「 食べ物 健康 」一覧

スポンサーリンク
腸管出血性大腸菌O157に感染による集団食中毒について

腸管出血性大腸菌O157に感染による集団食中毒について

腸管出血性大腸菌O157に感染による集団食中毒に関連し、夏休みに家族で帰省した3歳になる女の子がで亡くなりました。「O157」は感染力が強く、「ベロ毒素」と呼ばれる猛毒を産生する大腸菌感染症です。 その症状は、激しい下痢や腹痛、発熱、腸管からの出血や血便など・・

炭水化物や糖分の取り過ぎはなぜ体に悪いのか?

炭水化物や糖分の取り過ぎはなぜ体に悪いのか?

炭水化物や糖分の取り過ぎはなぜ体に悪いのでしょうか?1つは体の中で余分な糖がAGEs(糖化最終生成物)という老化物質を生成することで老化を早めることが言えます。 もう一つは、炭水化物は血糖値を上昇させて、インスリンの過剰分泌を促進させて糖尿病の原因を作るからです。

年とともに食べ物の好みが変わるのは腸のせい?

年とともに食べ物の好みが変わるのは腸のせい?

年とともに食べ物の価値や嗜好が変わってきますよね。その理由は、加齢による体の変化を腸が感知して、脳へ働きかけるために起こるのではないかと言われています。 食べたい物を決めているもの腸が脳へ指令を出していると考えるとその疑問も理解できる気がします。

NK細胞を活性化する身近な食べ物~納豆・発酵食品・キノコ類

NK細胞を活性化する身近な食べ物~納豆・発酵食品・キノコ類

奥村康先生は免疫学の国際的な権威である順天堂大学医学部名誉教授の奥村康先生も著書の中で、がんを予防するためには、NK(ナチュラルキラー)細胞を活性化することがとても大切であると述べられていました。実は、手軽に摂取できる食べ物を通じて、NK細胞を活性化することが可能です。

夏は注意!「食中毒」や「腸管出血性大腸菌」について!

夏は注意!「食中毒」や「腸管出血性大腸菌」について!

夏は「食中毒」や「腸管出血性大腸菌」に注意が必要です。生肉が原因で大問題になったことありました。でも生肉食べないから大丈夫という油断は禁物! 実は、毎日食べている家庭の食事でも腸管出血性大腸菌は、発生しているのです・・・

エイジングケアの必須成分!「ビタミンC」が持つ強力な抗酸化力とは!?

エイジングケアの必須成分!「ビタミンC」が持つ強力な抗酸化力とは!?

ビタミンCには酸化した物質を元の状態に戻す強い還元力があります。強力な抗酸化物質であり、エイジングケアの必須成分です。ビタミンCは 「老化や酸化の抑制」「免疫力を高める」「コラーゲンの生成を助ける」「メラニン生成を抑制する」「鉄の吸収を高める」などの働きを持っています。

増え続ける女性の「アルコール依存症」の危険性について

増え続ける女性の「アルコール依存症」の危険性について

年々女性の「アルコール依存症」が増えてます。アルコール依存症の危険性は心身ともに飲酒に依存してしまうことです。症状が進めば、仕事上のトラブル、人間関係の悪化、失業や貧困にもつながるだけでなく、腸内環境の悪化や肝硬変、肝臓がん、認知症など生活習慣病の原因となります。

腸にも健康にも良い!食物繊維の驚きの効果とは?

腸にも健康にも良い!食物繊維の驚きの効果とは?

腸にも健康にも良い!食物繊維の効果は、腸壁を刺激し蠕動運動も活発にさせ排便を促したり、コレステロール値を下げる、大腸がんを防ぐ、血糖値の上がり方が緩やかにすることで糖尿病を予防する、腸の消化・吸収を助け、免疫力を高めるなどの働きがあります。

栄養の宝庫!日本のスーパーフード”味噌”のパワー

栄養の宝庫!日本のスーパーフード”味噌”のパワー

発酵食品である味噌はタンパク質、脂質、炭水化物、アミノ酸やビタミン類、葉酸、ピオチン、ナトリウム、カリウム、カルシウムなどのミネラルを多く含む栄養の宝庫。他にも乳酸菌やイソフラボン、サポニン、酵素、食物繊維、不飽和脂肪酸など健康に良い成分いっぱいの日本のスーパーフードです。

スポンサーリンク