「 免疫 腸 」一覧

スポンサーリンク
難病「潰瘍性大腸炎」を持病にもつ日本で一番の有名人は?

難病「潰瘍性大腸炎」を持病にもつ日本で一番の有名人は?

潰瘍性大腸炎は大腸の粘膜が傷つき、びらんや潰瘍が生じることで、発熱、腹痛、下痢、血便、嘔吐、貧血などの症状が生じる大腸の炎症性疾患で、難病指定にされていますす この難病である潰瘍性大腸炎を持病にもつ日本で一番の有名人と言えば、安倍晋三内閣総理大臣です。

免疫の主役は白血球!免疫細胞が一番集まる場所は腸!

免疫の主役は白血球!免疫細胞が一番集まる場所は腸!

免疫と最も関わりが深いのは血液で、主役は白血球です。病原菌や異物から身体を守る防御作用をもつため、白血球自体を免疫細胞と呼びます。また、腸内は免疫細胞の約70%が集中しています。従い、腸を元気にして免疫力を高めることが病気に負けない身体の基礎となるのです。

あなたの腸年齢は実年齢よりも老化してる?「腸年齢チェックテスト」

あなたの腸年齢は実年齢よりも老化してる?「腸年齢チェックテスト」

加齢とともに腸内環境も老化し、善玉菌が減り、悪玉菌が優位になり便秘にもなりやすくなります。ただ、若い人ほど腸の老化が急速に進行していると言われています。あなたの腸年齢は実年齢よりも老化してるかもしれません!「腸年齢チェックテスト」でご自分の腸年齢を診断してみましょう!

腸内環境を改善する「プロバイオティクス」と「プレバイオティクス」の関係とは?

腸内環境を改善する「プロバイオティクス」と「プレバイオティクス」の関係とは?

「プロバイオティクス」は、腸内環境を改善することで人の健康に良い働きをする生きた微生物(善玉菌や腸内細菌)を示します。 乳酸菌やビフィズス菌があります。 一方、そのプロバイオティクスの働きを助けるのが「プレバイオティクス」です。 オリゴ糖類や食物繊維などがその代表的なものです。

原因不明の慢性蕁麻疹(じんましん)と自己免疫の関係

原因不明の慢性蕁麻疹(じんましん)と自己免疫の関係

慢性蕁麻疹(じんましん)は、アレルギー疾患の一種です。アレルギー反応は本来無害な物質に免疫力が過剰に反応してしまう自己免疫疾患で、免疫細胞がコントロール不能に陥った状況です。慢性蕁麻疹は、原因不明な場合も多く、疲労、ストレス、ウイルス、薬など様々な理由が考えられます。

「脳」は「腸」から出来た!?生命のスタートは腸にあり!!

「脳」は「腸」から出来た!?生命のスタートは腸にあり!!

生物は、脳でも心臓でもでもなく最初にまず腸が作られます。 次に口や肛門など栄養を吸収・消化・排出する器官が作られ、最後に脳ができるわけです。 進化の過程で腸内にいたニューロンなど神経細胞が脊椎動物の神経系となりさらに万物の霊長である私達人間の大脳皮質の発達した脳になったわけです。

今や国民全体のアレルギー病!?花粉症の対策や予防をしよう!

今や国民全体のアレルギー病!?花粉症の対策や予防をしよう!

国民全体のアレルギー病とも言える花粉症。 花粉症予防のポイントは「花粉を少なくする」「花粉の侵入を少なくする」「花粉症の症状を抑える」具体的な対策は、外出時にマスクをする、帰宅時に手洗いうがい洗顔をする、屋内では小まめな掃除など。体の抵抗力である免疫力を高めることも大切。

今年も大流行!?東京都がインフルエンザ「流行警報」を発表!

今年も大流行!?東京都がインフルエンザ「流行警報」を発表!

インフルエンザは、38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛など全身の症状がが特徴です。また、のどの痛み、鼻水、咳などの症状も見られます。 さらに、気管支炎、肺炎、小児では中耳炎、熱性痙攣、急性脳症などを併発したり、ご高齢の方や免疫力の低下している方では重症になることがあります。

お口の中は細菌がいっぱい!歯周病がやっかいな理由は!?

お口の中は細菌がいっぱい!歯周病がやっかいな理由は!?

歯周病とは、歯周組織が歯垢に含まれている細菌に感染し、歯肉が腫れたり、出血したり、最後には歯が抜けてしまう病気で、口臭などの原因にもなります。国内の成人の約80%が歯周病と言われています。最近、乳酸菌が腸内だけでなく歯周病や虫歯などの口内細菌にも役立つことがわかってきました。

スポーツ選手のお腹は「善玉菌」だらけ!心や脳にも影響を与える「腸内細菌」

スポーツ選手のお腹は「善玉菌」だらけ!心や脳にも影響を与える「腸内細菌」

腸内細菌はお腹だけでなく心や脳にも影響します。 事実、脳内の神経伝達物質セロトニンの90%が腸に存在しています スポーツ選手などトップアスリートは、体のケア以外に食事に気を使います。 健全な肉体には健全な精神が宿るといわれますが、まさに健康なお腹には良い善玉菌が宿るというこでしょう。

スポンサーリンク