「 免疫力 話題 」一覧

スポンサーリンク
引っ越し先の化学物質が原因!?シックハウス症候群とは

引っ越し先の化学物質が原因!?シックハウス症候群とは

引っ越し直後、体調に異変が?もしかしたらシックハウス症候群かもしれません。室内の空気汚染が原因と見られる健康障害をシックハウス症候群と言います。住宅の高気密化や建材や内装材、家具への化学物質の使用が原因で体調不良を訴えるケースが多く見られ・・

指のつけ根に突然激しい痛みが襲う!!それって「痛風」かも?

指のつけ根に突然激しい痛みが襲う!!それって「痛風」かも?

手足の指のつけ根に突然激しい痛みが襲った!?それは「痛風」かもしれません。痛風は尿酸が体の中に溜まり、結晶になって激しい関節炎を伴う病気です。手足の指のつけ根が多く、殆どが男性です。血液の尿酸値が高い状態が長い間放置すると、ある日突然、耐えがたいほどの痛みに・・

自然免疫と獲得免疫について違いを知ろう!

自然免疫と獲得免疫について違いを知ろう!

体に侵入してくる細菌やウイルスを防いだり、体内で発生したがん細胞を排除する自己防衛機能のことを免疫と言います。免疫細胞の中心は「白血球」で、血液やリンパ液に乗って全身を循環し、病原体から体を守ってくれます。 これら免疫反応は「自然免疫」と「獲得免疫」の2つ・・

免疫力アップのキーマン「NK細胞」を増やすには?

免疫力アップのキーマン「NK細胞」を増やすには?

免疫力アップのキーマン「NK細胞(ナチュラルキラー細胞)」を増やすにはどうしたら良いでしょうか?NK細胞は、血液中に存在する免疫細胞の一種で、全身を巡り「がん」を見つけて攻撃するリンパ球です。がんには強いNK細胞ですが、悲しみや精神的なストレスに弱く・・

毛細血管の老化は「免疫力の低下」につながる!?

毛細血管の老化は「免疫力の低下」につながる!?

健康のカギを握る血液、中でも体中の毛細血管が注目されています。毛細血管の老化は免疫力低下につながるとされる理由は、この毛細血管こそが、栄養を運び、老廃物を回収し、免疫細胞が活躍する極めて重要な役割を持ってからです。但し、毛細血管は老化・減少してしまいます・・

本当に”がん”より怖い?『誤嚥性肺炎』について

本当に”がん”より怖い?『誤嚥性肺炎』について

週刊新潮で「がんより怖い『誤嚥性肺炎』を防ぐ完全ガイド」というショッキングな記事を目にしました。誤嚥性肺炎は、誤嚥によって細菌が唾液や胃液と一緒に肺に流れ込んでしまい、細菌が繁殖して炎症が起きる病気です。高齢者の肺炎の70%以上が誤嚥に関係していると言われてる。

免疫力が低下している時に出やすい6つサインとは?

免疫力が低下している時に出やすい6つサインとは?

免疫力が低下している時のサインといえば「風邪を引きやすい」「喉がすぐに腫れる」「結膜炎やものもらいがよくできる」「肌荒れ、二キビや吹き出ものが多い」「お腹が弱い」「疲れがとれない」の6つです。原因の一つに腸内環境の乱れで免疫力が弱まることが指摘されています。

アレルギーの人は、腸内環境にも問題がアリ!?

アレルギーの人は、腸内環境にも問題がアリ!?

アトピー性皮膚炎などのアレルギー症状は、食生活、腸内環境、生活環境、化学物質、環境汚染、電磁波、ストレスなど要因はひとつではありません。ただ、アレルギー疾患で悩まれている方の腸は悪玉菌が優位で、腸内環境に問題があることが専門家の研究から明らかです。

うつを予防する幸せホルモン「セロトニン」と腸内細菌の関係とは!?

うつを予防する幸せホルモン「セロトニン」と腸内細菌の関係とは!?

セロトニンとは脳内の神経伝達物質の一つで、精神の安定や幸福感を生み出す役割を担っており「幸せホルモン」と言われ、実はその90%は腸内に存在しています。ノルアドレナリンやドーパミンの分泌をコントロールしてくれる舵取り役的な存在で、うつ病予防にも深い関係があるのです。

まさに現代病!睡眠不足は「腸内フローラ」にも悪影響!?

まさに現代病!睡眠不足は「腸内フローラ」にも悪影響!?

睡眠不足は腸内フローラにも悪影響を与えるという研究結果がありました。睡眠不足によって腸内細菌のバランスは変化するというものです。腸内環境のバランスは睡眠不足はもちろん、加齢、体調、ストレスなど様ざまな要因で影響を受けます。腸を守るためにも、適度な睡眠時間を心掛けたいですよね。

スポンサーリンク