スポンサーリンク
免疫の主役は白血球!免疫細胞が一番集まる場所は腸!

免疫の主役は白血球!免疫細胞が一番集まる場所は腸!

免疫と最も関わりが深いのは血液で、主役は白血球です。病原菌や異物から身体を守る防御作用をもつため、白血球自体を免疫細胞と呼びます。また、腸内は免疫細胞の約70%が集中しています。従い、腸を元気にして免疫力を高めることが病気に負けない身体の基礎となるのです。

自己免疫疾患「シェーグレン症候群」とはどんな病気?

自己免疫疾患「シェーグレン症候群」とはどんな病気?

シェーグレン症候群は、免疫異常による自己免疫疾患ひとつです。中高年女性に多く、目や口の乾燥(ドライアイやドライマウス)などの症状から関節痛など体全体に症状が現れる場合があります。シェーグレン症候群は、潰瘍性大腸炎やパーキンソン病、クローン病と同様に指定難病の一つです。

あなたの腸年齢は実年齢よりも老化してる?「腸年齢チェックテスト」

あなたの腸年齢は実年齢よりも老化してる?「腸年齢チェックテスト」

加齢とともに腸内環境も老化し、善玉菌が減り、悪玉菌が優位になり便秘にもなりやすくなります。ただ、若い人ほど腸の老化が急速に進行していると言われています。あなたの腸年齢は実年齢よりも老化してるかもしれません!「腸年齢チェックテスト」でご自分の腸年齢を診断してみましょう!

お風呂でリラックス~入浴効果で血行促進して免疫力もアップ!

お風呂でリラックス~入浴効果で血行促進して免疫力もアップ!

お風呂で心と体をリラックスさせると入浴効果で免疫力もアップします。全身への水圧は、ダイエットにも心肺や内蔵機能向上にも有効。また、入浴の温熱効果で体温も基礎代謝も上がり、自律神経の緊張がほぐれることで、血行が促進されて白血球の働きも良くなり免疫力も高まります。

5月15日はヨーグルトの日!腸内細菌を元気にするおすすめの食べ方は?

5月15日はヨーグルトの日!腸内細菌を元気にするおすすめの食べ方は?

お手軽にビフィズス菌や乳酸菌を摂取できるヨーグルト。ただ、ヨーグルト内の乳酸菌は生きて腸には届きません。また、腸に良い働きはするものの、ヨーグルトの乳酸菌自体が住み着くこともありません。おすすめは、ビタミンや抗酸化成分が豊富なドライフルーツやナッツ類を混ぜて食べることです。

低所得者や貧困家庭ほど肥満が多く不健康であるという事実!

低所得者や貧困家庭ほど肥満が多く不健康であるという事実!

低所得者や貧困家庭ほど食事の栄養バランスが悪く、不健康なことは事実です。低所得の人ほど炭水化物の摂取量が多く、野菜の摂取量は低い傾向が見られます。 また、低所得者ほど健康診断を受けず、運動不足や肥満も多く、高額所得者比べ健康管理を上手くできない人の割合も多いようです。

唾液は免疫にとっても大切!腸内環境と口内環境の意外な共通点とは?

唾液は免疫にとっても大切!腸内環境と口内環境の意外な共通点とは?

腸内環境と口内環境は共通点があります。どちらも多くの細菌が住み、体を守る免疫力に深く関係しています。 口の中の唾液には、侵入した有害物質やウィルスを食い止める免疫機能が備わっている他、消化機能、抗菌力、汚れを落とす自浄力、口の粘膜を乾燥から保護するなど大切な機能が存在します。

腸内環境と便秘とダイエットの深い関係!

腸内環境と便秘とダイエットの深い関係!

痩せるための食べないダイエットは腸内環境に良くありません 食べる量を減らせばカロリーオフや糖質制限できますが、ダイエットフードなどでは食物繊維も足りなくり、逆に悪玉菌が増えて便秘がちに。すると、エネルギー消費量が落ちて、基礎代謝も低下し、太りやすくなる体質を招く結果になります。

1 9 10 11 12 13 14 15 17