「 食べ物 健康 」一覧

スポンサーリンク
早食いは肥満のもとになる理由はなぜ!?噛むことと肥満の関係!

早食いは肥満のもとになる理由はなぜ!?噛むことと肥満の関係!

早食いは肥満のもとです。理由はなぜかというと噛むことと肥満は密接な関係があります。食べた物が胃で消化されると血糖値が上昇し、中枢神経や脳内に伝わり、お腹が満たされたという指令が出ます。しかし早食いの人は満腹の指令が脳から出る前に必要以上の食べ物を食べ過ぎてしまうのです。

5月15日はヨーグルトの日!腸内細菌を元気にするおすすめの食べ方は?

5月15日はヨーグルトの日!腸内細菌を元気にするおすすめの食べ方は?

お手軽にビフィズス菌や乳酸菌を摂取できるヨーグルト。ただ、ヨーグルト内の乳酸菌は生きて腸には届きません。また、腸に良い働きはするものの、ヨーグルトの乳酸菌自体が住み着くこともありません。おすすめは、ビタミンや抗酸化成分が豊富なドライフルーツやナッツ類を混ぜて食べることです。

低所得者や貧困家庭ほど肥満が多く不健康であるという事実!

低所得者や貧困家庭ほど肥満が多く不健康であるという事実!

低所得者や貧困家庭ほど食事の栄養バランスが悪く、不健康なことは事実です。低所得の人ほど炭水化物の摂取量が多く、野菜の摂取量は低い傾向が見られます。 また、低所得者ほど健康診断を受けず、運動不足や肥満も多く、高額所得者比べ健康管理を上手くできない人の割合も多いようです。

アルコール依存症の人の腸内細菌は悪玉菌などの有害菌が多かった!

アルコール依存症の人の腸内細菌は悪玉菌などの有害菌が多かった!

アルコール依存症の腸内フローラ(腸内細菌)は健康な人よりも通性嫌気性菌が多い傾向にあります。代表的な通性嫌気性菌は、大腸菌、肺炎桿菌、インフルエンザ菌、サルモネラ菌、コレラ菌、腸炎ビブリオ菌などの悪玉菌=有害菌です。飲酒習慣に喫煙習慣が加わることさらにその傾向が増すようです。

甘い飲み物の摂り過ぎは老化と活性酸素と悪玉菌を増やす原因!

甘い飲み物の摂り過ぎは老化と活性酸素と悪玉菌を増やす原因!

甘い飲み物の摂り過ぎは老化と活性酸素と悪玉菌を増やす原因になります。肥満、糖尿病や心臓病の発症リスクが高まります。また、血糖値が高くなり過ぎると活性酸素も増加し、老化を促進させます。腸内環境にも悪影響があります。悪玉菌は砂糖と油が大好きなので取り過ぎは便秘にもつながります。

長生きの秘訣は食文化と腸内細菌にアリ!!

長生きの秘訣は食文化と腸内細菌にアリ!!

近年、腸内細菌は病気や健康との関連が指摘されいます。事実、人の長生きや平均寿命などにも関係しています。我々日本人は、植物性の乳酸菌である味噌、納豆やぬか漬けなど食生活に上手に取り入れてきました。 従って、長生きの秘訣が食文化や腸内細菌にあることを昔から知っていたのかもしれません。

糖質制限にもピッタリ!食物繊維も豊富なおススメ「ナッツ類」7つ♪

糖質制限にもピッタリ!食物繊維も豊富なおススメ「ナッツ類」7つ♪

ナッツは、高カロリーのイメージがありますが、食物繊維が豊富で便秘解消にも役立ちます。その他、良質の脂肪やカリウム、ミネラル、ビタミンなどを含んでおり、非常に栄養価の高い食品です。体の老化や酸化防止にも効果があり、糖質制限にもぴったりなおススメ「ナッツ類」7つをご紹介します。

お口の中は細菌がいっぱい!歯周病がやっかいな理由は!?

お口の中は細菌がいっぱい!歯周病がやっかいな理由は!?

歯周病とは、歯周組織が歯垢に含まれている細菌に感染し、歯肉が腫れたり、出血したり、最後には歯が抜けてしまう病気で、口臭などの原因にもなります。国内の成人の約80%が歯周病と言われています。最近、乳酸菌が腸内だけでなく歯周病や虫歯などの口内細菌にも役立つことがわかってきました。

健康効果バツグン!!黒豆納豆ってご存知ですか?

健康効果バツグン!!黒豆納豆ってご存知ですか?

納豆の健康効果と言えば、血栓を溶かす血液サラサラ成分であるナットウキナーゼが有名ですが、黒豆納豆には「アントシアニン」色素成分が豊富に含まれています。 アントシアニンは、ポリフェノールの一種で抗酸化力に優れ、視力改善作用を始め、健康にとても良い成分です。

スポンサーリンク