「 健康 話題 」一覧

スポンサーリンク
がん細胞を殺す免疫力アップのキーマン「NK細胞」を増やすには?

がん細胞を殺す免疫力アップのキーマン「NK細胞」を増やすには?

免疫力アップのキーマン「NK細胞(ナチュラルキラー細胞)」を増やすにはどうしたら良いでしょうか?NK細胞は、血液中に存在する免疫細胞の一種で、全身を巡り「がん」を見つけて攻撃するリンパ球です。がんには強いNK細胞ですが、悲しみや精神的なストレスに弱く・・

免疫力が低下した口の中は細菌だらけ!崩れる口内フローラのバランス

免疫力が低下した口の中は細菌だらけ!崩れる口内フローラのバランス

口の中には「口内細菌」が数百種、数千億個棲んでいます。腸内細菌と同様にお口の中でもバランスを取り「口内フローラ」を形成し口腔内の健康に役立っています。但し、口内フローラのバランスは崩れやすく、免疫力が低下すると歯周病菌、ミュータンス菌などが血管内にすぐ入ってきます。すると・・

加齢による毛細血管の老化は免疫力の低下やたるみやむくみの原因!

加齢による毛細血管の老化は免疫力の低下やたるみやむくみの原因!

健康のカギを握る血液、中でも体中の毛細血管が注目されています。毛細血管の老化は免疫力低下につながるとされる理由は、この毛細血管こそが、栄養を運び、老廃物を回収し、免疫細胞が活躍する極めて重要な役割を持ってからです。但し、毛細血管は老化・減少してしまいます・・

暑さに負けない!免疫力を高める食べ物~おススメ夏野菜7選

暑さに負けない!免疫力を高める食べ物~おススメ夏野菜7選

今年の夏も猛暑の予測!暑さに負けず体の中からと元気になりですよね。 そこで、ヘルシーワンショッピングが厳選したファイトケミカルの代名詞「免疫力を高める食べ物~おススメ夏野菜7選」を先取りご紹介! 旬の野菜は栄養価も高く体のバランスを整え免疫力を上げる効果が期待できます!

うつを予防する幸せホルモン「セロトニン」と腸内細菌の関係とは!?

うつを予防する幸せホルモン「セロトニン」と腸内細菌の関係とは!?

セロトニンとは脳内の神経伝達物質の一つで、精神の安定や幸福感を生み出す役割を担っており「幸せホルモン」と言われ、実はその90%は腸内に存在しています。ノルアドレナリンやドーパミンの分泌をコントロールしてくれる舵取り役的な存在で、うつ病予防にも深い関係があるのです。

難病「潰瘍性大腸炎」を持病にもつ日本で一番の有名人は?

難病「潰瘍性大腸炎」を持病にもつ日本で一番の有名人は?

潰瘍性大腸炎は大腸の粘膜が傷つき、びらんや潰瘍が生じることで、発熱、腹痛、下痢、血便、嘔吐、貧血などの症状が生じる大腸の炎症性疾患で、難病指定にされていますす この難病である潰瘍性大腸炎を持病にもつ日本で一番の有名人と言えば、安倍晋三内閣総理大臣です。

排便時間が短くて便秘解消に効果あるのは洋式トイレ?和式トイレ?

排便時間が短くて便秘解消に効果あるのは洋式トイレ?和式トイレ?

排便のスタイルが便秘や排便時間および残便感に関係するというある研究結果があり、便秘解消に効くのは洋式より和式便器のトイレらしい。和式は、しゃがみ込むことで腸の曲がりがまっすぐに近づき排便がスムーズに。便秘解消には腸を大切にすることと和式便器も見直すのも良いかもしれません。

唾液は免疫にとっても大切!腸内環境と口内環境の意外な共通点とは?

唾液は免疫にとっても大切!腸内環境と口内環境の意外な共通点とは?

腸内環境と口内環境は共通点があります。どちらも多くの細菌が住み、体を守る免疫力に深く関係しています。 口の中の唾液には、侵入した有害物質やウィルスを食い止める免疫機能が備わっている他、消化機能、抗菌力、汚れを落とす自浄力、口の粘膜を乾燥から保護するなど大切な機能が存在します。

今年も大流行!?東京都がインフルエンザ「流行警報」を発表!

今年も大流行!?東京都がインフルエンザ「流行警報」を発表!

インフルエンザは、38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛など全身の症状がが特徴です。また、のどの痛み、鼻水、咳などの症状も見られます。 さらに、気管支炎、肺炎、小児では中耳炎、熱性痙攣、急性脳症などを併発したり、ご高齢の方や免疫力の低下している方では重症になることがあります。

1 8 9 10 11