お口の中は細菌がいっぱい!歯周病がやっかいな理由は!?

スポンサーリンク

健康一番!!ヘルシーワンショッピングです!

今回は「歯周病」についてです。
歯周病は、歯周組織が歯垢(プラーク)に含まれている細菌に感染し、歯肉が腫れたり、出血したり、最後には歯が抜けてしまう「歯の周りの病気」です。

日本人が歯を失うもっとも大きな原因がこの歯周病でといわれ、国内の成人の約80%が何らかの歯周病にかかっていると言われています。

歯を失うだけでなく、歯周病は感染症ですので、細菌が歯周組織に感染すれば、歯周病菌が原因で様々な病気の引き金になると報告されているほどあなどれないものなのです。

歯周病の原因はいったい何?

歯周病の原因は、簡単に言えば、食べかすや歯垢にすみつく歯周病菌です。 きちんと歯磨きしていればいいのですが、昨今の生活スタイルを考えるとなかなか難しいですよね!

特に問題があるのがジンジバリス菌という細菌です。

この菌の出す酵素が歯と歯肉の間に深い歯周ポケットをつくり、その隙間で増えて歯周病を進行させていきます。

口臭の原因ともなるやっかいな細菌です。

「ためしてガッテン」というテレビ番組でも歯周病が特集され放送されていました。 その中でも医療関係者もこのジンジバリス菌を警告しており、心筋梗塞や脳梗塞、糖尿病を悪化させる原因になっているという報告がされました。

(※参照 NHK「ためしてガッテン」/緊急警報!免疫力を低下、突然死を招く感染症)

特別な乳酸菌が一兆個も!
腸が元気ならカラダも元気

歯周病は、口内細菌と免疫との戦い!

健康な人では、血液の中に細菌が少し入ったとしても、口内にある粘膜免疫という免疫の働きにより、速やかに駆逐されてしまうので問題はありません。

ですから、免疫力が充実しておればきちんとケアしていればそれほど恐れる病気ではありません。

しかしプラークの量が多く繁殖が続くと序々に歯周組織は破壊されてきます。

さらに、歯周病菌だけでなく、カンジダ菌、黄色ブドウ球菌、緑膿菌、肺炎桿菌など病気のもとになる菌も多く含まれていていることもわかっています。

つまり、歯周病は口内細菌と免疫の戦いであり、免疫力が一定でも細菌の量が増えたり、免疫力が低下とともに増殖してしまうことがあります。

歯周病の予防としてはどうすればよい?

「プラークコントロール」つまり歯磨きと歯石をとるのが当たり前ですが確実な方法です。歯周病予防に有効な、歯のお手入れ方法を紹介します。

(1)歯磨きの仕方を変える

毎日歯磨きをしていても歯周病になってしまうのは磨き方に問題がある場合があります。歯ブラシを小刻みに小さく動かす磨き方がおすすめで、デンタルフロスや歯間ブラシを併用することで大方の歯垢を落とすことが可能です。

(2)タバコは吸わない

タバコを吸うと煙に含まれるニコチンなどによって歯肉が酸素や栄養不足になります。それにより歯周病菌が繁殖しやすくなります。 だから禁煙をお勧めします。

(3)定期的に歯科医へ行く

虫歯がない人や歯医者が嫌いだという人はクリニックに行く機会が少ないため、気が付いたときには歯周病が進行している場合も多いようです。 気になったら歯科医へ行くことも歯周病予防といえますね。

乳酸菌が歯周病や虫歯の予防にも役立つ!

さらに実は、乳酸菌が歯周病や虫歯の予防に役立つことがわかってきました。 なぜ、乳酸菌が歯周病の予防に良いのでしょうか?

その理由は、乳酸菌がジンジバリス菌などの歯周病菌を殺し、さらに細菌が出す酸素の働きも抑えることにより出血や歯茎の腫れを改善させる効果があるとのこと。

実際に、どうするかといえば、とても簡単です!

歯磨きのあと乳酸菌を口に含んだり、なめたりする方法でよいそうです。

実験結果ではこれだけでも歯周病の予防に効果があったとのこと!

口内も腸内も数多くの細菌がいるという点においても実は似ているかもしれませんね。

乳酸菌はお口の中でもいい仕事してくれますね!

 

腸ゲンキの秘訣は特別な乳酸菌のチカラ
乳酸菌サプリメント「メガサンA150」♪

健康ブログランキング掲載中
クリックお願い致します(^^)
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする