「 免疫力 話題 」一覧

スポンサーリンク
がん治療のための手術が免疫力低下の原因という落とし穴

がん治療のための手術が免疫力低下の原因という落とし穴

がん治療の外科手術、抗がん剤、放射線治療は免疫力を低下させる原因です。 手術や治療は心身共に極度の緊張と消耗を強いられます。自分や家族ががんになったら医者任せにせず納得いく治療法を選択するべきですが、手術は最小限にとどめ免疫力を上げる治療や生活を工夫したいと考えます。

免疫力が低下するとくり返し再発するやっかいな膣カンジタ症

免疫力が低下するとくり返し再発するやっかいな膣カンジタ症

カンジタ菌は膣内だけでなく皮膚、口内、腸に存在する細菌です。ストレス、睡眠不足、ホルモンバランスの乱れなど免疫力が低下すると急激に増加して膣カンジタ感染症となって現れ、しかも再発をくり返します。特に閉経後の女性は膣内の自浄能力が低下し、カンジタ菌が繁殖しやすくなります。

紫外線は皮膚を傷つけ、肌の老化や免疫力を低下させる原因!

紫外線は皮膚を傷つけ、肌の老化や免疫力を低下させる原因!

紫外線は肌の老化を早めるだけでなく免疫力を低下させる原因です。 皮膚の表皮内にはランゲルハンス細胞という免疫細胞が存在しますが、加齢による減少の他に紫外線の影響で発生した活性酸素がランゲルハンス細胞を含む表皮細胞を傷けることで、皮膚のがん化の危険性を高めます。

体温低下と朝食抜きは子供の免疫力を弱める原因!

体温低下と朝食抜きは子供の免疫力を弱める原因!

体温低下とと朝食抜きは子供の免疫力を弱める原因です。昔の比べ外で遊ぶことが少ないので運動不足や筋力不足にもなり、体温が下がっています。体温低下が免疫力が低下につながります。また、朝食は体温が上昇させます。逆に朝食を抜くと体温が上がらず、免疫力の低下の原因にもなります。

今年も大流行!インフルエンザA型やB型の種類やワクチンについて

今年も大流行!インフルエンザA型やB型の種類やワクチンについて

インフルエンザが大流行中です。東京都内のインフルエンザは警報基準を超えました。今年は例年以上にB型の患者数が増えていると報告。中にはA型とB型の両方のインフルエンザに感染し発症する人もいるようです。そこでインフルエンザA型やB型など種類の違いやワクチンについてお話します。

風邪を引きやすい体質を改善する効果あり!おすすめ方法をご紹介

風邪を引きやすい体質を改善する効果あり!おすすめ方法をご紹介

「風邪を引きやすい体質を改善したい」という悩みをお持ちのお客様が多くいらっしゃいます。確かに寒い時期は風邪を引きやすいですよね! 空気が乾燥しているためのどの粘膜も乾きがちです。 そこで、風邪を引きやすい体質を改善し、風邪を予防するのに効果的なおすすめの方法をご紹介します。

本日放送予定 NHKスペシャル「万病撃退!“腸”が免疫の鍵だった」

本日放送予定 NHKスペシャル「万病撃退!“腸”が免疫の鍵だった」

本日、NHKスペシャル「万病撃退!“腸”が免疫の鍵だった。」が放送予定です。 番組タイトル通り腸には数多く「腸内細菌」たちが活動しており、体の免疫細胞の約70%以上が集中しています。従い、日ごろから腸を整えておくことが、免疫力を高めることにも、健康維持にもつながるのです。

冷えは体温や免疫力を低下させる原因!冷え症で悩んでませんか?

冷えは体温や免疫力を低下させる原因!冷え症で悩んでませんか?

冷えは体温や免疫力を低下させる原因です。特に女性は冷え症で悩んでいる方が多いです。人は寒さを感じると体温維持のため手足や皮膚など末端の血管を収縮させ、血液を体の中心に集めようとします。すると末端へは血液が回り難くなるため血行不良を起し、体温低下して冷え症になるのです。

今年も流行する!?ノロウイルス感染の症状と対策について!

今年も流行する!?ノロウイルス感染の症状と対策について!

この時期になると気になるのがノロウイルスによる感染性胃腸炎です。 ノロウイルスの感染経路は経口から感染し、発症時期は、11月から3月までの冬季で、潜伏期間は感染から24~48時間です。 潜伏期間を経て吐き気、嘔吐、下痢、腹痛、発熱や筋肉痛の症状が現れます。

免疫力を高める食べ物のヒント!上手に食事をとって免疫力アップ♪

免疫力を高める食べ物のヒント!上手に食事をとって免疫力アップ♪

寒さに負けないために、日頃から免疫力を高める食事や食べ物をとるためには、日本伝統の玄米菜食中心の食生活にそのヒントがあります。「食材をまるごと食べる」「発酵食品を食べる」「食物繊維を豊富にとる」などポイントを押さえて、免疫力をアップさせましょう。

1 2 3 4 6