「 健康 話題 」一覧

スポンサーリンク
ペット用のヘルスケアにも乳酸菌が注目されている理由は?

ペット用のヘルスケアにも乳酸菌が注目されている理由は?

愛する家族の一員であるワンちゃんやネコちゃんなどペット用ヘルスケアにも乳酸菌や乳酸菌サプリメントが注目されています。乳酸菌はペットの腸内環境に働きかけ、便秘や便臭を改善するだけでなく、免疫力を高めます。また、口内トラブルや歯周病などにも有効です。

腸管出血性大腸菌O157に感染による集団食中毒について

腸管出血性大腸菌O157に感染による集団食中毒について

腸管出血性大腸菌O157に感染による集団食中毒に関連し、夏休みに家族で帰省した3歳になる女の子がで亡くなりました。「O157」は感染力が強く、「ベロ毒素」と呼ばれる猛毒を産生する大腸菌感染症です。 その症状は、激しい下痢や腹痛、発熱、腸管からの出血や血便など・・

「発熱」を伴う「下痢」や「嘔吐」の原因は!?どう対処すればよい?

「発熱」を伴う「下痢」や「嘔吐」の原因は!?どう対処すればよい?

発熱を伴う下痢や嘔吐の原因は?どう対処すればよいでしょうか? 疑わしきは感染性胃腸炎です。感染性胃腸炎は、細菌やウイルスなどの感染症で、ノロウイルス、ロタウイルスなどが有名です。その際、発熱や下痢、嘔吐などで水分が失われてしまいますので、脱水症状に注意が必要です。

日本の性感染症の中で免疫不全ウイルス「HIV(エイズ)」が増えている!?

日本の性感染症の中で免疫不全ウイルス「HIV(エイズ)」が増えている!?

日本の性感染症の中で免疫不全ウイルス「HIV」(エイズ AIDS)が増えています。厚生労働省よるとHIV感染者やエイズ患者は、毎年増加しており、その95%男性です。HIVウイルスの感染ルートは男性同士の同性間での性的接触が6割以上達と報告されております。

炭水化物や糖分の取り過ぎはなぜ体に悪いのか?

炭水化物や糖分の取り過ぎはなぜ体に悪いのか?

炭水化物や糖分の取り過ぎはなぜ体に悪いのでしょうか?1つは体の中で余分な糖がAGEs(糖化最終生成物)という老化物質を生成することで老化を早めることが言えます。 もう一つは、炭水化物は血糖値を上昇させて、インスリンの過剰分泌を促進させて糖尿病の原因を作るからです。

原因不明の難病「クローン病」とはどんな病気か?

原因不明の難病「クローン病」とはどんな病気か?

「クローン病」は発病と寛解を繰り返す原因不明の難病で、国内の若年層に増加しています。発症原因は不明ですが、免疫異常にかかわることは確かなようです。クローン病の症状は、腹痛、下痢、発熱などが特徴的ですが、自覚症状が少ないため早期発見の難しいと言われています。

赤ちゃんを出産すると免疫力が下がる理由は?

赤ちゃんを出産すると免疫力が下がる理由は?

実は「子供を出産すると免疫力が下がる」ことご存じでしたか? 「風邪を引きやすくなった」「口内炎が増えた」「体重が減った」「蕁麻疹やヘルペスなど出るようになった」と悩むお母さんたちが多いようです。 では、なぜ、産後免疫力が下がるのでしょうか?

むくみの原因はリンパにあり!むくみはなぜ起こるのか?

むくみの原因はリンパにあり!むくみはなぜ起こるのか?

むくみの原因はリンパにあり!むくみはなぜ起こるのでしょうか?組織間液がリンパ管からにじみ出して溜まることでむくみが発生してしまいます。リンパ管は水分の巡りが滞りやすい場所です。血管のように自ら収縮し、拡張する運動機能はありません。

「大腸がん」が増加してるのに「小腸がん」が少ないのは何故?

「大腸がん」が増加してるのに「小腸がん」が少ないのは何故?

「大腸がん」が増加してるのに「小腸がん」が少ないのは何故でしょうか?小腸の神経細胞の殆どが脳から独立して動く一方で、大腸は脳からのストレスを受け易い器官です。 また小腸にはパイエル板という免疫に重要な細胞が点在し、その働きが非常に活発のため、がんなどにも強いことが言えます。

愛情ホルモン「オキシトシン」の注目の効果とは!?

愛情ホルモン「オキシトシン」の注目の効果とは!?

今注目の「オキシトシン」というホルモンをご存じでしょうか?オキシトシンは哺乳動物の神経ホルモンの一つで、妊娠や出産の分野では愛情ホルモンとして有名です。最近、ストレスを和らげたり、免疫力を高めて病気を予防したりするなどの働きがわかってきました。

スポンサーリンク