夏は用心!身近に潜む「自律神経失調症」について~その1

スポンサーリンク

健康一番!!ヘルシーワンショッピング店長の齋藤です。
今年も猛暑が予想されていますね。
夏場に意外と多いのが自律神経失調症で悩まれる女性です。

夏場に意外と多い自律神経失調症で悩まれる女性
ストレスの多い環境にいる方はもちろんですが、外は炎天下で35℃、電車や仕事場は冷房にさらされるなど寒暖の差が激しいことが原因です。
また、冷たい飲み物を飲む機会も急に増えます。

その結果、交感神経と副交感神軽のバランスが崩れて自律神経を乱す可能性が高くなります。

自律神経失調症は誰でもなる可能性ある症状です。

自律神経失調症とは?

自律神経失調症は、交感神経と副交感神経の2つから成る自律神経のバランスが崩れることによって体に起こる様々な症状の総称です。
圧倒的に女性に多く見られる症状ですが、ストレス社会となった今日では、男性にも自律神経失調症の症状を訴える方が増えてきました。

自律神経失調症の問題点は、体調がおかしいにも関わらず、病院などで診察や検査を受けても、特別に異常が見つからない場合も多いことです。

自律神経失調症の主な症状はめまい、イライラ、頭痛、肩こり、食欲不振、便秘、下痢、不眠、汗が止まらないなどです

画像引用:http://www.goo.gl/KWMMge

主な症状は、

眠れない
めまい
イライラする
頭痛がする
肩がこる
食欲がない
便秘
下痢
汗が止まらない
冷え
しびれ

など具体的な病気という程ではないため、他人にはなかなか理解してもらえず、職場や家庭内の人間関係にも影響してしまいます。

そのような生活環境がさらに自律神経失調症の症状を悪化させる原因となります。

そもそも自律神経ってどんな神経?

自律神経とは、自分の意志では働かすことのできない、体の機能を自動的にコントロールしている神経のことです。

例えば、心臓の動きや呼吸、胃腸の働き、血液の巡りなどは、私たちが意識しなくても勝手に調整されていますよね。
これの機能をコントロールしてくれているのが自律神経なのです。

自律神経とは、自分の意志では働かすことのできない、体の機能を自動的にコントロールしている神経

画像引用:http://www.goo.gl/RYBR4A

自律神経には、交感神経と副交感神経があり、この2つの神経が1日の生活リズムや環境の変化に、お互いに相反する作用を行ってバランスをとることにより私たちの健康は保たれている訳なのです。

自律神経には、交感神経と副交感神経があります

「交感神経」とは

身体が活発に活動するとき、緊張しているときに優位に働く、寝てても働く神経です。

交感神経が働くと、心臓の働きが活発になって鼓動が早くなり、瞳孔が開き、血管が収縮し、胃腸の働きが抑えられるなどします。
生命維持に必要な呼吸や心臓、血液、消化吸収など、様々な機能をコントロールしている神経なのです。

「副交感神経」とは

身体がリラックスしているときに優位に働く、寝てても働く神経です。

心臓の働きが緩やかになり、瞳孔が縮小し、血管が拡張し、胃腸の働きが活発になります。

昼間の緊張をゆるめ、心身を休息させるための神経になります。

交感神経と副交感神経のバランスが乱れると自律神経失調症になる

何らかの理由で交感神経と副交感神経のバランスが乱れた結果が自律神経失調症ということになります

何らかの理由で交感神経と副交感神経のバランスが乱れた結果が自律神経失調症ということになります。

具体的には何が2つの神経のバランスを崩す原因となるのでしょうか?

さまざまな要因が考えられますが、主な理由は

「その人のもともとの性格」「生活リズムの乱れ」「環境の変化によるストレス」など「身体的と精神的」な要素が上げられます。

次回、「夏は用心!身近に潜む「自律神経失調症」について~その2」では、自律神経失調症の原因について詳しく説明していきたいと思います。

いつまでも元気な秘訣は腸にあった!!
乳酸菌サプリメント「メガサンA150」♪
腸が元気なことが健康の基本│ 乳酸菌サプリメント「メガサンA150」

健康ブログランキング掲載中
クリックお願い致します(^^)
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする