「 腸 健康 」一覧

スポンサーリンク
腸内環境の腐敗で便臭やおならがクサい!体臭や口臭の原因にも!

腸内環境の腐敗で便臭やおならがクサい!体臭や口臭の原因にも!

便の臭いは腸内環境の状態を表します。 腸内細菌バランスが崩れ悪玉菌優勢になると腸内環境の腐敗に繋がり、硫化水素、アンモニアなど有害ガスが発生し便臭やおならが臭くなります。また、便が腸内に長く滞留すると便秘や腸から血液に取り込まれ体臭や口臭の原因にもなります。

宿便は存在しないという真実と腸内環境に良い習慣・悪い習慣

宿便は存在しないという真実と腸内環境に良い習慣・悪い習慣

医学用語に「宿便」という言葉は存在しません。腸内環境の悪化は「宿便」ではなく「滞留している便」がもたらしています。腸内を常に良い状態で保てれば、疲れ知らず、病気知らずの健康的な日々を過ごせます。日ごろから腸内環境を良い習慣や悪い習慣をしっかり学んでおきましょう。

宿便を出すため腸内洗浄を実施しても腸内環境の改善にならない理由

宿便を出すため腸内洗浄を実施しても腸内環境の改善にならない理由

便秘に悩む女性で宿便を出す理由で腸内洗浄を実施する方がいます。 腸内洗浄は宿便だけでなくダイエットに効果があるため女優やモデルも実施しているとか。しかし、腸内洗浄は腸内環境の改善にはなりませんし、排便能力の低下、腸内細菌を全部洗い流してしまうなどデメリットも多いようです。

本日放送予定 NHKスペシャル「万病撃退!“腸”が免疫の鍵だった」

本日放送予定 NHKスペシャル「万病撃退!“腸”が免疫の鍵だった」

本日、NHKスペシャル「万病撃退!“腸”が免疫の鍵だった。」が放送予定です。 番組タイトル通り腸には数多く「腸内細菌」たちが活動しており、体の免疫細胞の約70%以上が集中しています。従い、日ごろから腸を整えておくことが、免疫力を高めることにも、健康維持にもつながるのです。

腸管に穴が開く「リーキーガット症候群」とは!?

腸管に穴が開く「リーキーガット症候群」とは!?

リーキーガット症候群(Leaky Gut Syndrome)は、腸管浸漏症候群とも呼ばれます。食べ物などの栄養素は分解され、腸内の細胞の隙間から吸収されるのですが、リッキーガット症候群になると、腸管の粘膜細胞に穴が開き、本来通過出来ない有害菌、ウイルスや食物が漏れ出す現象なのです。

「大腸がん」が増加してるのに「小腸がん」が少ないのは何故?

「大腸がん」が増加してるのに「小腸がん」が少ないのは何故?

「大腸がん」が増加してるのに「小腸がん」が少ないのは何故でしょうか?小腸の神経細胞の殆どが脳から独立して動く一方で、大腸は脳からのストレスを受け易い器官です。 また小腸にはパイエル板という免疫に重要な細胞が点在し、その働きが非常に活発のため、がんなどにも強いことが言えます。

腸内に悪玉菌が多い人の方が認知症になりやすい?

腸内に悪玉菌が多い人の方が認知症になりやすい?

腸内に悪玉菌が多い人の方が認知症になりやすいと言われています。脳内で分泌される神経伝達物質「セロトニン」や「ドーパミン」などのホルモンは腸で作られています。但し、腸の機能が低下すると脳に必要な栄養素が不足してしまうため認知症を招きやすくなると考えられるわけです。

腸のストレス解消に効果的!おススメの5つの方法とは?

腸のストレス解消に効果的!おススメの5つの方法とは?

免疫力アップのためには腸のストレスを解消する必要があります。 それには、腸が自律神経の影響下にあるを理解しておくことが大切です。 消化吸収を行う蠕動運動は自律神経によるものです。 腸のストレス解消に効果的な5つのおススメ方法をご紹介します。

腸にも健康にも良い!食物繊維の驚きの効果とは?

腸にも健康にも良い!食物繊維の驚きの効果とは?

腸にも健康にも良い!食物繊維の効果は、腸壁を刺激し蠕動運動も活発にさせ排便を促したり、コレステロール値を下げる、大腸がんを防ぐ、血糖値の上がり方が緩やかにすることで糖尿病を予防する、腸の消化・吸収を助け、免疫力を高めるなどの働きがあります。

宿便は本当にあるの?気になる口臭は?便秘や腸の悩みや心配について

宿便は本当にあるの?気になる口臭は?便秘や腸の悩みや心配について

便秘や腸の悩みや心配ごとをお持ちの方が本当に多いと感じます。便が大腸内に滞留し続けることは健康を害する原因になります。そこで「宿便は本当にあるの?」「何日ぐらいでないと便秘?」「便秘と口臭は関係がある?」「便秘と下痢どっちが怖い?」便秘や腸の悩みをご紹介。

1 2 3 4 5