うつを予防する幸せホルモン「セロトニン」と腸内細菌の関係とは!?

スポンサーリンク

健康一番!!ヘルシーワンショッピングです!
このブログでは読者の皆さまのお役に立てる健康情報をチェックしてお届けします。 今日のテーマは「セロトニン」です。

セロトニンとは脳内で働く神経伝達物質の一つ

セロトニンとは、体内でとても重要な役割を果たしている三大神経伝達物質の一つです。

残りの神経伝達物質2つは、ドーパミンノルアドレナリンと呼ばれるのものです。

セロトニンは、ノルアドレナリンやドーパミンの分泌のバランスをコントロールし、精神の安定を図る上で欠かせない物質なのです。

ドーパミンの役割

快感や意欲をコントロールし、やる気やモチベーション、学習や運動能力などに関係があります。

ノルアドレナリンの役割

物事への危機やストレスに反応して怒り・不安・恐怖などの生存本能に関する重要な働きをします。

セロトニンの役割

精神を安定させ、幸福感を生み出す役割を担っています。ノルアドレナリンやドーパミンの分泌のバランスをコントロールしてくれる舵取り役的な存在です。

「うつ」を予防し心に安らぎをもたらすセロトニン

この舵取り役のセロトニンが不足すると

「疲れやすい」

「やる気が起きない」

「イライラする」

「気がめいる」

「過食や拒食など摂食障害」

「睡眠障害」

「うつ病などの精神的な病になりやすい」

などが様々な問題が心配されます。

逆にセロトニンが満ち足りていれば、心のバランスを整え、心の安らぎを与えてくれます。

このように、人の精神の状態に大きな影響を与えて、心身のリラックスや心地よい睡眠に関係していることから別名「幸せホルモン」と呼ばれています。

セロトニンの90%は腸内にある!!

セロトニンは人の体の中に10mgほどしか存在しない神経伝達物質ですが殆どが腸になります。

しかも、脳内で全体の2%ほど、血液中に8%、そして残り90%は腸内に存在してるので

これまでは、うつ病と腸内のセロトニンは関係がない考えられてきました。

ところが最近では、腸内環境が悪いと腸内のセロトニンが脳まで上手く運搬されず、脳内でセロトニン不足の結果、うつ病など精神的な病の原因となることが分かってきました。

腸内細菌とセロトニンの密接な関係とは?

乳酸菌やビフィズス菌などは善玉菌と呼ばれる腸内細菌です。

体にさまざまな体に良い影響を与えてくれることが知られていますが、腸内細菌のうち「善玉菌」が増えると、うつ病が改善するという報告結果が挙げられています。

心に安らぎをもたらす幸せホルモン「セロトニン」は腸内で作られており腸内細菌のうち善玉菌の助けが必要だからです。

実際の精神科の治療は、主に薬を飲む薬理療法と、カウンセリングなどの心理療法が中心ですが、食事や栄養によって善玉菌を増やすことが、薬に頼らなくてもよい有効なうつ病の治療方法としてとても注目されているのです。

従って、精神科や心療内科でも善玉菌を増やすようなアドバイスがされているということです。

腸内環境を整えればセロトニンの生成を増やせる

【セロトニンを増やす方法】

●規則的な生活

●適度に太陽光にあたる

●リズミカルな運動をする

●タンパク質摂取に配慮した適切な食事をする

食事については、セロトニンの原料となるトリプトファンを適切に摂取、牛肉や豚肉、鶏レバー、小麦胚芽、牛乳、ヨーグルト、チーズ、バナナ、大豆、アーモンド、かつお、まぐろなどがおススメです。

うつ病の薬である抗うつ剤は、脳内のセロトニンを一時的にでも増やして、抑うつ気分を改善させる作用があります。

しかし、お薬ですので副作用なども心配されます。

一方、普段の食事においてもバランスよく摂取することで腸内環境を整えれば、自然な力で脳内のセロトニンを増やすことができるということなのです。

精神の安らぎをもたらすセロトニンを増やして心身ともにリラックスした健康生活を送りたいのですね!

特許取得の特別な乳酸菌EF2001が1兆個!
乳酸菌サプリメント「メガサンA150」♪

健康ブログランキング掲載中
クリックお願い致します(^^)
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする