「 潰瘍性大腸炎 」一覧

スポンサーリンク
原因不明の難病「クローン病」とはどんな病気か?

原因不明の難病「クローン病」とはどんな病気か?

「クローン病」は発病と寛解を繰り返す原因不明の難病で、国内の若年層に増加しています。発症原因は不明ですが、免疫異常にかかわることは確かなようです。クローン病の症状は、腹痛、下痢、発熱などが特徴的ですが、自覚症状が少ないため早期発見の難しいと言われています。

「大腸がん」が増加してるのに「小腸がん」が少ないのは何故?

「大腸がん」が増加してるのに「小腸がん」が少ないのは何故?

「大腸がん」が増加してるのに「小腸がん」が少ないのは何故でしょうか?小腸の神経細胞の殆どが脳から独立して動く一方で、大腸は脳からのストレスを受け易い器官です。 また小腸にはパイエル板という免疫に重要な細胞が点在し、その働きが非常に活発のため、がんなどにも強いことが言えます。

難病「潰瘍性大腸炎」を持病にもつ日本で一番の有名人は?

難病「潰瘍性大腸炎」を持病にもつ日本で一番の有名人は?

潰瘍性大腸炎は大腸の粘膜が傷つき、びらんや潰瘍が生じることで、発熱、腹痛、下痢、血便、嘔吐、貧血などの症状が生じる大腸の炎症性疾患で、難病指定にされていますす この難病である潰瘍性大腸炎を持病にもつ日本で一番の有名人と言えば、安倍晋三内閣総理大臣です。

自己免疫疾患「シェーグレン症候群」とはどんな病気?

自己免疫疾患「シェーグレン症候群」とはどんな病気?

シェーグレン症候群は、免疫異常による自己免疫疾患ひとつです。中高年女性に多く、目や口の乾燥(ドライアイやドライマウス)などの症状から関節痛など体全体に症状が現れる場合があります。シェーグレン症候群は、潰瘍性大腸炎やパーキンソン病、クローン病と同様に指定難病の一つです。

原因不明の難病「潰瘍性大腸炎」とは?

原因不明の難病「潰瘍性大腸炎」とは?

潰瘍性大腸炎は大腸の粘膜にびらんや潰瘍ができる大腸の病気です。主な症状は、下痢、下血を伴う軟便、腹痛、残便感など。潰瘍性大腸炎の原因は、ストレス・自己免疫異常・遺伝・食生活・腸内細菌などと言われますが、緩解と再発を繰り返えし、根治が難しいことから国の難病指定にされています。

腸の悪化が原因となる5つの重大疾患とは?

腸の悪化が原因となる5つの重大疾患とは?

腸の悪化が原因となる5つの重大疾患は、下痢,潰瘍性大腸炎,アレルギー性疾患,大腸がん,食物アレルギーです。大腸がんは日本の女性のがん死亡の1位です。一番の原因は食生活、特に食物繊維不足による便秘です。便が長い時間腸内に留まることは腸内環境の悪化をもたらします。

スポンサーリンク