に免疫に欠陥がある先天性免疫不全と、病気が原因で後天的に免疫力が低下する後天的免疫不全があります。

手軽で簡単な「免疫力を高める」おすすめ7つの運動

手軽で簡単な「免疫力を高める」おすすめ7つの運動

秋の長雨のこの時期、日課で行かれているウォーキングやジョギングもどうも億劫だという方も多いので?運動不足なんとか解消したいですよね。そこで、お部屋や室内でお手軽にできる運動をご紹介!ぽかぽかと温まり、体温も上昇しますし、簡単に免疫力アップ・・・

カンジダ菌の症状って?感染経路とその原因について

カンジダ菌の症状って?感染経路とその原因について

カンジダ菌は真菌(カビ)の一種で、元来は人の口内や皮膚、腸内および女性の膣内に普通に生息する常在菌です。従って、カンジダ菌による症状は膣カンジタなど女性に限ったものではありません。最近の研究で、カンジタ菌は様々な疾患に関係していることが分かってききました。

『ありのままの最期 末期がんの“看取り医師”死までの450日』を見て

『ありのままの最期 末期がんの“看取り医師”死までの450日』を見て

NHKで『ありのままの最期 末期がんの“看取り医師”死までの450日』の再放送を見ました。 今や国民の2人に1人がなるといわれている“がん”。 番組では、末期がんの看取り医師として数多くの人の終末ケアや死に立ち会ってこられたあるドクターの死をドキュメンタリーで追っています。

腸管に穴が開く「リーキーガット症候群」とは!?

腸管に穴が開く「リーキーガット症候群」とは!?

リーキーガット症候群(Leaky Gut Syndrome)は、腸管浸漏症候群とも呼ばれます。食べ物などの栄養素は分解され、腸内の細胞の隙間から吸収されるのですが、リッキーガット症候群になると、腸管の粘膜細胞に穴が開き、本来通過出来ない有害菌、ウイルスや食物が漏れ出す現象なのです。

今ブームの健康飲料!甘酒の効果効能って何?

今ブームの健康飲料!甘酒の効果効能って何?

最近、甘酒が流行っていますね。では、今ブームの健康飲料である甘酒の効果効能って何でしょうか?発酵食品である甘酒には2種類の作り方があります。ひとつは酒かすにお湯・砂糖・塩・酒などを混ぜてつくるものです。一方、蒸したお米に米麹をブレンドし、お湯・塩を混ぜて作ります。

ペット用のヘルスケアにも乳酸菌が注目されている理由は?

ペット用のヘルスケアにも乳酸菌が注目されている理由は?

愛する家族の一員であるワンちゃんやネコちゃんなどペット用ヘルスケアにも乳酸菌や乳酸菌サプリメントが注目されています。乳酸菌はペットの腸内環境に働きかけ、便秘や便臭を改善するだけでなく、免疫力を高めます。また、口内トラブルや歯周病などにも有効です。

腸管出血性大腸菌O157に感染による集団食中毒について

腸管出血性大腸菌O157に感染による集団食中毒について

腸管出血性大腸菌O157に感染による集団食中毒に関連し、夏休みに家族で帰省した3歳になる女の子がで亡くなりました。「O157」は感染力が強く、「ベロ毒素」と呼ばれる猛毒を産生する大腸菌感染症です。 その症状は、激しい下痢や腹痛、発熱、腸管からの出血や血便など・・

「発熱」を伴う「下痢」や「嘔吐」の原因は!?どう対処すればよい?

「発熱」を伴う「下痢」や「嘔吐」の原因は!?どう対処すればよい?

発熱を伴う下痢や嘔吐の原因は?どう対処すればよいでしょうか? 疑わしきは感染性胃腸炎です。感染性胃腸炎は、細菌やウイルスなどの感染症で、ノロウイルス、ロタウイルスなどが有名です。その際、発熱や下痢、嘔吐などで水分が失われてしまいますので、脱水症状に注意が必要です。

日本の性感染症の中で免疫不全ウイルス「HIV(エイズ)」が増えている!?

日本の性感染症の中で免疫不全ウイルス「HIV(エイズ)」が増えている!?

日本の性感染症の中で免疫不全ウイルス「HIV」(エイズ AIDS)が増えています。厚生労働省よるとHIV感染者やエイズ患者は、毎年増加しており、その95%男性です。HIVウイルスの感染ルートは男性同士の同性間での性的接触が6割以上達と報告されております。

スポンサーリンク