「 免疫力 話題 」一覧

スポンサーリンク
慢性疲労症候群は腸内環境の悪化が原因?

慢性疲労症候群は腸内環境の悪化が原因?

慢性疲労症候群は原因不明の難病ですが、腸内環境の悪化が原因なので、腸内環境の改善が症状が緩和する可能性があるとのこと。 慢性疲労症候群はストレスなどで免疫力が低下し、脳の血流や働きに影響を与えて強い疲労感を起こすという説が有力です。まさに、腸脳相関がポイントになります。

腸内環境を改善する「プロバイオティクス」と「プレバイオティクス」の関係とは?

腸内環境を改善する「プロバイオティクス」と「プレバイオティクス」の関係とは?

「プロバイオティクス」は、腸内環境を改善することで人の健康に良い働きをする生きた微生物(善玉菌や腸内細菌)を示します。 乳酸菌やビフィズス菌があります。 一方、そのプロバイオティクスの働きを助けるのが「プレバイオティクス」です。 オリゴ糖類や食物繊維などがその代表的なものです。

原因不明の慢性蕁麻疹(じんましん)と自己免疫の関係

原因不明の慢性蕁麻疹(じんましん)と自己免疫の関係

慢性蕁麻疹(じんましん)は、アレルギー疾患の一種です。アレルギー反応は本来無害な物質に免疫力が過剰に反応してしまう自己免疫疾患で、免疫細胞がコントロール不能に陥った状況です。慢性蕁麻疹は、原因不明な場合も多く、疲労、ストレス、ウイルス、薬など様々な理由が考えられます。

あの「ロキソニン」に重大な副作用?小腸・大腸の潰瘍など気になるニュース!!

あの「ロキソニン」に重大な副作用?小腸・大腸の潰瘍など気になるニュース!!

頭痛や生理痛の薬で有名な「ロキソニン」について医薬品医療機器総合機構(PMDA)は使用上の注意について、厚生労働省が「重大な副作用」の項目に「小腸・大腸の狭窄・閉塞」を追記するよう指示を出したと発表。ロキソニンは、痛み止めとしては優秀な薬ですが、副作用の多いお薬だとか!

免疫効果も美容効果もばっちり!「ビタミンC」の優れた5つの働き

免疫効果も美容効果もばっちり!「ビタミンC」の優れた5つの働き

ビタミンCは、水溶性ビタミンの一種で「L-アスコルビン酸」と言います。 美容効果以外にも免疫力を高める働きがあります。ビタミンCのもつ5つの優れたパワーは「抗酸化作用」「コラーゲンの合成」「腸内環境を整える」「体の抵抗力をつける」「ストレス対応に役立つ」などが有名です。

1 3 4 5 6