お腹へも身体へ優しい「ホットヨーグルト」で健康ダイエット

スポンサーリンク

健康一番!!ヘルシーワンショッピングです!
このブログでは読者の皆さまのお役に立てる健康情報をチェックしてお届けします。

ところで皆さんは、ホットヨーグルトってご存知ですか?

ホットヨーグルトはダイエットにも優れた効果を発揮する?

乳酸菌が腸内環境を整えたり、免疫力を高めたりする効果があることはご存じかと思いますが、ホットヨーグルトはダイエットにも優れた効果を発揮するとか!

なぜホットヨーグルトが良い?

通常、ヨーグルトは温めず冷蔵庫で冷やして冷たいまま頂きますよね。

ヨーグルトが私たちの健康に良い影響を与える食べものだということは周知の事実かと思います。

ブルガリア地方に元気なお年寄りが多いことに着目したロシア人の科学者が、ヨーグルトを食べることでヨーグルトに含まれる乳酸菌が健康に良いと提唱
もともと、ブルガリア地方に元気なお年寄りが多いことに着目したロシア人の科学者が、ヨーグルトを食べることでヨーグルトに含まれる乳酸菌が健康に良い提唱したことがきっかけといわれています。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌が便秘解消はもちろん、善玉菌を増やし悪玉菌を抑えることでの腸内免疫のアップ、美肌やアレルギーケアなどにも良い食材であることは周知の事実であります

今日では、ヨーグルトに含まれる乳酸菌が便秘解消はもちろん、善玉菌を増やし悪玉菌を抑えることでの腸内免疫のアップ美肌やアレルギーケアなどにも良い食材であることは周知の事実であります。

特別な乳酸菌が一兆個も!
腸が元気ならカラダも元気
特別な乳酸菌EF2001が一兆個も! 腸が元気ならカラダも元気「メガサンA150」
また、乳酸菌は一般的に冷たい状態より暖かい状態のほうが活性度が高いと言われています。

もちろん、生きたまま腸に届くことを前提にしておりますが、冷たい環境より腸内の暖かい環境の方が乳酸菌の働きも良いってことになりますよね。

暖かいヨーグルトのほうがダイエット効果も高い

結局、冷たい食物全般に言えますがお腹を冷やすことで身体の代謝が上がらず、結果痩せにくいカラダになってしまうことになります。

暖かいヨーグルトのほうがダイエット効果も高い

つまり、お腹へも身体へも冷たいより暖かいヨーグルトのほうが優しくダイエット効果も高いということになりますね。

では、このホットヨーグルトいつ食べるのがより効果的なんでしょうか?

これも腸の働きが最も活発になる「腸のゴールデンタイム」=午後10時~午前2時ごろがベストのタイミングと言われております。

「腸のゴールデンタイム」=午後10時~午前2時ごろ 乳酸菌が腸を活性化し、腸内バランスを整えることで健康的で太りにくい体質作りに役立つとされています

夜のこの時間帯は、乳酸菌が腸を活性化し、腸内バランスを整えることで健康的で太りにくい体質作りに役立つとされています。

また、歯周病菌の繁殖を抑えたり、口内環境改善にも一役かってくれるんですよ。

歯周病菌の繁殖を抑えたり、口内環境改善にも一役かってくれます

なので、この時間より前に甘いヨーグルトではなく無糖のプレーンヨーグルトを摂取することをお勧め致します!

腸ゲンキの秘訣は特別な乳酸菌のチカラ
乳酸菌サプリメント「メガサンA150」♪
腸ゲンキの秘訣は特別な乳酸菌のチカラ│乳酸菌サプリメント「メガサンA150」

健康ブログランキング掲載中
クリックお願い致します(^^)
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする