「 免疫力 話題 」一覧

スポンサーリンク
自己免疫疾患「関節リウマチ」は関節に激痛を伴う原因不明の難病

自己免疫疾患「関節リウマチ」は関節に激痛を伴う原因不明の難病

自己免疫疾患「関節リウマチ」は、本来無害な自己組織に免疫が異常反応することで起こりますが、原因不明の難病です。症状は手や足の指の付け根や関節の炎症に始まり、骨や軟骨が破壊され激痛を伴います。予防対策は、免疫機能が正しく維持されるよう日々の健康を保つようにすることしかありません。

睡眠の質は免疫力を左右する!深い眠りと成長ホルモンの重要な関係

睡眠の質は免疫力を左右する!深い眠りと成長ホルモンの重要な関係

睡眠の質は免疫力を左右します。睡眠は体や細胞のメンテナンスが行われる大切な時間です。それは、深い眠りと成長ホルモンは重要な関係があるからです。成長ホルモンは免疫力を高めるため重要な役割があります。成長ホルモンは入眠後3時間中の深い眠りであるノンレム睡眠時に最も分泌されます。

免疫力低下の最大原因であるストレスは緊張と緩和で解消しよう!

免疫力低下の最大原因であるストレスは緊張と緩和で解消しよう!

免疫力の働きを低下させる最大原因はストレスです。 特に胃腸ストレスに弱い臓器です。がんもストレスによる免疫力低下が関係しています。ストレスは強すぎても弱ぎても免疫機能にとって良くないので緊張と緩和が大切です。日常生活で自分に適したストレス解消法を見けて実行することが重要です。

がん宣告されたら免疫力を高めてがんと共存し付き合うことが大切

がん宣告されたら免疫力を高めてがんと共存し付き合うことが大切

がん宣告されたら免疫力を高めてがんと共存し付き合うことが大切です。 がんの原因は、加齢とストレスです。がんは抗がん剤などの治療のみならず精神的にも肉体的にも免疫力を低下させます。必要以上に落ち込まず「免疫力を高めること」「共存して生きる」と前向きに考えることが何より重要です。

ストレスや感染症に負けない!免疫力を高めて健康寿命を延ばす!

ストレスや感染症に負けない!免疫力を高めて健康寿命を延ばす!

ストレスや感染症に負けずに免疫力を高めて維持して健康寿命を延ばすことが大切です。 高齢化による最大の問題は免疫力の低下に伴う日和見感染症です。免疫力は徐々に下降する一方、感染症は増加します。ストレスもまた免疫力を低下させます。日頃から免疫力を高め、維持しておく必要があります。

免疫細胞の主人公!司令塔「T細胞」と抗体を産生する「B細胞」

免疫細胞の主人公!司令塔「T細胞」と抗体を産生する「B細胞」

免疫には「自然免疫」と「獲得免疫」が存在します。獲得免疫の中心はT細胞とB細胞です。T細胞は病原菌やウイルスなどを排除するため免疫系が最も効率よく働くよう指示を出す司令塔。B細胞は侵入してきた病原菌などの外敵を攻撃する抗体をつくり、抗原を記憶する役割を持っています。

皮膚が痛い「帯状疱疹」はストレスや疲労による免疫力低下が原因

皮膚が痛い「帯状疱疹」はストレスや疲労による免疫力低下が原因

帯状疱疹は、身体の中に潜むヘルペスウイルスの一種で水痘(すいとう)ウイルスや帯状疱疹ウイルスによって起こります。加齢やストレス、疲労などが原因となってウイルスに対する免疫力が低下すると潜んでいたウイルスが再び活動を始め、神経を伝わって皮膚に到達し帯状疱疹として発症します。

がん治療のための手術が免疫力低下の原因という落とし穴

がん治療のための手術が免疫力低下の原因という落とし穴

がん治療の外科手術、抗がん剤、放射線治療は免疫力を低下させる原因です。 手術や治療は心身共に極度の緊張と消耗を強いられます。自分や家族ががんになったら医者任せにせず納得いく治療法を選択するべきですが、手術は最小限にとどめ免疫力を上げる治療や生活を工夫したいと考えます。

免疫力が低下するとくり返し再発するやっかいな膣カンジタ症

免疫力が低下するとくり返し再発するやっかいな膣カンジタ症

カンジタ菌は膣内だけでなく皮膚、口内、腸に存在する細菌です。ストレス、睡眠不足、ホルモンバランスの乱れなど免疫力が低下すると急激に増加して膣カンジタ感染症となって現れ、しかも再発をくり返します。特に閉経後の女性は膣内の自浄能力が低下し、カンジタ菌が繁殖しやすくなります。

紫外線は皮膚を傷つけ、肌の老化や免疫力を低下させる原因!

紫外線は皮膚を傷つけ、肌の老化や免疫力を低下させる原因!

紫外線は肌の老化を早めるだけでなく免疫力を低下させる原因です。 皮膚の表皮内にはランゲルハンス細胞という免疫細胞が存在しますが、加齢による減少の他に紫外線の影響で発生した活性酸素がランゲルハンス細胞を含む表皮細胞を傷けることで、皮膚のがん化の危険性を高めます。

1 2 3 4 6