「 免疫力 話題 」一覧

スポンサーリンク
夏は用心!身近に潜む「自律神経失調症」について~その2

夏は用心!身近に潜む「自律神経失調症」について~その2

自律神経失調症の原因は、何らかの理由で交感神経と副交感神経のバランスが乱れた結果症状が現れます。特に最も影響を受ける要因は「個人の性格」だと言われています。その他に「生活リズムの乱れ」や「生活環境の変化にるストレス」などが自律神経失調症を起す主な理由です。

夏は用心!身近に潜む「自律神経失調症」について~その1

夏は用心!身近に潜む「自律神経失調症」について~その1

夏場に意外と多いのが自律神経失調症で悩まれるケースです。 ストレスの多い環境にいる方はもちろんですが、寒暖の差が激しいこと夏は、交感神経と副交感神軽のバランスが崩れて自律神経を乱す可能性が高くなります。自律神経失調症は誰でもなる可能性ある症状です。

体の冷やし過ぎは免疫力低下の原因!猛暑なのに低体温になる理由

体の冷やし過ぎは免疫力低下の原因!猛暑なのに低体温になる理由

体の冷やし過ぎによる夏の低体温は免疫力低下の原因です!低体温は、体温が低く主に毛細血管の血行が悪くなり、指先やつま先などが冷えやすくなりますし、むくみや消化不良、免疫力低下など体へ悪影響を及ぼします。低体温を克服のキーマンは自律神経のバランスです。

夏に増えやすいカンジダ膣炎!免疫力を高めてデリケートゾーンをケア

夏に増えやすいカンジダ膣炎!免疫力を高めてデリケートゾーンをケア

夏に増えやすいのがカンジダ膣炎です。健康な女性の膣内は強い酸性を保たれています。カンジダ菌は膣、皮膚、腸にいる常在菌ですが、睡眠不足、疲れ、ストレスにより免疫力が低下すると増殖して膣に感染症を起こします。従って、免疫力を高めてデリケートゾーンをケアすることが必要です。

乳房のしこりに注意!「乳がん」の早期発見は自己検診が大切!

乳房のしこりに注意!「乳がん」の早期発見は自己検診が大切!

乳がんを公表されがん闘病治療中だった小林麻央さんが亡くなりました。 乳がんとは乳頭からの乳腺に発生するがんで、代表的な症状は乳房のしこりです。乳がんは他のがんとは違い進行しても全身症状は殆ど無いのが特徴で、年々増加傾向にあります。早期発見には自己検診が大切になります。

引越し先での体調不良は化学物質によるシックハウス症候群が原因か?

引越し先での体調不良は化学物質によるシックハウス症候群が原因か?

引っ越し直後、体調に異変が?もしかしたらシックハウス症候群かもしれません。室内の空気汚染が原因と見られる健康障害をシックハウス症候群と言います。住宅の高気密化や建材や内装材、家具への化学物質の使用が原因で体調不良など健康被害を訴えるケースが多く見られます。

体を細菌やウイルスから守る自然免疫と獲得免疫について違いを知ろう!

体を細菌やウイルスから守る自然免疫と獲得免疫について違いを知ろう!

体に侵入してくる細菌やウイルスを防いだり、体内で発生したがん細胞を排除する自己防衛機能のことを免疫と言います。免疫細胞の中心は「白血球」で、血液やリンパ液に乗って全身を循環し、病原体から体を守ってくれます。 これら免疫反応は「自然免疫」と「獲得免疫」の2つが存在します。

がん細胞を殺す免疫力アップのキーマン「NK細胞」を増やすには?

がん細胞を殺す免疫力アップのキーマン「NK細胞」を増やすには?

免疫力アップのキーマン「NK細胞(ナチュラルキラー細胞)」を増やすにはどうしたら良いでしょうか?NK細胞は、血液中に存在する免疫細胞の一種で、全身を巡り「がん」を見つけて攻撃するリンパ球です。がんには強いNK細胞ですが、悲しみや精神的なストレスに弱く・・

免疫力が低下した口の中は細菌だらけ!崩れる口内フローラのバランス

免疫力が低下した口の中は細菌だらけ!崩れる口内フローラのバランス

口の中には「口内細菌」が数百種、数千億個棲んでいます。腸内細菌と同様にお口の中でもバランスを取り「口内フローラ」を形成し口腔内の健康に役立っています。但し、口内フローラのバランスは崩れやすく、免疫力が低下すると歯周病菌、ミュータンス菌などが血管内にすぐ入ってきます。すると・・

加齢による毛細血管の老化は免疫力の低下やたるみやむくみの原因!

加齢による毛細血管の老化は免疫力の低下やたるみやむくみの原因!

健康のカギを握る血液、中でも体中の毛細血管が注目されています。毛細血管の老化は免疫力低下につながるとされる理由は、この毛細血管こそが、栄養を運び、老廃物を回収し、免疫細胞が活躍する極めて重要な役割を持ってからです。但し、毛細血管は老化・減少してしまいます・・

1 2 3 4 5 6