「 腸 便秘 」一覧

スポンサーリンク
便秘解消のための効果的なアドバイス!水分補給足りていますか?

便秘解消のための効果的なアドバイス!水分補給足りていますか?

便秘解消に効果的なアドバイスは水分を出来るだけ多く摂取することです。飲み水として最低必要な水分量は1日に約1リットル。排便を促すのにおすすめの時間帯は腸のゴールデンタイムである朝です。がぶ飲みせず少しずつを常温でお水をとるのが便秘にも腸にも優しく効果的です。

便秘による腸内環境の悪化は肝臓の解毒機能を低下させる原因

便秘による腸内環境の悪化は肝臓の解毒機能を低下させる原因

便秘による腸内環境の悪化は肝臓の解毒機能を低下させる原因です。肝臓は栄養の貯蔵、胆汁の作成、解毒など生命維持のため多くの働きをします。腸内の腐敗で悪玉菌が発生させるアンモニアなどの有害物質が血中から肝臓へ流れます。すると肝臓のもつ解毒機能への負担が増大します。

便秘は病気!?患者数1千万人以上!日本初「便秘診療ガイドライン」

便秘は病気!?患者数1千万人以上!日本初「便秘診療ガイドライン」

便秘は病気です。日本初の「便秘診療ガイドライン」の報告がありました。 日本消化器病学会によれば『便秘とは排便の回数や便量が減ること』ですが回数や便量による明確なライン決めをするのが難しかったようです。厚生労働省の調べよれば日本の便秘患者は1千万人以上もいるそうです。

宿便は本当にあるの?気になる口臭は?便秘や腸の悩みや心配について

宿便は本当にあるの?気になる口臭は?便秘や腸の悩みや心配について

便秘や腸の悩みや心配ごとをお持ちの方が本当に多いと感じます。便が大腸内に滞留し続けることは健康を害する原因になります。そこで「宿便は本当にあるの?」「何日ぐらいでないと便秘?」「便秘と口臭は関係がある?」「便秘と下痢どっちが怖い?」便秘や腸の悩みをご紹介。

妊婦が便秘しやすいのは何故?妊娠中の腸内環境の改善策は?

妊婦が便秘しやすいのは何故?妊娠中の腸内環境の改善策は?

妊婦が便秘しやすいのは何故でしょうか?「体のホルモンバランスの変化」「つわりによる食欲不振」「運動不足」「ストレスによる自律神経の乱れ」「子宮による腸管の圧迫」などです。妊娠中の腸内環境の改善は、食物繊維が豊富な食材を積極的に摂取することをお勧めします。

便秘の人は寿命が短い!?腸の老化予防の大切さについて

便秘の人は寿命が短い!?腸の老化予防の大切さについて

便秘の人は寿命が短いという話はウソではありません。腸は最も老化しやすい臓器、つまり寿命が短いことが分かってきました。腸と脳は相関関係にあり、便秘で腸内環境の悪化すれば脳や他の臓器にも悪影響を与えます。 従って、人の寿命には腸の老化予防が何より大切になってきます。

排便時間が短くて便秘解消に効果あるのは洋式トイレ?和式トイレ?

排便時間が短くて便秘解消に効果あるのは洋式トイレ?和式トイレ?

排便のスタイルが便秘や排便時間および残便感に関係するというある研究結果があり、便秘解消に効くのは洋式より和式便器のトイレらしい。和式は、しゃがみ込むことで腸の曲がりがまっすぐに近づき排便がスムーズに。便秘解消には腸を大切にすることと和式便器も見直すのも良いかもしれません。

腸内環境と便秘とダイエットの深い関係!

腸内環境と便秘とダイエットの深い関係!

痩せるための食べないダイエットは腸内環境に良くありません 食べる量を減らせばカロリーオフや糖質制限できますが、ダイエットフードなどでは食物繊維も足りなくり、逆に悪玉菌が増えて便秘がちに。すると、エネルギー消費量が落ちて、基礎代謝も低下し、太りやすくなる体質を招く結果になります。

便秘でイライラ!!トイレでの「いきみ過ぎ」は非常に危険!?

便秘でイライラ!!トイレでの「いきみ過ぎ」は非常に危険!?

便秘でイライラし、トイレでいきみ過ぎるのは非常に危険です。いきむと呼吸が止まり力が入ります。一般的に起こりやすいのが痔ですが、息が止まるので血圧も上昇し、脳卒中の危険性が高まります。イライラすると悪循環陥るので、便秘になってもいきみ過ぎない心の余裕が大切です。

便秘になると不眠になる?腸内環境と睡眠の深い関係

便秘になると不眠になる?腸内環境と睡眠の深い関係

便秘により不眠など睡眠弊害に悩やんでいる方が多いようです。 自律神経の乱れは、腸内環境を悪化させ、便秘の原因になります。また、腸で生成される睡眠に関係が深いメラトニンやセロトニンなどのホルモン分泌にも悪影響を与えます。このように腸内環境と睡眠は深い関係にあるのです。

1 2