「 免疫 腸 」一覧

スポンサーリンク
体の守る免疫細胞(白血球)の作られる場所と腸に集中する理由

体の守る免疫細胞(白血球)の作られる場所と腸に集中する理由

体を外敵から守る免疫細胞(白血球)は腸に7集中しています。 免疫細胞は主に骨髄にある造血幹細胞で作られます。腸は外とつながる臓器で、全身の粘膜と免疫細胞を結ぶ重要な役割を持ちます。 食べ物に含まれる栄養分と侵入する有害物質を取り除くため腸内に免疫細胞が集中しているのです。

腸管に穴が開く「リーキーガット症候群」とは!?

腸管に穴が開く「リーキーガット症候群」とは!?

リーキーガット症候群(Leaky Gut Syndrome)は、腸管浸漏症候群とも呼ばれます。食べ物などの栄養素は分解され、腸内の細胞の隙間から吸収されるのですが、リッキーガット症候群になると、腸管の粘膜細胞に穴が開き、本来通過出来ない有害菌、ウイルスや食物が漏れ出す現象なのです。

原因不明の難病「クローン病」とはどんな病気か?

原因不明の難病「クローン病」とはどんな病気か?

「クローン病」は発病と寛解を繰り返す原因不明の難病で、国内の若年層に増加しています。発症原因は不明ですが、免疫異常にかかわることは確かなようです。クローン病の症状は、腹痛、下痢、発熱などが特徴的ですが、自覚症状が少ないため早期発見の難しいと言われています。

「大腸がん」が増加してるのに「小腸がん」が少ないのは何故?

「大腸がん」が増加してるのに「小腸がん」が少ないのは何故?

「大腸がん」が増加してるのに「小腸がん」が少ないのは何故でしょうか?小腸の神経細胞の殆どが脳から独立して動く一方で、大腸は脳からのストレスを受け易い器官です。 また小腸にはパイエル板という免疫に重要な細胞が点在し、その働きが非常に活発のため、がんなどにも強いことが言えます。

NK細胞を活性化する身近な食べ物~納豆・発酵食品・キノコ類

NK細胞を活性化する身近な食べ物~納豆・発酵食品・キノコ類

奥村康先生は免疫学の国際的な権威である順天堂大学医学部名誉教授の奥村康先生も著書の中で、がんを予防するためには、NK(ナチュラルキラー)細胞を活性化することがとても大切であると述べられていました。実は、手軽に摂取できる食べ物を通じて、NK細胞を活性化することが可能です。

腸のストレス解消に効果的!おススメの5つの方法とは?

腸のストレス解消に効果的!おススメの5つの方法とは?

免疫力アップのためには腸のストレスを解消する必要があります。 それには、腸が自律神経の影響下にあるを理解しておくことが大切です。 消化吸収を行う蠕動運動は自律神経によるものです。 腸のストレス解消に効果的な5つのおススメ方法をご紹介します。

夏は注意!「食中毒」や「腸管出血性大腸菌」について!

夏は注意!「食中毒」や「腸管出血性大腸菌」について!

夏は「食中毒」や「腸管出血性大腸菌」に注意が必要です。生肉が原因で大問題になったことありました。でも生肉食べないから大丈夫という油断は禁物! 実は、毎日食べている家庭の食事でも腸管出血性大腸菌は、発生しているのです・・・

体温が1度下がると免疫力は30%もダウンする!?なぜ現代人の体温は下がったのか?

体温が1度下がると免疫力は30%もダウンする!?なぜ現代人の体温は下がったのか?

体温が1度下がると免疫力は30%もダウンします。医療機関の調査によれば、50年前に比べ我々の平均体温は大幅に下がっているとのこと。では、なぜ現代人の体温は下がったのでしょうか?結論から言いうと、筋肉を使わない生活が体温低下を招いた最も大きな理由なのです。

毎朝駅のトイレに駆け込む人は過敏性腸症候群かも?

毎朝駅のトイレに駆け込む人は過敏性腸症候群かも?

毎朝駅のトイレに駆け込む人は過敏性腸症候群かも?突如腹痛や下痢に襲われるものの病院で検査をしても、ポリープや潰瘍などの異常は特に見られないのが過敏性腸症候群の特徴です。ストレスなどが原因でで自律神経のバランスが崩れることで起こるとされています。

「腸の低体温化」~慢性的な冷えが腸の働きと免疫力を弱める

「腸の低体温化」~慢性的な冷えが腸の働きと免疫力を弱める

冷えは「万病のもと」決して侮れません。特に女性は冷えで悩まれている方が多く、体を冷やすことは、腸を冷やすことは「腸の低体温化」に繋がります。慢性的な冷えが続くと血行不良により、腸の働きも免疫力もを弱めますし「肥満」「便秘」「不妊」「肌荒れ」「不眠」などの原因にも・・

1 2 3