「 腸 健康 」一覧

スポンサーリンク
便秘になると不眠になる?腸内環境と睡眠の深い関係

便秘になると不眠になる?腸内環境と睡眠の深い関係

便秘により不眠など睡眠弊害に悩やんでいる方が多いようです。 自律神経の乱れは、腸内環境を悪化させ、便秘の原因になります。また、腸で生成される睡眠に関係が深いメラトニンやセロトニンなどのホルモン分泌にも悪影響を与えます。このように腸内環境と睡眠は深い関係にあるのです。

働く女性はストレスで肌年齢も腸年齢も老化する!?

働く女性はストレスで肌年齢も腸年齢も老化する!?

20代~60代の女性に対し腸年齢テストをした結果、働く女性はストレスで肌年齢も腸年齢も老化することが分かった。ストレスは、悪玉菌の増加、免疫力の低下、腸内環境のバランスの乱れにより便秘や下痢の原因となります。すると肌も張りツヤを失い、肌荒れも増え、肌年齢も老化します。

腸内フローラにいる腸内細菌は、便と一緒にいつか無くなってしまうの?

腸内フローラにいる腸内細菌は、便と一緒にいつか無くなってしまうの?

便の約10%は腸内細菌の死骸が含ます。但し、毎日の排便で排出されるだけでなく腸内細菌は腸内で分裂増殖を繰り返し、腸内フローラを形成します。そして4~5日間体内に滞在した後、便として排出されます。加齢、ストレスなど腸内環境により腸内細菌の量やバランスは日々変化し続けています。

乳酸菌とビフィズス菌の違いって何?

乳酸菌とビフィズス菌の違いって何?

善玉菌の代表である乳酸菌とビフィズス菌の違いは、主に大腸に生息して便秘や下痢など整腸作用があるのがビフィズス菌で、主に小腸に生息して整腸以外にも免疫力を高めたり、アレルギーへの効果があるのが乳酸菌です。いずれも腸内環境を整え、腸内フローラを健康にするため重要な腸内細菌です。

アルコール依存症の人の腸内細菌は悪玉菌などの有害菌が多かった!

アルコール依存症の人の腸内細菌は悪玉菌などの有害菌が多かった!

アルコール依存症の腸内フローラ(腸内細菌)は健康な人よりも通性嫌気性菌が多い傾向にあります。代表的な通性嫌気性菌は、大腸菌、肺炎桿菌、インフルエンザ菌、サルモネラ菌、コレラ菌、腸炎ビブリオ菌などの悪玉菌=有害菌です。飲酒習慣に喫煙習慣が加わることさらにその傾向が増すようです。

原因不明の難病「潰瘍性大腸炎」とは?

原因不明の難病「潰瘍性大腸炎」とは?

潰瘍性大腸炎は大腸の粘膜にびらんや潰瘍ができる大腸の病気です。主な症状は、下痢、下血を伴う軟便、腹痛、残便感など。潰瘍性大腸炎の原因は、ストレス・自己免疫異常・遺伝・食生活・腸内細菌などと言われますが、緩解と再発を繰り返えし、根治が難しいことから国の難病指定にされています。

高齢のがん末期患者(肺がん・大腸がん・乳がん)への抗がん剤治療は効果が無い!?

高齢のがん末期患者(肺がん・大腸がん・乳がん)への抗がん剤治療は効果が無い!?

高齢のがん末期患者(肺がん・大腸がん・乳がん)への抗がん剤治療は、延命効果が少ないと政府と国立がん研究センターが発表。事実、抗がん剤を使わない治療は医療費削減にもなります。今後は、副作用で苦しむ患者のQOL改善への役立つ取組が重要になって行きますね。

甘い飲み物の摂り過ぎは老化と疲れと悪玉菌を増やす原因!

甘い飲み物の摂り過ぎは老化と疲れと悪玉菌を増やす原因!

甘い飲み物の摂り過ぎは老化と活性酸素と悪玉菌を増やす原因になります。肥満、糖尿病や心臓病の発症リスクが高まります。また、血糖値が高くなり過ぎると活性酸素も増加し、老化を促進させます。腸内環境にも悪影響があります。悪玉菌は砂糖と油が大好きなので取り過ぎは便秘にもつながります。

子孫まで悪影響!?とっても大切なお母さんの腸内環境!

子孫まで悪影響!?とっても大切なお母さんの腸内環境!

赤ちゃんは無菌状態で生まれ、母乳を通じて母親の腸内環境が受け継ぎます。乳幼児の腸内細菌はビフィズス菌などの善玉菌に満ちていますが、ジャンクフードやお菓子など乱れた食生活をしてきた母親の腸内細菌は悪玉菌が優勢となり、子供や子孫の腸内環境まで悪影響を与えます。

乳酸菌は「胃がん」の最大原因であるピロリ菌除去にも効果アリ!?

乳酸菌は「胃がん」の最大原因であるピロリ菌除去にも効果アリ!?

ピロリ菌は、酸性の胃の中で唯一生存できる長さ約3-5μmの細菌です。 胃がんの最大の原因とされていますが、乳酸菌がピロリ菌除去にも効果を発揮することが分かってきました。ピロリ菌除菌治療と乳酸菌摂取を併用することで、除菌率をあげる効果が期待できるようです。

1 2 3 4 5