「 腸内フローラ 」一覧

スポンサーリンク
アスリートは肉が命?運動とたんぱく質と腸内細菌の多様性の関係

アスリートは肉が命?運動とたんぱく質と腸内細菌の多様性の関係

運動は大腸がんのリスクを低減させますが、運動と腸内細菌や腸内フローラに何か関係性があるのでしょうか?プロラグビー選手と一般人の腸内細菌を比べるとアスリートであるラクビー選手の方がより多様性があり、食事も肉やプロテインなどから多くのたんぱく質を摂取してることがわかりました。

宿便を出すため腸内洗浄を実施しても腸内環境の改善にならない理由

宿便を出すため腸内洗浄を実施しても腸内環境の改善にならない理由

便秘に悩む女性で宿便を出す理由で腸内洗浄を実施する方がいます。 腸内洗浄は宿便だけでなくダイエットに効果があるため女優やモデルも実施しているとか。しかし、腸内洗浄は腸内環境の改善にはなりませんし、排便能力の低下、腸内細菌を全部洗い流してしまうなどデメリットも多いようです。

腸内の善玉菌を増やすには?善玉菌の多いおすすめの食べ物とは?

腸内の善玉菌を増やすには?善玉菌の多いおすすめの食べ物とは?

腸内には乳酸菌やビフィズス菌を代表とする善玉菌と有害菌である悪玉菌などの腸内細菌が存在します。免疫力を高めるためにも善玉菌を多くしておくこと重要です。善玉菌を増やすにはどのようにすれば良い?善玉菌を増やすおすすめの方法や食べ物やサプリメントなどご紹介いたします。

年とともに食べ物の好みが変わるのは腸のせい?

年とともに食べ物の好みが変わるのは腸のせい?

年とともに食べ物の価値や嗜好が変わってきますよね。その理由は、加齢による体の変化を腸が感知して、脳へ働きかけるために起こるのではないかと言われています。 食べたい物を決めているもの腸が脳へ指令を出していると考えるとその疑問も理解できる気がします。

腸内に悪玉菌が多い人の方が認知症になりやすい?

腸内に悪玉菌が多い人の方が認知症になりやすい?

腸内に悪玉菌が多い人の方が認知症になりやすいと言われています。脳内で分泌される神経伝達物質「セロトニン」や「ドーパミン」などのホルモンは腸で作られています。但し、腸の機能が低下すると脳に必要な栄養素が不足してしまうため認知症を招きやすくなると考えられるわけです。

性格の良い人、悪い人は「腸内細菌」で決まる!?

性格の良い人、悪い人は「腸内細菌」で決まる!?

遺伝子解析により健康や疾患との関わりなど次々と明るみになっていますが、人の性格と腸内細菌が関係しているという面白い研究結果が話題になりました。 腸内細菌は心と体の健康のために必要不可欠ですが「良い性格」も「悪い性格」も腸内細菌が決めている可能性があるというのです。

免疫力が低下した口の中は細菌だらけ!崩れる口内フローラのバランス

免疫力が低下した口の中は細菌だらけ!崩れる口内フローラのバランス

口の中には「口内細菌」が数百種、数千億個棲んでいます。腸内細菌と同様にお口の中でもバランスを取り「口内フローラ」を形成し口腔内の健康に役立っています。但し、口内フローラのバランスは崩れやすく、免疫力が低下すると歯周病菌、ミュータンス菌などが血管内にすぐ入ってきます。すると・・

乳酸菌サプリ!乳酸菌の数が少なければ効果は期待できない!

乳酸菌サプリ!乳酸菌の数が少なければ効果は期待できない!

乳酸菌サプリたくさんあるけどどれが良い?という疑問を良く伺います。結論は、出来るだけ大量で、質の良い乳酸菌を毎日摂取して腸に届けてあげることが大切ということ。乳酸菌が生きているか死んでいるかは関係ないですが、乳酸菌の数が少なければ効果は期待できないことは事実です。

睡眠不足は腸内環境のバランスを乱して腸内フローラにも悪影響が!

睡眠不足は腸内環境のバランスを乱して腸内フローラにも悪影響が!

睡眠不足は腸内フローラにも悪影響を与えるという研究結果がありました。睡眠不足によって腸内細菌のバランスは変化するというものです。腸内環境のバランスは睡眠不足はもちろん、加齢、体調、ストレスなど様ざまな要因で影響を受けます。腸を守るためにも、適度な睡眠時間を心掛けたいですよね。

5月15日はヨーグルトの日!腸内細菌を元気にするおすすめの食べ方は?

5月15日はヨーグルトの日!腸内細菌を元気にするおすすめの食べ方は?

お手軽にビフィズス菌や乳酸菌を摂取できるヨーグルト。ただ、ヨーグルト内の乳酸菌は生きて腸には届きません。また、腸に良い働きはするものの、ヨーグルトの乳酸菌自体が住み着くこともありません。おすすめは、ビタミンや抗酸化成分が豊富なドライフルーツやナッツ類を混ぜて食べることです。

1 2