「 インフルエンザ 」一覧

スポンサーリンク
今年も大流行!インフルエンザA型やB型の種類やワクチンについて

今年も大流行!インフルエンザA型やB型の種類やワクチンについて

インフルエンザが大流行中です。東京都内のインフルエンザは警報基準を超えました。今年は例年以上にB型の患者数が増えていると報告。中にはA型とB型の両方のインフルエンザに感染し発症する人もいるようです。そこでインフルエンザA型やB型など種類の違いやワクチンについてお話します。

インフルエンザを予防する方法は?感染・潜伏期間・症状を徹底解説!

インフルエンザを予防する方法は?感染・潜伏期間・症状を徹底解説!

インフルエンザの潜伏期間は通常1~2日程度で、インフルエンザウイルスは飛沫と接触による感染です。発症すると38度以上高熱、悪寒、頭痛、関節や筋肉の痛み、倦怠感など全身症状が特徴的。ワクチン予防接種も有効ですが、手洗い、うがいの徹底と体の免疫力を高めることが一番の予防法です。

素朴な疑問!「細菌」と「ウイルス」の違いって何? 

素朴な疑問!「細菌」と「ウイルス」の違いって何? 

細菌とウイルスの違いは、自己増殖ができるかどうかの点です。 細菌は細胞をもった単細胞生物で、環境が整えば、自分自身で勝手に増えていくことが可能です。一方、ウイルスは、細胞内の核に存在する遺伝子だけを持った微生物です。従い、ウイルス単独では増殖することができません。

今年も大流行!?東京都がインフルエンザ「流行警報」を発表!

今年も大流行!?東京都がインフルエンザ「流行警報」を発表!

インフルエンザは、38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛など全身の症状がが特徴です。また、のどの痛み、鼻水、咳などの症状も見られます。 さらに、気管支炎、肺炎、小児では中耳炎、熱性痙攣、急性脳症などを併発したり、ご高齢の方や免疫力の低下している方では重症になることがあります。

腸の免疫力を高めればインフルエンザも怖くない!?

腸の免疫力を高めればインフルエンザも怖くない!?

インフルエンザ予防に、ワクチンの接種も良いとは思いますが、お勧めしたい予防策は「体の抵抗力を高めること」です。体に備わる「自然に自分を守る力=免疫力」を日ごろから高めておくことが大切。それには、体の70%もの免疫機能が集中している「腸」を健康にすることが一番重要です。