「 免疫力 話題 」一覧

スポンサーリンク
素朴な疑問!「細菌」と「ウイルス」の違いって何? 

素朴な疑問!「細菌」と「ウイルス」の違いって何? 

細菌とウイルスの違いは、自己増殖ができるかどうかの点です。 細菌は細胞をもった単細胞生物で、環境が整えば、自分自身で勝手に増えていくことが可能です。一方、ウイルスは、細胞内の核に存在する遺伝子だけを持った微生物です。従い、ウイルス単独では増殖することができません。

NK細胞を活性化する身近な食べ物~納豆・発酵食品・キノコ類

NK細胞を活性化する身近な食べ物~納豆・発酵食品・キノコ類

奥村康先生は免疫学の国際的な権威である順天堂大学医学部名誉教授の奥村康先生も著書の中で、がんを予防するためには、NK(ナチュラルキラー)細胞を活性化することがとても大切であると述べられていました。実は、手軽に摂取できる食べ物を通じて、NK細胞を活性化することが可能です。

遺伝子とがんと免疫の関係について

遺伝子とがんと免疫の関係について

細胞のがん化は、遺伝子の異常が大きく関わっています。 遺伝子には「がん遺伝子」と「がん抑制遺伝子」があり、遺伝的や環境的な要因などにより、バランスを崩すと細胞のがん化が進みます。細胞のがん化を抑制していくために、日ごろから免疫力を高めて、活性化させていくことが大切です。

夏の夜の夜更かしは免疫力低下の原因!?

夏の夜の夜更かしは免疫力低下の原因!?

夜更かしは免疫力低下の原因です。理由は、本来睡眠の準備が出来ている夜の時間帯に緊張や興奮または光などを浴びると体内時計の調子が狂い、メラトニンの分泌が低下します。結果、自律神経のバランスも崩れ、がんやウイルスと闘うNK細胞の働きも低下してしまうからです。

腸のストレス解消に効果的!おススメの5つの方法とは?

腸のストレス解消に効果的!おススメの5つの方法とは?

免疫力アップのためには腸のストレスを解消する必要があります。 それには、腸が自律神経の影響下にあるを理解しておくことが大切です。 消化吸収を行う蠕動運動は自律神経によるものです。 腸のストレス解消に効果的な5つのおススメ方法をご紹介します。

免疫力と深い関係にある「リンパ」の役割って何?

免疫力と深い関係にある「リンパ」の役割って何?

リンパ球は体を守ってくれる免疫の大切な役割を持って言います。 リンパ球などの白血球を含むリンパ液が流れるリンパ管やリンパ節(リンパ腺)は、全身の細胞から老廃物や古い細胞、病原菌などをを排除する排泄機能と免疫機能の両方を兼ね備えています。

今年の夏も暑い!!夏バテ予防に免疫力を高めよう!

今年の夏も暑い!!夏バテ予防に免疫力を高めよう!

「夏バテ」とは、夏の暑さによる自律神経の乱れが原因による様々な症状のことです。夏の終わりや秋口にかけて、全身の倦怠感、疲労感、食欲不振、下痢、便秘、めまいなど、夏の疲労が蓄積されて免疫力が低下し体調を崩してします。夏バテ予防には免疫力を高めることが大切です。

なぜ「歩く」ことが「脳の老化予防」に良いのか?

なぜ「歩く」ことが「脳の老化予防」に良いのか?

歩くことは「脳の老化予防」に優れています。歩くたびに下半身のたくさんの筋肉が動くと同時に、脳と体の司令塔である「脳幹」を刺激します。歩くことは下半身の筋肉から神経を通じて脳に刺激を与えつづけることなり、それが脳の老化を防止する上でも絶大の効果があるのです。

夏は用心!身近に潜む「自律神経失調症」について~その2

夏は用心!身近に潜む「自律神経失調症」について~その2

自律神経失調症の原因は、何らかの理由で交感神経と副交感神経のバランスが乱れた結果症状が現れます。特に最も影響を受ける要因は「個人の性格」だと言われています。その他に「生活リズムの乱れ」や「生活環境の変化にるストレス」などが自律神経失調症を起す主な理由です。

夏は用心!身近に潜む「自律神経失調症」について~その1

夏は用心!身近に潜む「自律神経失調症」について~その1

夏場に意外と多いのが自律神経失調症で悩まれるケースです。 ストレスの多い環境にいる方はもちろんですが、寒暖の差が激しいこと夏は、交感神経と副交感神軽のバランスが崩れて自律神経を乱す可能性が高くなります。自律神経失調症は誰でもなる可能性ある症状です。

スポンサーリンク