あの「ロキソニン」に重大な副作用?小腸・大腸の潰瘍など気になるニュース!!

スポンサーリンク

健康一番!!ヘルシーワンショッピングです!
先日ヤフーのニュースをみてちょっと気になる記事が載ってきました。

それは、頭痛や生理痛などの薬で有名な「ロキソニン」についてです。

医薬品医療機器総合機構(PMDA)は22日、消炎や鎮痛などの効能・効果がある「ロキソプロフェンナトリウム水和物」(商品名・ロキソニン錠60mg、同細粒10%、ロキソプロフェンナトリウム内服液60mgなど)の使用上の注意について、厚生労働省が「重大な副作用」の項目に「小腸・大腸の狭窄・閉塞」を追記するよう指示を出したと発表した。 出典:Yahoo!ニュース

医薬品医療機器総合機構って?

医薬品医療機器総合機構(PMDA)とは、独立行政法人医薬品医療機器総合機構のことで医薬品の副作用や安全性を調査したり、健康被害がないかどうかなどを製薬会社に対し管理指導する特殊法人のことです。

同社のHPにを検索したところ確かに該当する記事がありました。

【医薬品名】ロキソプロフェンナトリウム水和物(経口剤) 【措置内容】以下のように使用上の注意を改めること。 [副作用]の「重大な副作用」の項に 「小腸・大腸の狭窄・閉塞: 小腸・大腸の潰瘍に伴い、狭窄・閉塞があらわれることがあるので、観察を十分に行い、悪心・嘔吐、腹痛、腹部膨満等の症状が認められた場 合には直ちに投与を中止し、適切な処置を行うこと。」 を追記する。 (注)患者向医薬品ガイドを作成する医薬品に特定する。 出典:独立行政法人医薬品医療機器総合機構

ロキソニンは結構有名な薬ですよね。

第一三共株式会社が「ロキソニンS」の名前で製造販売しており、私も以前、頭痛の際に利用させてもらったことがあります。

タレントや芸能人を使ったテレビコマーシャルも良く目にします。

痛みどめなどで広く利用されて頭痛、生理痛、関節痛などさまざまな場面で処方される消炎や鎮痛効果の高いお薬だと思います。

薬局でも対面販売しています。

効能・効果 ○頭痛・月経痛(生理痛)・歯痛・抜歯後の疼痛・咽喉痛・腰痛・関節痛・神経痛・筋肉痛・肩こり痛・耳痛・打撲痛・骨折痛・ねんざ痛・外傷痛の鎮痛 ○悪寒・発熱時の解熱 出典:ロキソニンS(詳細)第一三共ヘルスケア株式会社

ただ、ロキソニンは、痛み止めとしては優秀な薬だそうですが、もともと副作用の多いお薬なんだそうです。

だから15歳以上じゃないと飲めないんですかね。

薬には副作用がある!使用上の注意はよく読んで!

医者や薬剤師ではありませんので詳しい内容は分かりかねますが、第一三共ヘルスケア株式会社のWEBサイトにも「使用上の注意改訂について」という項目に副作用などが記載されていますので参考までに。

もちろん、ロキソニンに関わらず、薬を正しく利用しても副作用を完全に防ぐことはできませんよね。

確かに強いお薬は反動も大きく、胃や腸や腸内細菌へも悪い影響を与えるケースがあります。 原則的には医者や薬剤師の指導のもと利用すれば良いと思いますがあまりに過信しすぎると怖いですよね。

やはり、闇雲に薬に頼らず、自分の内側から体を守るチカラを日々高めていきたいですよね!

腸ゲンキの秘訣は特別な乳酸菌のチカラ
乳酸菌サプリメント「メガサンA150」♪

健康ブログランキング掲載中
クリックお願い致します(^^)
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする