「 健康 話題 」一覧

スポンサーリンク
うつ病と腸内細菌と幸せホルモン「セロトニン」の関係について

うつ病と腸内細菌と幸せホルモン「セロトニン」の関係について

うつ病と腸内細菌と幸せホルモンのセロトニンの関係が話題になっています。脳内セロトニンは長期間のストレス下で減少します。うつ病の多く人は脳内のセロトニンが低下しています。セロトニンの約90%が腸内で作られることからも、うつ病と脳腸相関の関係が注目されています。

体を細菌やウイルスから守る自然免疫と獲得免疫について違いを知ろう!

体を細菌やウイルスから守る自然免疫と獲得免疫について違いを知ろう!

体に侵入してくる細菌やウイルスを防いだり、体内で発生したがん細胞を排除する自己防衛機能のことを免疫と言います。免疫細胞の中心は「白血球」で、血液やリンパ液に乗って全身を循環し、病原体から体を守ってくれます。 これら免疫反応は「自然免疫」と「獲得免疫」の2つが存在します。

性格の良い人、悪い人は「腸内細菌」で決まる!?

性格の良い人、悪い人は「腸内細菌」で決まる!?

遺伝子解析により健康や疾患との関わりなど次々と明るみになっていますが、人の性格と腸内細菌が関係しているという面白い研究結果が話題になりました。 腸内細菌は心と体の健康のために必要不可欠ですが「良い性格」も「悪い性格」も腸内細菌が決めている可能性があるというのです。

老化は遺伝?それとも環境?老化の原因を探る有力な5つの説!?

老化は遺伝?それとも環境?老化の原因を探る有力な5つの説!?

体が錆びついてしまうことが「老化」です。人は加齢とともに老化が進みますが、老化の原因とはいったい何でしょう?老化の原因は細胞寿命 ・内分泌・DNA損傷・活性酸素などの5つの説がありますが、やはり、遺伝的な問題にプラス「環境的な要因」が多くきな原因と言えそうです。

免疫力を低下させる口呼吸を改善!舌と口の運動「あいうべ体操」

免疫力を低下させる口呼吸を改善!舌と口の運動「あいうべ体操」

「あいうべ体操」はみらいクリニック今井先生が提唱される舌と口を意識的に大きく動かすことで口呼吸を鼻呼吸へ改善するトレーニング法です。口呼吸は口内が渇き雑菌が増えることで、口臭の原因だけでなく免疫力を低下させます。鼻呼吸へ変えるだけで口内環境改善にもつながります。

「腸の低体温化」~慢性的な冷えが腸の働きと免疫力を弱める

「腸の低体温化」~慢性的な冷えが腸の働きと免疫力を弱める

冷えは「万病のもと」決して侮れません。特に女性は冷えで悩まれている方が多く、体を冷やすことは、腸を冷やすことは「腸の低体温化」に繋がります。慢性的な冷えが続くと血行不良により、腸の働きも免疫力もを弱めますし「肥満」「便秘」「不妊」「肌荒れ」「不眠」などの原因にも・・

腸内細菌との相性バッチリ!善玉菌を増やすオリゴ糖ってどんな糖分?

腸内細菌との相性バッチリ!善玉菌を増やすオリゴ糖ってどんな糖分?

オリゴ糖は、腸内細菌の中でも乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌のエサとなり、腸内の善玉菌を増やします。オリゴ糖の多い食品は、大豆、玉ネギ、バナナ、ゴボウ、ニンニク、はちみつなど。オリゴ糖は、カロリーは砂糖の半分以下ですし、ダイエット向けにもうってつけ・・

排便時に出血を見過ごさないで!それって大腸がん?それとも痔なの?

排便時に出血を見過ごさないで!それって大腸がん?それとも痔なの?

日本人女性のがん死亡率第一位である大腸がんは、早期には自覚症状がありません。 ただ、排便の際の出血は見た目に分かりやすいので、大腸がんが気になる方は便の具合をを観察してみるが良いと言えます。痔による出血と大腸がんによる出血の違いは・・

体温調節を狂わす熱中症に気を付けよう!熱中症予防とおすすめ対策!

体温調節を狂わす熱中症に気を付けよう!熱中症予防とおすすめ対策!

体温調節を狂わす熱中症!そこで早めの熱中症予防とおすすめ対策をご紹介します!。 熱中症は体内に熱がこもって放出できなくなるのでこマメな水分補給、暑い時間帯は成るべく外出時を避ける、室内ではエアコン・扇風機を上手に活用する、寝る前も工夫をするなどが効果的です!

がん細胞を殺す免疫力アップのキーマン「NK細胞」を増やすには?

がん細胞を殺す免疫力アップのキーマン「NK細胞」を増やすには?

免疫力アップのキーマン「NK細胞(ナチュラルキラー細胞)」を増やすにはどうしたら良いでしょうか?NK細胞は、血液中に存在する免疫細胞の一種で、全身を巡り「がん」を見つけて攻撃するリンパ球です。がんには強いNK細胞ですが、悲しみや精神的なストレスに弱く・・

1 8 9 10 11 12