スポンサーリンク
疲労やストレスが原因か?慢性蕁麻疹(じんましん)と自己免疫の関係

疲労やストレスが原因か?慢性蕁麻疹(じんましん)と自己免疫の関係

慢性蕁麻疹(じんましん)は、アレルギー疾患の一種です。アレルギー反応は本来無害な物質に免疫力が過剰に反応してしまう自己免疫疾患で、免疫細胞がコントロール不能に陥った状況です。慢性蕁麻疹は、原因不明な場合も多く、疲労、ストレス、ウイルス、薬など様々な理由が考えられます。

日本人のルーツがわかる?長生きの秘訣は食文化と腸内細菌が理由!!

日本人のルーツがわかる?長生きの秘訣は食文化と腸内細菌が理由!!

近年、腸内細菌は病気や健康との関連が指摘されいます。事実、人の長生きや平均寿命などにも関係しています。我々日本人は、植物性の乳酸菌である味噌、納豆やぬか漬けなど食生活に上手に取り入れてきました。 従って、長生きの秘訣が食文化や腸内細菌にあることを昔から知っていたのかもしれません。

女性1,000人に質問「何日以上、便通がないと便秘ですか?」

女性1,000人に質問「何日以上、便通がないと便秘ですか?」

女性1,000人を対象とした「便通リポート」によれば3日以上便通がなくて初めて便秘と思う方が60%以上もいたそうです。 便秘には多くの原因が重なりあっていますが、見直すべきは食事の内容です。 特に、お肉=動物性たんぱく質を取りすぎないことと食物繊維の不足を補うことです。

糖質制限にも腸内環境にも良い!食物繊維も豊富な「ナッツ」7つ♪

糖質制限にも腸内環境にも良い!食物繊維も豊富な「ナッツ」7つ♪

ナッツは、高カロリーのイメージがありますが、食物繊維が豊富で腸内環境にも良いので、便秘解消にも役立ちます。また、良質の脂肪やカリウム、ミネラル、ビタミンを含んでおり、栄養価の高い食品です。体の老化や酸化防止にも効果があり、糖質制限にもぴったりなおススメ「ナッツ類」7つをご紹介。

あの「ロキソニン」に重大な副作用?小腸・大腸の潰瘍など気になるニュース!!

あの「ロキソニン」に重大な副作用?小腸・大腸の潰瘍など気になるニュース!!

頭痛や生理痛の薬で有名な「ロキソニン」について医薬品医療機器総合機構(PMDA)は使用上の注意について、厚生労働省が「重大な副作用」の項目に「小腸・大腸の狭窄・閉塞」を追記するよう指示を出したと発表。ロキソニンは、痛み止めとしては優秀な薬ですが、副作用の多いお薬だとか!

「脳」より「腸」が先に作られる?生命のスタートは腸にあり!!

「脳」より「腸」が先に作られる?生命のスタートは腸にあり!!

生物は、脳でも心臓でもでもなく最初にまず腸が作られます。 次に口や肛門など栄養を吸収・消化・排出する器官が作られ、最後に脳ができるわけです。 進化の過程で腸内にいたニューロンなど神経細胞が脊椎動物の神経系となりさらに万物の霊長である私達人間の大脳皮質の発達した脳になったわけです。

あの有名な「乳酸菌が生きて腸に届く」のキャッチコピーに意味はない?

あの有名な「乳酸菌が生きて腸に届く」のキャッチコピーに意味はない?

「乳酸菌が生きて腸に届く」は商品を売るためのキャッチコピーです。 市販のヨーグルトや乳酸菌飲料に含まれる乳酸菌の多くは、流通過程で死んでしまいますし、残ったものも胃液などでほぼ死滅します。乳酸菌は生きてるか死んでいるかどうかは関係なく、乳酸菌の菌体そのものが有用成分なのです。

今や国民全体のアレルギー病!?早めに花粉症の予防対策をしよう!

今や国民全体のアレルギー病!?早めに花粉症の予防対策をしよう!

国民全体のアレルギー病とも言える花粉症。 花粉症予防のポイントは「花粉を少なくする」「花粉の侵入を少なくする」「花粉症の症状を抑える」具体的な対策は、外出時にマスクをする、帰宅時に手洗いうがい洗顔をする、屋内では小まめな掃除など。体の抵抗力である免疫力を高めることも大切。

「腸活」ブームの火付役!?乳酸菌がダイエットにも効果的な理由は!?

「腸活」ブームの火付役!?乳酸菌がダイエットにも効果的な理由は!?

「腸活」がブームですが、ダイエットには食事・運動・睡眠が大切です。内側からキレイに美しく痩せるためには、お腹の中のスッキリは重要。 便秘がちな腸内は肌荒れ、ニキビなどの原因になります。ダイエット成功させるには乳酸菌を摂取して腸内環境を整え「健康な腸」を保つことが効果的です。

今年も大流行!?東京都がインフルエンザ「流行警報」を発表!

今年も大流行!?東京都がインフルエンザ「流行警報」を発表!

インフルエンザは、38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛など全身の症状がが特徴です。また、のどの痛み、鼻水、咳などの症状も見られます。 さらに、気管支炎、肺炎、小児では中耳炎、熱性痙攣、急性脳症などを併発したり、ご高齢の方や免疫力の低下している方では重症になることがあります。

1 17 18 19 20 21 22