「 健康 話題 」一覧

スポンサーリンク
寝たきりや認知症の原因となる高齢者の転倒による骨折に要注意!

寝たきりや認知症の原因となる高齢者の転倒による骨折に要注意!

高齢者の転倒による骨折事故は、寝たきりや認知症の原因となるので注意が必要です。 その骨折の多くは骨粗しょう症による原因で、一番多いのが転倒です。起こりやすい骨折箇所に「大腿骨近位部」「脊椎圧迫」「上腕骨近位部」「橈骨遠位端」が挙げられます。

便秘と不眠で悩む人増加中!腸内環境改善して便秘も不眠も解消

便秘と不眠で悩む人増加中!腸内環境改善して便秘も不眠も解消

便秘と不眠で悩む人が増えています。 ストレスで慢性的な不眠症になり、不眠が原因で便秘になってしまいます。 また、睡眠薬の副作用で便秘気味になる方も多いようです。 便秘と不眠症は深い関係にありますが薬に頼らず自然な排便と睡眠を促す方法を心掛けましょう。

良く眠れるのは腸内環境が整ったおかげ?不眠症や睡眠障害を改善

良く眠れるのは腸内環境が整ったおかげ?不眠症や睡眠障害を改善

不眠症や睡眠障害をもつ人は腸内環境にも問題を抱えている人が多いようです。 睡眠ホルモン「セロトニン」の殆どは腸内で作られています。腸内環境が悪いとセロトニンが脳まで上手く運搬されず脳がセロトニン不足なります。 腸内環境悪いと睡眠にも悪影響を与えることは間違いない事実です。

春の敏感肌に注意!肌バリア機能低下が原因となる花粉皮膚炎とは

春の敏感肌に注意!肌バリア機能低下が原因となる花粉皮膚炎とは

春の敏感肌に注意!肌バリア機能低下が原因となる花粉皮膚炎とは何でしょう? 花粉が皮膚に接触することで生じる皮膚炎を花粉皮膚炎いいます。顔を中心に、目の周り・まぶた・ほほ・あご・首周りなど赤いつぶつぶや発疹が現れます。 自覚症状がないため花粉の影響を徐々に受けることに!

花粉症やアレルギー体質を体の内側から改善する6つのヒント!

花粉症やアレルギー体質を体の内側から改善する6つのヒント!

花粉症を含めアレルギー性疾患の数は増え続けています。 世の中にあるアレルギー対策の多くは対処療法であり根本的な解決方法ではありません。 体の炎症作用であるアレルギーを抑えるには免疫力がカギを握ります。 そこでアレルギー体質を体の内側から改善する6つヒントをご紹介します。

口から感染するピロリ菌は胃がんや腸内環境悪化の原因になる細菌

口から感染するピロリ菌は胃がんや腸内環境悪化の原因になる細菌

ピロリ菌は口から感染し胃の中で唯一生存できる細菌です。 ピロリ菌に感染した胃の中は粘液が傷くだけでなくアンモニアなどで胃酸を中和し胃酸を薄めて消化不良や炎症を起こし易くなります。ピロリ菌は胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍胃炎や胃がんだけでなく腸内環境悪化の原因にもなります。

初期症状がなくがんが進行?堀ちえみさんが診断された舌がんとは

初期症状がなくがんが進行?堀ちえみさんが診断された舌がんとは

タレントの堀ちえみさんがステージ4の舌がんと診断され手術されました。舌がんは口腔がんの一種ですが初期症状がなくがんが進行する場合も多いようです。 発症原因は不明ですが喫煙、アルコール、刺激の強い食べ物、合わない入れ歯による粘膜損傷など慢性的な刺激が考えられています。

インフルエンザが流行中!「くしゃみ」を口を手で押さえちゃダメ

インフルエンザが流行中!「くしゃみ」を口を手で押さえちゃダメ

インフルエンザが流行中ですが「くしゃみ」の際に口を手で押さえるのはダメ!手で口を押さると手にウイルスがつきます。そのまま周囲をモノを触ることでウイルスが拡散し接触感染の可能性が高まります。 感染予防のためにもとっさの「くしゃみ」は肘を曲げ服の内側や袖で覆うのが正しい方法です。

軽度認知障害(MCI)の方が増加中!運動と食事で認知症を予防

軽度認知障害(MCI)の方が増加中!運動と食事で認知症を予防

認知症は脳の病気です。近年、認知症予備軍である軽度認知症者が増えています。 認知症発症の大きな要因は筋肉量減少に伴う活動性の低下です。 「動かなくなること」と「認知症発症」は表裏一体なのです。 認知症予防に効果的なことは「運動」「食事」「認知トレーニング」です。

お酒飲まない人でも脂肪肝が増加中!非アルコール性脂肪性肝炎

お酒飲まない人でも脂肪肝が増加中!非アルコール性脂肪性肝炎

脂肪肝はアルコールの過剰摂取や過食、肥満、糖尿病、脂質異常症など生活習慣が原因です。 お酒を飲まない人でも脂肪肝になる非アルコール性脂肪性肝疾患が増えています。 中でも肝硬変や肝がんに進行す確率が高い非アルコール性脂肪性肝炎(通称ナッシュ/NASH)が増加中です。

1 2 3 4 14