「 腸 病気 」一覧

スポンサーリンク
便秘でイライラ!!トイレでの「いきみ過ぎ」は非常に危険!?

便秘でイライラ!!トイレでの「いきみ過ぎ」は非常に危険!?

便秘でイライラし、トイレでいきみ過ぎるのは非常に危険です。いきむと呼吸が止まり力が入ります。一般的に起こりやすいのが痔ですが、息が止まるので血圧も上昇し、脳卒中の危険性が高まります。イライラすると悪循環陥るので、便秘になってもいきみ過ぎない心の余裕が大切です。

慢性疲労症候群は腸内環境の悪化が原因?

慢性疲労症候群は腸内環境の悪化が原因?

慢性疲労症候群は原因不明の難病ですが、腸内環境の悪化が原因なので、腸内環境の改善が症状が緩和する可能性があるとのこと。 慢性疲労症候群はストレスなどで免疫力が低下し、脳の血流や働きに影響を与えて強い疲労感を起こすという説が有力です。まさに、腸脳相関がポイントになります。

便秘になると不眠になる?腸内環境と睡眠の深い関係

便秘になると不眠になる?腸内環境と睡眠の深い関係

便秘により不眠など睡眠弊害に悩やんでいる方が多いようです。 自律神経の乱れは、腸内環境を悪化させ、便秘の原因になります。また、腸で生成される睡眠に関係が深いメラトニンやセロトニンなどのホルモン分泌にも悪影響を与えます。このように腸内環境と睡眠は深い関係にあるのです。

働く女性はストレスで肌年齢も腸年齢も老化する!?

働く女性はストレスで肌年齢も腸年齢も老化する!?

20代~60代の女性に対し腸年齢テストをした結果、働く女性はストレスで肌年齢も腸年齢も老化することが分かった。ストレスは、悪玉菌の増加、免疫力の低下、腸内環境のバランスの乱れにより便秘や下痢の原因となります。すると肌も張りツヤを失い、肌荒れも増え、肌年齢も老化します。

アルコール依存症の人の腸内細菌は悪玉菌などの有害菌が多かった!

アルコール依存症の人の腸内細菌は悪玉菌などの有害菌が多かった!

アルコール依存症の腸内フローラ(腸内細菌)は健康な人よりも通性嫌気性菌が多い傾向にあります。代表的な通性嫌気性菌は、大腸菌、肺炎桿菌、インフルエンザ菌、サルモネラ菌、コレラ菌、腸炎ビブリオ菌などの悪玉菌=有害菌です。飲酒習慣に喫煙習慣が加わることさらにその傾向が増すようです。

原因不明の難病「潰瘍性大腸炎」とは?

原因不明の難病「潰瘍性大腸炎」とは?

潰瘍性大腸炎は大腸の粘膜にびらんや潰瘍ができる大腸の病気です。主な症状は、下痢、下血を伴う軟便、腹痛、残便感など。潰瘍性大腸炎の原因は、ストレス・自己免疫異常・遺伝・食生活・腸内細菌などと言われますが、緩解と再発を繰り返えし、根治が難しいことから国の難病指定にされています。

高齢のがん末期患者(肺がん・大腸がん・乳がん)への抗がん剤治療は効果が無い!?

高齢のがん末期患者(肺がん・大腸がん・乳がん)への抗がん剤治療は効果が無い!?

高齢のがん末期患者(肺がん・大腸がん・乳がん)への抗がん剤治療は、延命効果が少ないと政府と国立がん研究センターが発表。事実、抗がん剤を使わない治療は医療費削減にもなります。今後は、副作用で苦しむ患者のQOL改善への役立つ取組が重要になって行きますね。

子孫まで悪影響!?とっても大切なお母さんの腸内環境!

子孫まで悪影響!?とっても大切なお母さんの腸内環境!

赤ちゃんは無菌状態で生まれ、母乳を通じて母親の腸内環境が受け継ぎます。乳幼児の腸内細菌はビフィズス菌などの善玉菌に満ちていますが、ジャンクフードやお菓子など乱れた食生活をしてきた母親の腸内細菌は悪玉菌が優勢となり、子供や子孫の腸内環境まで悪影響を与えます。

女性1,000人に質問「何日以上、便通がないと便秘ですか?」

女性1,000人に質問「何日以上、便通がないと便秘ですか?」

女性1,000人を対象とした「便通リポート」によれば3日以上便通がなくて初めて便秘と思う方が60%以上もいたそうです。 便秘には多くの原因が重なりあっていますが、見直すべきは食事の内容です。 特に、お肉=動物性たんぱく質を取りすぎないことと食物繊維の不足を補うことです。

「善玉菌と悪玉菌」vs「抗生物質」の仁義なき戦い!?腸内細菌ゲームが登場!

「善玉菌と悪玉菌」vs「抗生物質」の仁義なき戦い!?腸内細菌ゲームが登場!

腸内細菌の戦いを陣取りゲームにした腸内細菌ボードゲーム「バクテロイゴ」。腸内細菌の大切さをゲームで学べます。中でも注目したのは「抗生物質」。 抗生物質は、感染症から人を救ういますが、過剰摂取は、腸内細菌も殺してしまうので、下痢や免疫力を低下させてしまう原因にもなります。

1 2 3