「 免疫力を高める 」一覧

スポンサーリンク
春の敏感肌に注意!肌バリア機能低下が原因となる花粉皮膚炎とは

春の敏感肌に注意!肌バリア機能低下が原因となる花粉皮膚炎とは

春の敏感肌に注意!肌バリア機能低下が原因となる花粉皮膚炎とは何でしょう? 花粉が皮膚に接触することで生じる皮膚炎を花粉皮膚炎いいます。顔を中心に、目の周り・まぶた・ほほ・あご・首周りなど赤いつぶつぶや発疹が現れます。 自覚症状がないため花粉の影響を徐々に受けることに!

花粉症やアレルギー体質を体の内側から改善する6つのヒント!

花粉症やアレルギー体質を体の内側から改善する6つのヒント!

花粉症を含めアレルギー性疾患の数は増え続けています。 世の中にあるアレルギー対策の多くは対処療法であり根本的な解決方法ではありません。 体の炎症作用であるアレルギーを抑えるには免疫力がカギを握ります。 そこでアレルギー体質を体の内側から改善する6つヒントをご紹介します。

「免疫力セルフチェックテスト」で免疫力の高さを測定してみよう!

「免疫力セルフチェックテスト」で免疫力の高さを測定してみよう!

今、時代のキーワードはずばり「免疫力」です。 免疫力は生命の力ですが、乱れた食生活、生活習慣病の蔓延、ストレス社会といった免疫力を低下させる事柄が溢れています。40問の質問に答えるだけで、現在の免疫力の状態が測定評価できる「免疫力セルフチェックテスト」を実施してみましょう!

病原菌の侵入を段階的に防いで体を守る免疫と最前線で働く腸管免疫

病原菌の侵入を段階的に防いで体を守る免疫と最前線で働く腸管免疫

免疫は自然免疫と獲得免疫の2種類があります。体に病原菌やウイルスなど異物の侵入を防ぐため免疫は段階的に戦います。最初は皮膚や鼻、肺、腸などです。特に腸管免疫は最前線で働く免疫です。次は白血球で顆粒球やマクロファージ、樹状細胞、NK細胞です。最後はリンパ球のT細胞とB細胞です。

自己免疫疾患「関節リウマチ」は関節に激痛を伴う原因不明の難病

自己免疫疾患「関節リウマチ」は関節に激痛を伴う原因不明の難病

自己免疫疾患「関節リウマチ」は、本来無害な自己組織に免疫が異常反応することで起こりますが、原因不明の難病です。症状は手や足の指の付け根や関節の炎症に始まり、骨や軟骨が破壊され激痛を伴います。予防対策は、免疫機能が正しく維持されるよう日々の健康を保つようにすることしかありません。

睡眠の質は免疫力を左右する!深い眠りと成長ホルモンの重要な関係

睡眠の質は免疫力を左右する!深い眠りと成長ホルモンの重要な関係

睡眠の質は免疫力を左右します。睡眠は体や細胞のメンテナンスが行われる大切な時間です。それは、深い眠りと成長ホルモンは重要な関係があるからです。成長ホルモンは免疫力を高めるため重要な役割があります。成長ホルモンは入眠後3時間中の深い眠りであるノンレム睡眠時に最も分泌されます。

免疫力低下の最大原因であるストレスは緊張と緩和で解消しよう!

免疫力低下の最大原因であるストレスは緊張と緩和で解消しよう!

免疫力の働きを低下させる最大原因はストレスです。 特に胃腸ストレスに弱い臓器です。がんもストレスによる免疫力低下が関係しています。ストレスは強すぎても弱ぎても免疫機能にとって良くないので緊張と緩和が大切です。日常生活で自分に適したストレス解消法を見けて実行することが重要です。

急に風邪をひきやすくなったと思ったら免疫力の低下に要注意!

急に風邪をひきやすくなったと思ったら免疫力の低下に要注意!

急に風邪をひきやすくなったと思ったら免疫力の低下に要注意です。風邪をひきやすいか、ひきにくいかという問題は、免疫力の強さに関係しています。これらの免疫細胞の約70%が集中している場所が腸なのです。従い、免疫細胞が一番集まる場所である腸内環境が悪いと風邪をひきやすくなるわけです。

がん宣告されたら免疫力を高めてがんと共存し付き合うことが大切

がん宣告されたら免疫力を高めてがんと共存し付き合うことが大切

がん宣告されたら免疫力を高めてがんと共存し付き合うことが大切です。 がんの原因は、加齢とストレスです。がんは抗がん剤などの治療のみならず精神的にも肉体的にも免疫力を低下させます。必要以上に落ち込まず「免疫力を高めること」「共存して生きる」と前向きに考えることが何より重要です。

ストレスや感染症に負けない!免疫力を高めて健康寿命を延ばす!

ストレスや感染症に負けない!免疫力を高めて健康寿命を延ばす!

ストレスや感染症に負けずに免疫力を高めて維持して健康寿命を延ばすことが大切です。 高齢化による最大の問題は免疫力の低下に伴う日和見感染症です。免疫力は徐々に下降する一方、感染症は増加します。ストレスもまた免疫力を低下させます。日頃から免疫力を高め、維持しておく必要があります。

1 2 3 4 6