「 免疫力を高める 」一覧

スポンサーリンク
風邪を引きやすい体質を改善する効果あり!おすすめ方法をご紹介

風邪を引きやすい体質を改善する効果あり!おすすめ方法をご紹介

「風邪を引きやすい体質を改善したい」という悩みをお持ちのお客様が多くいらっしゃいます。確かに寒い時期は風邪を引きやすいですよね! 空気が乾燥しているためのどの粘膜も乾きがちです。 そこで、風邪を引きやすい体質を改善し、風邪を予防するのに効果的なおすすめの方法をご紹介します。

本日放送予定 NHKスペシャル「万病撃退!“腸”が免疫の鍵だった」

本日放送予定 NHKスペシャル「万病撃退!“腸”が免疫の鍵だった」

本日、NHKスペシャル「万病撃退!“腸”が免疫の鍵だった。」が放送予定です。 番組タイトル通り腸には数多く「腸内細菌」たちが活動しており、体の免疫細胞の約70%以上が集中しています。従い、日ごろから腸を整えておくことが、免疫力を高めることにも、健康維持にもつながるのです。

インフルエンザを予防する方法は?感染・潜伏期間・症状を徹底解説!

インフルエンザを予防する方法は?感染・潜伏期間・症状を徹底解説!

インフルエンザの潜伏期間は通常1~2日程度で、インフルエンザウイルスは飛沫と接触による感染です。発症すると38度以上高熱、悪寒、頭痛、関節や筋肉の痛み、倦怠感など全身症状が特徴的。ワクチン予防接種も有効ですが、手洗い、うがいの徹底と体の免疫力を高めることが一番の予防法です。

今年も流行する!?ノロウイルス感染の症状と対策について!

今年も流行する!?ノロウイルス感染の症状と対策について!

この時期になると気になるのがノロウイルスによる感染性胃腸炎です。 ノロウイルスの感染経路は経口から感染し、発症時期は、11月から3月までの冬季で、潜伏期間は感染から24~48時間です。 潜伏期間を経て吐き気、嘔吐、下痢、腹痛、発熱や筋肉痛の症状が現れます。

腸内の善玉菌を増やすには?善玉菌の多いおすすめの食べ物とは?

腸内の善玉菌を増やすには?善玉菌の多いおすすめの食べ物とは?

腸内には乳酸菌やビフィズス菌を代表とする善玉菌と有害菌である悪玉菌などの腸内細菌が存在します。免疫力を高めるためにも善玉菌を多くしておくこと重要です。善玉菌を増やすにはどのようにすれば良い?善玉菌を増やすおすすめの方法や食べ物やサプリメントなどご紹介いたします。

免疫力を高める食べ物のヒント!上手に食事をとって免疫力アップ♪

免疫力を高める食べ物のヒント!上手に食事をとって免疫力アップ♪

寒さに負けないために、日頃から免疫力を高める食事や食べ物をとるためには、日本伝統の玄米菜食中心の食生活にそのヒントがあります。「食材をまるごと食べる」「発酵食品を食べる」「食物繊維を豊富にとる」などポイントを押さえて、免疫力をアップさせましょう。

腸管に穴が開く「リーキーガット症候群」とは!?

腸管に穴が開く「リーキーガット症候群」とは!?

リーキーガット症候群(Leaky Gut Syndrome)は、腸管浸漏症候群とも呼ばれます。食べ物などの栄養素は分解され、腸内の細胞の隙間から吸収されるのですが、リッキーガット症候群になると、腸管の粘膜細胞に穴が開き、本来通過出来ない有害菌、ウイルスや食物が漏れ出す現象なのです。

赤ちゃんを出産すると免疫力が下がる理由は?

赤ちゃんを出産すると免疫力が下がる理由は?

実は「子供を出産すると免疫力が下がる」ことご存じでしたか? 「風邪を引きやすくなった」「口内炎が増えた」「体重が減った」「蕁麻疹やヘルペスなど出るようになった」と悩むお母さんたちが多いようです。 では、なぜ、産後免疫力が下がるのでしょうか?

素朴な疑問!「細菌」と「ウイルス」の違いって何? 

素朴な疑問!「細菌」と「ウイルス」の違いって何? 

細菌とウイルスの違いは、自己増殖ができるかどうかの点です。 細菌は細胞をもった単細胞生物で、環境が整えば、自分自身で勝手に増えていくことが可能です。一方、ウイルスは、細胞内の核に存在する遺伝子だけを持った微生物です。従い、ウイルス単独では増殖することができません。

遺伝子とがんと免疫の関係について

遺伝子とがんと免疫の関係について

細胞のがん化は、遺伝子の異常が大きく関わっています。 遺伝子には「がん遺伝子」と「がん抑制遺伝子」があり、遺伝的や環境的な要因などにより、バランスを崩すと細胞のがん化が進みます。細胞のがん化を抑制していくために、日ごろから免疫力を高めて、活性化させていくことが大切です。

スポンサーリンク