「 食べ物 健康 」一覧

スポンサーリンク
プロテインでお腹の調子が悪くなる?腸内環境を悪化させる理由

プロテインでお腹の調子が悪くなる?腸内環境を悪化させる理由

プロテインとはたんぱく質のことです。たんぱく質は20種類のアミノ酸からなり、皮膚や筋肉、血液、骨などの構成成分です。最後にアンモニアに変わるので過剰摂取は解毒のため肝臓に負担をかけます。また生活習慣病など健康障害や腸内細菌の悪玉菌の栄養になるため腸内環境悪化の原因にもなります。

芸能人も悩むパニック障害は脳内ホルモンであるセロトニンがカギ

芸能人も悩むパニック障害は脳内ホルモンであるセロトニンがカギ

パニック障害の特徴は、原因不明のパニック発作を起こすことです。パニック障害は睡眠に関係深い神経伝達物質セロトニンという脳内ホルモン不足が発症原因と考えられます。トリプトファンを原料にするセロトニンは約90%が腸内で作られますので、睡眠・食事・腸を整えることが大切です。

慢性的なマグネシウムの摂取不足は生活習慣病のリスクを高める!

慢性的なマグネシウムの摂取不足は生活習慣病のリスクを高める!

マグネシウムは体のミネラルバランスを調整する働きがあります。 筋肉の収縮や神経、体温・血圧の調整にも使われています。 マグネシウム不足は、不整脈、抑うつ状態、神経過敏などの他、心疾患、動脈硬化、骨粗鬆症、糖尿病、高血圧など生活習慣病のリスクを高める可能性が指摘されています。

糖質の取り過ぎは腸内環境悪化の原因!?血糖値と腸内環境の関係

糖質の取り過ぎは腸内環境悪化の原因!?血糖値と腸内環境の関係

糖質の取り過ぎは腸内環境悪化の原因と関係があります。糖質の過剰摂取は血糖値を急上昇させ、インスリンの大量分泌につながります。すると脂肪細胞が増えて肥満の原因にもなります。さらに糖質の過剰摂取は高血糖を招き、腸内環境が乱れ善玉菌が減少し、悪玉菌が増加に傾きます。

子供の口腔崩壊が危ない!虫歯のない歯は全身の健康につながる!

子供の口腔崩壊が危ない!虫歯のない歯は全身の健康につながる!

虫歯のない歯は腸力・唾液力・脳の発育など全身の健康につながります。 子供の口腔崩壊が危惧されていますが歯の虫歯放置は虐待といってもいいすぎではありません。食育と歯のケアを子供にしっかりと教えてあげることは孫世代以降の健康にもつながることをしっかりと認識すべきです。

体温低下と朝食抜きは子供の免疫力を弱める原因!

体温低下と朝食抜きは子供の免疫力を弱める原因!

体温低下とと朝食抜きは子供の免疫力を弱める原因です。昔の比べ外で遊ぶことが少ないので運動不足や筋力不足にもなり、体温が下がっています。体温低下が免疫力が低下につながります。また、朝食は体温が上昇させます。逆に朝食を抜くと体温が上がらず、免疫力の低下の原因にもなります。

花粉症は免疫の過剰反応!おすすめの花粉症対策や食べ物について

花粉症は免疫の過剰反応!おすすめの花粉症対策や食べ物について

花粉症などのアレルギー症状は免疫の過剰反応が原因です!おすすめの花粉症対策や予防法は「量を少なくする」「持ち込まない」「症状を少なくする」こと。また、カテキンやビタミン、ポリフェノールが多く含まれる緑茶や甜茶や腸内環境を整える発酵食品や乳酸菌が花粉症対策におすすめの食べ物です。

腸内の善玉菌を増やすには?善玉菌の多いおすすめの食べ物とは?

腸内の善玉菌を増やすには?善玉菌の多いおすすめの食べ物とは?

腸内には乳酸菌やビフィズス菌を代表とする善玉菌と有害菌である悪玉菌などの腸内細菌が存在します。免疫力を高めるためにも善玉菌を多くしておくこと重要です。善玉菌を増やすにはどのようにすれば良い?善玉菌を増やすおすすめの方法や食べ物やサプリメントなどご紹介いたします。

免疫力を高める食べ物のヒント!上手に食事をとって免疫力アップ♪

免疫力を高める食べ物のヒント!上手に食事をとって免疫力アップ♪

寒さに負けないために、日頃から免疫力を高める食事や食べ物をとるためには、日本伝統の玄米菜食中心の食生活にそのヒントがあります。「食材をまるごと食べる」「発酵食品を食べる」「食物繊維を豊富にとる」などポイントを押さえて、免疫力をアップさせましょう。

1 2 3 4