スポンサーリンク
食べないダイエットは腸に悪い?腸内環境と便秘とダイエットの関係!

食べないダイエットは腸に悪い?腸内環境と便秘とダイエットの関係!

痩せるための食べないダイエットは腸内環境に良くありません 食べる量を減らせばカロリーオフや糖質制限できますが、ダイエットフードなどでは食物繊維も足りなくり、逆に悪玉菌が増えて便秘がちに。すると、エネルギー消費量が落ちて、基礎代謝も低下し、太りやすくなる体質を招く結果になります。

便秘でイライラ!!トイレでの「いきみ過ぎ」は非常に危険!?

便秘でイライラ!!トイレでの「いきみ過ぎ」は非常に危険!?

便秘でイライラし、トイレでいきみ過ぎるのは非常に危険です。いきむと呼吸が止まり力が入ります。一般的に起こりやすいのが痔ですが、息が止まるので血圧も上昇し、脳卒中の危険性が高まります。イライラすると悪循環陥るので、便秘になってもいきみ過ぎない心の余裕が大切です。

慢性疲労症候群は腸内環境の悪化が原因?

慢性疲労症候群は腸内環境の悪化が原因?

慢性疲労症候群は原因不明の難病ですが、腸内環境の悪化が原因なので、腸内環境の改善が症状が緩和する可能性があるとのこと。 慢性疲労症候群はストレスなどで免疫力が低下し、脳の血流や働きに影響を与えて強い疲労感を起こすという説が有力です。まさに、腸脳相関がポイントになります。

便秘になると不眠になる?腸内環境と睡眠の深い関係

便秘になると不眠になる?腸内環境と睡眠の深い関係

便秘により不眠など睡眠弊害に悩やんでいる方が多いようです。 自律神経の乱れは、腸内環境を悪化させ、便秘の原因になります。また、腸で生成される睡眠に関係が深いメラトニンやセロトニンなどのホルモン分泌にも悪影響を与えます。このように腸内環境と睡眠は深い関係にあるのです。

働く女性はストレスで肌年齢も腸年齢も老化する!?

働く女性はストレスで肌年齢も腸年齢も老化する!?

20代~60代の女性に対し腸年齢テストをした結果、働く女性はストレスで肌年齢も腸年齢も老化することが分かった。ストレスは、悪玉菌の増加、免疫力の低下、腸内環境のバランスの乱れにより便秘や下痢の原因となります。すると肌も張りツヤを失い、肌荒れも増え、肌年齢も老化します。

腸内フローラにいる腸内細菌は、便と一緒にいつか無くなってしまうの?

腸内フローラにいる腸内細菌は、便と一緒にいつか無くなってしまうの?

便の約10%は腸内細菌の死骸が含ます。但し、毎日の排便で排出されるだけでなく腸内細菌は腸内で分裂増殖を繰り返し、腸内フローラを形成します。そして4~5日間体内に滞在した後、便として排出されます。加齢、ストレスなど腸内環境により腸内細菌の量やバランスは日々変化し続けています。

乳酸菌とビフィズス菌の違いって何?

乳酸菌とビフィズス菌の違いって何?

善玉菌の代表である乳酸菌とビフィズス菌の違いは、主に大腸に生息して便秘や下痢など整腸作用があるのがビフィズス菌で、主に小腸に生息して整腸以外にも免疫力を高めたり、アレルギーへの効果があるのが乳酸菌です。いずれも腸内環境を整え、腸内フローラを健康にするため重要な腸内細菌です。

アルコール依存症の人の腸内細菌は悪玉菌などの有害菌が多かった!

アルコール依存症の人の腸内細菌は悪玉菌などの有害菌が多かった!

アルコール依存症の腸内フローラ(腸内細菌)は健康な人よりも通性嫌気性菌が多い傾向にあります。代表的な通性嫌気性菌は、大腸菌、肺炎桿菌、インフルエンザ菌、サルモネラ菌、コレラ菌、腸炎ビブリオ菌などの悪玉菌=有害菌です。飲酒習慣に喫煙習慣が加わることさらにその傾向が増すようです。

腸内環境を改善する「プロバイオティクス」と「プレバイオティクス」の関係とは?

腸内環境を改善する「プロバイオティクス」と「プレバイオティクス」の関係とは?

「プロバイオティクス」は、腸内環境を改善することで人の健康に良い働きをする生きた微生物(善玉菌や腸内細菌)を示します。 乳酸菌やビフィズス菌があります。 一方、そのプロバイオティクスの働きを助けるのが「プレバイオティクス」です。 オリゴ糖類や食物繊維などがその代表的なものです。

1 15 16 17 18 19 20 21 22