スポンサーリンク
プロテインでお腹の調子が悪くなる?腸内環境を悪化させる理由

プロテインでお腹の調子が悪くなる?腸内環境を悪化させる理由

プロテインとはたんぱく質のことです。たんぱく質は20種類のアミノ酸からなり、皮膚や筋肉、血液、骨などの構成成分です。最後にアンモニアに変わるので過剰摂取は解毒のため肝臓に負担をかけます。また生活習慣病など健康障害や腸内細菌の悪玉菌の栄養になるため腸内環境悪化の原因にもなります。

独身女性に多い「適応障害」!体も心も不調になる原因はストレス

独身女性に多い「適応障害」!体も心も不調になる原因はストレス

適応障害とは職場などの環境に適応できず、ストレスが原因で身体や心身にさまざまな不調が生じる病気です。適応障害になると気分の落ち込み、集中力の低下などの精神症状や不眠、めまい、下痢など身体症状が表れ、社会生活に支障をきたします。適応障害は特に独身女性に多いとの報告があります。

不眠や睡眠不足には注意!自律神経が乱れ腸内環境も悪化する!

不眠や睡眠不足には注意!自律神経が乱れ腸内環境も悪化する!

不眠、睡眠障害などでの睡眠不足は腸内環境を悪化させます。睡眠不足が続くと自律神経が乱れ、交感神経が強く副交感神経は弱くなります。すると腸内環境も悪化してセロトニンが上手く分泌されなくなり、睡眠ホルモンのメラトニンも不足してしまい睡眠の質が更に低下する悪循環に陥ります。

腸内環境が悪くなると脳にも悪影響を与える「腸脳相関」について

腸内環境が悪くなると脳にも悪影響を与える「腸脳相関」について

脳と腸は自律神経でつながっておりストレスにより腸の働きも低下するのが「脳腸相関」です。実はその逆、腸内環境が悪化すると脳の働きも低下する「腸脳相関」が注目されています。腸で作られたセロトニンなど神経伝達物質が迷走神経を介して情報を脳に伝達しているのが「腸脳相関」の流れです。

「免疫力セルフチェックテスト」で免疫力の高さを測定してみよう!

「免疫力セルフチェックテスト」で免疫力の高さを測定してみよう!

今、時代のキーワードはずばり「免疫力」です。 免疫力は生命の力ですが、乱れた食生活、生活習慣病の蔓延、ストレス社会といった免疫力を低下させる事柄が溢れています。40問の質問に答えるだけで、現在の免疫力の状態が測定評価できる「免疫力セルフチェックテスト」を実施してみましょう!

病原菌の侵入を段階的に防いで体を守る免疫と最前線で働く腸管免疫

病原菌の侵入を段階的に防いで体を守る免疫と最前線で働く腸管免疫

免疫は自然免疫と獲得免疫の2種類があります。体に病原菌やウイルスなど異物の侵入を防ぐため免疫は段階的に戦います。最初は皮膚や鼻、肺、腸などです。特に腸管免疫は最前線で働く免疫です。次は白血球で顆粒球やマクロファージ、樹状細胞、NK細胞です。最後はリンパ球のT細胞とB細胞です。

芸能人も悩むパニック障害は脳内ホルモンであるセロトニンがカギ

芸能人も悩むパニック障害は脳内ホルモンであるセロトニンがカギ

パニック障害の特徴は、原因不明のパニック発作を起こすことです。パニック障害は睡眠に関係深い神経伝達物質セロトニンという脳内ホルモン不足が発症原因と考えられます。トリプトファンを原料にするセロトニンは約90%が腸内で作られますので、睡眠・食事・腸を整えることが大切です。

ダイエットにも効果的!腸の健康に役立つ短鎖脂肪酸を増やそう!

ダイエットにも効果的!腸の健康に役立つ短鎖脂肪酸を増やそう!

脂質は3大栄養素の一つですが中でも短鎖脂肪酸はダイエット効果が期待されています。 短鎖脂肪酸は食物繊維を栄養にして腸内細菌が作りだす「酢酸・プロピオン酸・酪酸」からなります。短鎖脂肪酸には、脂肪細胞の肥大化を防ぐ効果があります。また、腸内を酸性に保ち腸の健康に役立ちます。

慢性的なマグネシウムの摂取不足は生活習慣病のリスクを高める!

慢性的なマグネシウムの摂取不足は生活習慣病のリスクを高める!

マグネシウムは体のミネラルバランスを調整する働きがあります。 筋肉の収縮や神経、体温・血圧の調整にも使われています。 マグネシウム不足は、不整脈、抑うつ状態、神経過敏などの他、心疾患、動脈硬化、骨粗鬆症、糖尿病、高血圧など生活習慣病のリスクを高める可能性が指摘されています。

ポッコリお腹に注意!あなたの肥満は内臓脂肪型?皮下脂肪型?

ポッコリお腹に注意!あなたの肥満は内臓脂肪型?皮下脂肪型?

ポッコリお腹は肥満の表れです。 肥満にも内臓脂肪型と皮下脂肪型との違いがあります。 もし、内臓脂肪型肥満であれば生活習慣病を合併する危険性が非常に高くなります。肥満はがんとも関係が深いとされており、肥満予防の上でも運動や食事による減量やダイエットが必要です。

1 2 3 4 5 22