「 腸 病気 」一覧

スポンサーリンク
「大腸がん」が増加してるのに「小腸がん」が少ないのは何故?

「大腸がん」が増加してるのに「小腸がん」が少ないのは何故?

「大腸がん」が増加してるのに「小腸がん」が少ないのは何故でしょうか?小腸の神経細胞の殆どが脳から独立して動く一方で、大腸は脳からのストレスを受け易い器官です。 また小腸にはパイエル板という免疫に重要な細胞が点在し、その働きが非常に活発のため、がんなどにも強いことが言えます。

夏は注意!「食中毒」や「腸管出血性大腸菌」について!

夏は注意!「食中毒」や「腸管出血性大腸菌」について!

夏は「食中毒」や「腸管出血性大腸菌」に注意が必要です。生肉が原因で大問題になったことありました。でも生肉食べないから大丈夫という油断は禁物! 実は、毎日食べている家庭の食事でも腸管出血性大腸菌は、発生しているのです・・・

うつ病と腸内細菌の関係について

うつ病と腸内細菌の関係について

うつ病と腸内細菌の関係が話題になっています。なぜ腸内細菌とうつ病が関係しているのでしょうか?それは幸せホルモンであるセロトニンが作られるためには、腸内細菌(善玉菌)の助けが必要だからです。精神的なストレスで腸内細菌のバランスが崩れると自律神経系の機能に影響するためうつ病になりやすく・・

排便時に出血!!それって大腸がん?それとも痔?

排便時に出血!!それって大腸がん?それとも痔?

日本人女性のがん死亡率第一位である大腸がんは、早期には自覚症状がありません。 ただ、排便の際の出血は見た目に分かりやすいので、大腸がんが気になる方は便の具合をを観察してみるが良いと言えます。痔による出血と大腸がんによる出血の違いは・・

便秘の人は寿命が短い!?腸の老化予防の大切さについて

便秘の人は寿命が短い!?腸の老化予防の大切さについて

便秘の人は寿命が短いという話はウソではありません。腸は最も老化しやすい臓器、つまり寿命が短いことが分かってきました。腸と脳は相関関係にあり、便秘で腸内環境の悪化すれば脳や他の臓器にも悪影響を与えます。 従って、人の寿命には腸の老化予防が何より大切になってきます。

難病「潰瘍性大腸炎」を持病にもつ日本で一番の有名人は?

難病「潰瘍性大腸炎」を持病にもつ日本で一番の有名人は?

潰瘍性大腸炎は大腸の粘膜が傷つき、びらんや潰瘍が生じることで、発熱、腹痛、下痢、血便、嘔吐、貧血などの症状が生じる大腸の炎症性疾患で、難病指定にされていますす この難病である潰瘍性大腸炎を持病にもつ日本で一番の有名人と言えば、安倍晋三内閣総理大臣です。

あなたの腸年齢は実年齢よりも老化してる?「腸年齢チェックテスト」

あなたの腸年齢は実年齢よりも老化してる?「腸年齢チェックテスト」

加齢とともに腸内環境も老化し、善玉菌が減り、悪玉菌が優位になり便秘にもなりやすくなります。ただ、若い人ほど腸の老化が急速に進行していると言われています。あなたの腸年齢は実年齢よりも老化してるかもしれません!「腸年齢チェックテスト」でご自分の腸年齢を診断してみましょう!

低所得者や貧困家庭ほど肥満が多く不健康であるという事実!

低所得者や貧困家庭ほど肥満が多く不健康であるという事実!

低所得者や貧困家庭ほど食事の栄養バランスが悪く、不健康なことは事実です。低所得の人ほど炭水化物の摂取量が多く、野菜の摂取量は低い傾向が見られます。 また、低所得者ほど健康診断を受けず、運動不足や肥満も多く、高額所得者比べ健康管理を上手くできない人の割合も多いようです。

便秘でイライラ!!トイレでの「いきみ過ぎ」は非常に危険!?

便秘でイライラ!!トイレでの「いきみ過ぎ」は非常に危険!?

便秘でイライラし、トイレでいきみ過ぎるのは非常に危険です。いきむと呼吸が止まり力が入ります。一般的に起こりやすいのが痔ですが、息が止まるので血圧も上昇し、脳卒中の危険性が高まります。イライラすると悪循環陥るので、便秘になってもいきみ過ぎない心の余裕が大切です。

慢性疲労症候群は腸内環境の悪化が原因?

慢性疲労症候群は腸内環境の悪化が原因?

慢性疲労症候群は原因不明の難病ですが、腸内環境の悪化が原因なので、腸内環境の改善が症状が緩和する可能性があるとのこと。 慢性疲労症候群はストレスなどで免疫力が低下し、脳の血流や働きに影響を与えて強い疲労感を起こすという説が有力です。まさに、腸脳相関がポイントになります。

スポンサーリンク