腸が悪いと病気になりやすい理由は?

スポンサーリンク

健康一番!!ヘルシーワンショッピングです!

このブログでは読者の皆さまのお役に立てる健康情報を厳選チェックしてお届けしております。
今回のお話は「腸が悪いと病気になりやすい理由」についてです。

腸が悪いと病気になりやすい理由は?

ブログでもご紹介した通り、日本人の腸はもともと「低脂肪・ 高繊維」の食事に適応してきたのですが、近年急速に「高脂肪・低繊維」の食事へと変化してきました。

日本人の腸はもともと「低脂肪・ 高繊維」の食事に適応してきたのですが、近年急速に「高脂肪・低繊維」の食事へと変化してきました

さらに加工食品やインスタント食品など栄養バランスの悪い食事も多く摂取するようになってきました。

また、老化、ストレス、睡眠不足、過労、抗生物質の服用等などで腸はダメージが溜まり、結果として善玉菌が減り、悪玉菌が増えるといった悪循環に陥ります。

ストレスは腸の免疫の乱れの大敵で、腸内細菌のバランスが崩れやすくなります

特にストレスは腸の免疫の乱れの大敵で、腸内細菌のバランスが崩れやすくなります。

このように腸に入ってくるものの量・質・内容の変化により、腸内細菌のバランスに乱れが腸の健康の乱れの大きな原因となります。

体を守る特別な乳酸菌が1兆個│乳酸菌サプリメント「メガサンA150」
人生は腸で決まる!腸が元気で体も元気
体を守る力を高める乳酸菌メガサンA150

腸内細菌の主な役割は何?

腸は、体の要であり、消化吸収にプラスして体を防御する免疫細胞が集中する場所です。

そんな、腸内環境を整えるための主役となる腸内細菌の主な役割は3つあります。

腸内環境の主役である腸内細菌の役割とは?

有害なものが腸に感染するのを防ぐ

腸内に住み着いて壁面を覆うことにより侵入した病原菌や有害菌の増殖を防ぎ、感染から私たちを守っています。

腸内細菌は、人の腸内に住み着いて侵入した病原菌や有害菌の増殖を防ぎ、感染から私たちを守っています

免疫の働きを活性化する

腸の免疫の仕組みを刺激して免疫の働きを活性化する。

消化を促進する

消化を助ける酵素を分泌して腸の働きを活発にし、消化を促進する また、コレステロールや中性脂肪などの脂質の消化、吸収をコントロールしたり、余分な脂質の排泄を促進する

腸内細菌のバランスが崩れると免疫システムにエラーが発生

腸内細菌の役割をみると分かる通り、体の健康を守るためによても重要な働きをしていますよね。

腸内細菌のバランスが崩れると、腸内の免疫細胞が有害物質やウイルスなどを感知できなくなり、有害なのか無害なのかの仕組みにエラーが発生するようになります。

腸内細菌のバランスが崩れると、腸内の免疫細胞が有害物質やウイルスなどを感知できなくなり、有害なのか無害なのかの仕組みにエラーが発生するようになります

逆に無害なものまで攻撃してしまうという免疫システムが異常などが発生したりすることで体の抵抗力が弱くなっていきます。

その結果、免疫力が低下することで、病気にかかりやすくなってしまうのです

腸ゲンキの秘訣は特別な乳酸菌のチカラ
乳酸菌サプリメント「メガサンA150」♪
免疫力を高める特別な乳酸菌│乳酸菌サプリメント「メガサンA150」

健康ブログランキング掲載中
クリックお願い致します(^^)
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする