スポンサーリンク
がん細胞を殺す免疫力アップのキーマン「NK細胞」を増やすには?

がん細胞を殺す免疫力アップのキーマン「NK細胞」を増やすには?

免疫力アップのキーマン「NK細胞(ナチュラルキラー細胞)」を増やすにはどうしたら良いでしょうか?NK細胞は、血液中に存在する免疫細胞の一種で、全身を巡り「がん」を見つけて攻撃するリンパ球です。がんには強いNK細胞ですが、悲しみや精神的なストレスに弱く・・

妊婦が便秘しやすいのは何故?妊娠中の腸内環境の改善策は?

妊婦が便秘しやすいのは何故?妊娠中の腸内環境の改善策は?

妊婦が便秘しやすいのは何故でしょうか?「体のホルモンバランスの変化」「つわりによる食欲不振」「運動不足」「ストレスによる自律神経の乱れ」「子宮による腸管の圧迫」などです。妊娠中の腸内環境の改善は、食物繊維が豊富な食材を積極的に摂取することをお勧めします。

免疫力が低下した口の中は細菌だらけ!崩れる口内フローラのバランス

免疫力が低下した口の中は細菌だらけ!崩れる口内フローラのバランス

口の中には「口内細菌」が数百種、数千億個棲んでいます。腸内細菌と同様にお口の中でもバランスを取り「口内フローラ」を形成し口腔内の健康に役立っています。但し、口内フローラのバランスは崩れやすく、免疫力が低下すると歯周病菌、ミュータンス菌などが血管内にすぐ入ってきます。すると・・

加齢による毛細血管の老化は免疫力の低下やたるみやむくみの原因!

加齢による毛細血管の老化は免疫力の低下やたるみやむくみの原因!

健康のカギを握る血液、中でも体中の毛細血管が注目されています。毛細血管の老化は免疫力低下につながるとされる理由は、この毛細血管こそが、栄養を運び、老廃物を回収し、免疫細胞が活躍する極めて重要な役割を持ってからです。但し、毛細血管は老化・減少してしまいます・・

暑さに負けない!免疫力を高める食べ物~おススメ夏野菜7選

暑さに負けない!免疫力を高める食べ物~おススメ夏野菜7選

今年の夏も猛暑の予測!暑さに負けず体の中からと元気になりですよね。 そこで、ヘルシーワンショッピングが厳選したファイトケミカルの代名詞「免疫力を高める食べ物~おススメ夏野菜7選」を先取りご紹介! 旬の野菜は栄養価も高く体のバランスを整え免疫力を上げる効果が期待できます!

本当に”がん”より怖い?『誤嚥性肺炎』について

本当に”がん”より怖い?『誤嚥性肺炎』について

週刊新潮で「がんより怖い『誤嚥性肺炎』を防ぐ完全ガイド」というショッキングな記事を目にしました。誤嚥性肺炎は、誤嚥によって細菌が唾液や胃液と一緒に肺に流れ込んでしまい、細菌が繁殖して炎症が起きる病気です。高齢者の肺炎の70%以上が誤嚥に関係していると言われてる。

便秘の人は寿命が短い!?腸の老化予防の大切さについて

便秘の人は寿命が短い!?腸の老化予防の大切さについて

便秘の人は寿命が短いという話はウソではありません。腸は最も老化しやすい臓器、つまり寿命が短いことが分かってきました。腸と脳は相関関係にあり、便秘で腸内環境の悪化すれば脳や他の臓器にも悪影響を与えます。 従って、人の寿命には腸の老化予防が何より大切になってきます。

免疫力が低下している時に出やすい6つサインとは?

免疫力が低下している時に出やすい6つサインとは?

免疫力が低下している時のサインといえば「風邪を引きやすい」「喉がすぐに腫れる」「結膜炎やものもらいがよくできる」「肌荒れ、二キビや吹き出ものが多い」「お腹が弱い」「疲れがとれない」の6つです。原因の一つに腸内環境の乱れで免疫力が弱まることが指摘されています。

免疫が過剰に反応するアレルギー対策には腸内環境の改善が必要!

免疫が過剰に反応するアレルギー対策には腸内環境の改善が必要!

アトピー性皮膚炎などの免疫が過剰に反応するアレルギー症状には、食生活、腸内環境、生活環境、化学物質、環境汚染、電磁波、ストレスなど多くの原因があります。ただ、アレルギー疾患で悩む人は、腸内環境に問題があることが専門家の研究から明らかです。従って、腸内環境の改善が必要になります。

1 8 9 10 11 12 13 14 18