「 免疫 腸 」一覧

スポンサーリンク
腸内細菌はいつから棲みつく?赤ちゃんの腸内細菌はどこから来るの?

腸内細菌はいつから棲みつく?赤ちゃんの腸内細菌はどこから来るの?

赤ちゃんの腸内細菌はどこから来るのでしょうか?お腹の中の赤ちゃんには腸内細菌は存在しません。産道を通る過程や母乳を通じ腸内細菌が増えます。乳児期には、腸内細菌の95%以上が乳酸菌やビフィズス菌など善玉菌で占められます。赤ちゃんの腸内細菌は母親からの大事なプレゼントです。

腸の免疫力を高めればインフルエンザも怖くない!?

腸の免疫力を高めればインフルエンザも怖くない!?

インフルエンザ予防に、ワクチンの接種も良いとは思いますが、お勧めしたい予防策は「体の抵抗力を高めること」です。体に備わる「自然に自分を守る力=免疫力」を日ごろから高めておくことが大切。それには、体の70%もの免疫機能が集中している「腸」を健康にすることが一番重要です。

「善玉菌と悪玉菌」vs「抗生物質」の仁義なき戦い!?腸内細菌ゲームが登場!

「善玉菌と悪玉菌」vs「抗生物質」の仁義なき戦い!?腸内細菌ゲームが登場!

腸内細菌の戦いを陣取りゲームにした腸内細菌ボードゲーム「バクテロイゴ」。腸内細菌の大切さをゲームで学べます。中でも注目したのは「抗生物質」。 抗生物質は、感染症から人を救ういますが、過剰摂取は、腸内細菌も殺してしまうので、下痢や免疫力を低下させてしまう原因にもなります。

腸の悪化が原因となって起こる注意すべき5つの重大な疾患とは?

腸の悪化が原因となって起こる注意すべき5つの重大な疾患とは?

腸の悪化が原因となる5つの重大疾患は、下痢,潰瘍性大腸炎,アレルギー性疾患,大腸がん,食物アレルギーです。大腸がんは日本の女性のがん死亡の1位です。一番の原因は食生活、特に食物繊維不足による便秘です。便が長い時間腸内に留まることは腸内環境の悪化をもたらします。

腸が悪いと病気になりやすい理由は?

腸が悪いと病気になりやすい理由は?

腸内細菌のバランスに乱れが腸の健康の乱れの大きな原因となります。 そして、腸内バランスが崩れると免疫システム異常に繋がり、免疫細胞が有害物質やウイルスなどを感知できなくなりって体の抵抗力は弱っていきます。その結果、免疫力が低下して病気にかかりやすくなってしまうのです。

腸内細菌の代表!?善玉菌と悪玉菌ってどんなもの?

腸内細菌の代表!?善玉菌と悪玉菌ってどんなもの?

腸内には善玉菌、悪玉菌、日和見菌の腸内細菌が住んでいます。 乳酸菌など善玉菌の役割は免疫力の向上、消化吸収、ビタミン合成、腸の動きの活性です。一方、ウェルシュ菌、大腸菌など悪玉菌は腸内腐敗、有害物質の生成、抵抗力低下、がんや生活習慣病、下痢や便秘、口臭の原因になります。

とっても深い免疫とアンチエイジングと腸内細菌の関係!

とっても深い免疫とアンチエイジングと腸内細菌の関係!

腸の健康にとって最も重要なのが食生活です。それは食事によって腸内細菌のバランスが決まるからです。人の腸の中には乳酸菌を代表とする善玉菌と有害菌である悪玉菌などの沢山の腸内細菌が住んでいますが、健康な人の腸内環境は善玉菌と悪玉菌それぞれがバランス良く保たれています。

腸は人の体で最大の免疫器官なんです!!

腸は人の体で最大の免疫器官なんです!!

腸は人の体で最大の免疫器官です。腸には不要な老廃物を便として排出したり、細菌やウイルスから体を守るため免疫力を高めたり、酵素やビタミンを合成する働きがあります。体の全免疫システム全体の70%が腸に集中しています。だから腸をきっちりメンテナンスしてあげなければなりません。

小腸と大腸の役割の違いと理想のうんちについて

小腸と大腸の役割の違いと理想のうんちについて

腸は栄養分を吸収する小腸、水分を吸収する大腸に分かれます。便秘になると腸内での腐敗が酷くなります。 理想的な便は色がこげ茶色でバナナのような形と硬さです。ただ、最近便秘で悩む女性や子供が増えているのが心配です。何故なら便秘は大腸がんや様々な病気の原因になるからです。

もっと免疫と腸の関係を知ろう!

もっと免疫と腸の関係を知ろう!

私たちの健康と腸内の環境は本当に深くつながっています。 近年、腸のもつ免疫機能が注目されています。腸には体の中で最も重要で最も大きな免疫器官があるからです。腸は体に必要な栄養素だけを吸収し、細菌やウイルスなど害のあるものは排除するという体を守る役割も果たしています。

1 2 3