「 免疫力 話題 」一覧

スポンサーリンク
免疫の主役は白血球!免疫細胞が一番集まる場所は腸!

免疫の主役は白血球!免疫細胞が一番集まる場所は腸!

免疫と最も関わりが深いのは血液で、主役は白血球です。病原菌や異物から身体を守る防御作用をもつため、白血球自体を免疫細胞と呼びます。また、腸内は免疫細胞の約70%が集中しています。従い、腸を元気にして免疫力を高めることが病気に負けない身体の基礎となるのです。

自己免疫疾患「シェーグレン症候群」とはどんな病気?

自己免疫疾患「シェーグレン症候群」とはどんな病気?

シェーグレン症候群は、免疫異常による自己免疫疾患ひとつです。中高年女性に多く、目や口の乾燥(ドライアイやドライマウス)などの症状から関節痛など体全体に症状が現れる場合があります。シェーグレン症候群は、潰瘍性大腸炎やパーキンソン病、クローン病と同様に指定難病の一つです。

~心と体をリラックス~お風呂の効果で免疫力アップ!

~心と体をリラックス~お風呂の効果で免疫力アップ!

お風呂には心と体をリラックスさせ、免疫力アップさせる効果あります。全身への水圧で、ダイエットだけでなく心肺機能や内蔵機能も向上させます。また、入浴の温熱効果で体温も基礎代謝も上がり、自律神経の緊張がほぐれることで、血行が促進されて白血球の働きも良くなり免疫力も高まります。

慢性疲労症候群は腸内環境の悪化が原因?

慢性疲労症候群は腸内環境の悪化が原因?

慢性疲労症候群は原因不明の難病ですが、腸内環境の悪化が原因なので、腸内環境の改善が症状が緩和する可能性があるとのこと。 慢性疲労症候群はストレスなどで免疫力が低下し、脳の血流や働きに影響を与えて強い疲労感を起こすという説が有力です。まさに、腸脳相関がポイントになります。

腸内環境を改善する「プロバイオティクス」と「プレバイオティクス」の関係とは?

腸内環境を改善する「プロバイオティクス」と「プレバイオティクス」の関係とは?

「プロバイオティクス」は、腸内環境を改善することで人の健康に良い働きをする生きた微生物(善玉菌や腸内細菌)を示します。 乳酸菌やビフィズス菌があります。 一方、そのプロバイオティクスの働きを助けるのが「プレバイオティクス」です。 オリゴ糖類や食物繊維などがその代表的なものです。

原因不明の慢性蕁麻疹(じんましん)と自己免疫の関係

原因不明の慢性蕁麻疹(じんましん)と自己免疫の関係

慢性蕁麻疹(じんましん)は、アレルギー疾患の一種です。アレルギー反応は本来無害な物質に免疫力が過剰に反応してしまう自己免疫疾患で、免疫細胞がコントロール不能に陥った状況です。慢性蕁麻疹は、原因不明な場合も多く、疲労、ストレス、ウイルス、薬など様々な理由が考えられます。

あの「ロキソニン」に重大な副作用?小腸・大腸の潰瘍など気になるニュース!!

あの「ロキソニン」に重大な副作用?小腸・大腸の潰瘍など気になるニュース!!

頭痛や生理痛の薬で有名な「ロキソニン」について医薬品医療機器総合機構(PMDA)は使用上の注意について、厚生労働省が「重大な副作用」の項目に「小腸・大腸の狭窄・閉塞」を追記するよう指示を出したと発表。ロキソニンは、痛み止めとしては優秀な薬ですが、副作用の多いお薬だとか!

今や国民全体のアレルギー病!?花粉症の対策や予防をしよう!

今や国民全体のアレルギー病!?花粉症の対策や予防をしよう!

国民全体のアレルギー病とも言える花粉症。 花粉症予防のポイントは「花粉を少なくする」「花粉の侵入を少なくする」「花粉症の症状を抑える」具体的な対策は、外出時にマスクをする、帰宅時に手洗いうがい洗顔をする、屋内では小まめな掃除など。体の抵抗力である免疫力を高めることも大切。

今年も大流行!?東京都がインフルエンザ「流行警報」を発表!

今年も大流行!?東京都がインフルエンザ「流行警報」を発表!

インフルエンザは、38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛など全身の症状がが特徴です。また、のどの痛み、鼻水、咳などの症状も見られます。 さらに、気管支炎、肺炎、小児では中耳炎、熱性痙攣、急性脳症などを併発したり、ご高齢の方や免疫力の低下している方では重症になることがあります。

スポーツ選手のお腹は「善玉菌」だらけ!心や脳にも影響を与える「腸内細菌」

スポーツ選手のお腹は「善玉菌」だらけ!心や脳にも影響を与える「腸内細菌」

腸内細菌はお腹だけでなく心や脳にも影響します。 事実、脳内の神経伝達物質セロトニンの90%が腸に存在しています スポーツ選手などトップアスリートは、体のケア以外に食事に気を使います。 健全な肉体には健全な精神が宿るといわれますが、まさに健康なお腹には良い善玉菌が宿るというこでしょう。

スポンサーリンク