「 腸内フローラ 」一覧

スポンサーリンク
病原菌の侵入を段階的に防いで体を守る免疫と最前線で働く腸管免疫

病原菌の侵入を段階的に防いで体を守る免疫と最前線で働く腸管免疫

免疫は自然免疫と獲得免疫の2種類があります。体に病原菌やウイルスなど異物の侵入を防ぐため免疫は段階的に戦います。最初は皮膚や鼻、肺、腸などです。特に腸管免疫は最前線で働く免疫です。次は白血球で顆粒球やマクロファージ、樹状細胞、NK細胞です。最後はリンパ球のT細胞とB細胞です。

ダイエットにも効果的!腸の健康に役立つ短鎖脂肪酸を増やそう!

ダイエットにも効果的!腸の健康に役立つ短鎖脂肪酸を増やそう!

脂質は3大栄養素の一つですが中でも短鎖脂肪酸はダイエット効果が期待されています。 短鎖脂肪酸は食物繊維を栄養にして腸内細菌が作りだす「酢酸・プロピオン酸・酪酸」からなります。短鎖脂肪酸には、脂肪細胞の肥大化を防ぐ効果があります。また、腸内を酸性に保ち腸の健康に役立ちます。

糖質の取り過ぎは腸内環境悪化の原因!?血糖値と腸内環境の関係

糖質の取り過ぎは腸内環境悪化の原因!?血糖値と腸内環境の関係

糖質の取り過ぎは腸内環境悪化の原因と関係があります。糖質の過剰摂取は血糖値を急上昇させ、インスリンの大量分泌につながります。すると脂肪細胞が増えて肥満の原因にもなります。さらに糖質の過剰摂取は高血糖を招き、腸内環境が乱れ善玉菌が減少し、悪玉菌が増加に傾きます。

アスリートは肉が命?運動とたんぱく質と腸内細菌の多様性の関係

アスリートは肉が命?運動とたんぱく質と腸内細菌の多様性の関係

運動は大腸がんのリスクを低減させますが、運動と腸内細菌や腸内フローラに何か関係性があるのでしょうか?プロラグビー選手と一般人の腸内細菌を比べるとアスリートであるラクビー選手の方がより多様性があり、食事も肉やプロテインなどから多くのたんぱく質を摂取してることがわかりました。

宿便を出すため腸内洗浄を実施しても腸内環境の改善にならない理由

宿便を出すため腸内洗浄を実施しても腸内環境の改善にならない理由

便秘に悩む女性で宿便を出す理由で腸内洗浄を実施する方がいます。 腸内洗浄は宿便だけでなくダイエットに効果があるため女優やモデルも実施しているとか。しかし、腸内洗浄は腸内環境の改善にはなりませんし、排便能力の低下、腸内細菌を全部洗い流してしまうなどデメリットも多いようです。

腸内の善玉菌を増やすには?善玉菌の多いおすすめの食べ物とは?

腸内の善玉菌を増やすには?善玉菌の多いおすすめの食べ物とは?

腸内には乳酸菌やビフィズス菌を代表とする善玉菌と有害菌である悪玉菌などの腸内細菌が存在します。免疫力を高めるためにも善玉菌を多くしておくこと重要です。善玉菌を増やすにはどのようにすれば良い?善玉菌を増やすおすすめの方法や食べ物やサプリメントなどご紹介いたします。

年とともに食べ物の好みが変わるのは腸のせい?

年とともに食べ物の好みが変わるのは腸のせい?

年とともに食べ物の価値や嗜好が変わってきますよね。その理由は、加齢による体の変化を腸が感知して、脳へ働きかけるために起こるのではないかと言われています。 食べたい物を決めているもの腸が脳へ指令を出していると考えるとその疑問も理解できる気がします。

腸内に悪玉菌が多い人の方が認知症になりやすい?

腸内に悪玉菌が多い人の方が認知症になりやすい?

腸内に悪玉菌が多い人の方が認知症になりやすいと言われています。脳内で分泌される神経伝達物質「セロトニン」や「ドーパミン」などのホルモンは腸で作られています。但し、腸の機能が低下すると脳に必要な栄養素が不足してしまうため認知症を招きやすくなると考えられるわけです。

夏の食中毒の原因となる病原大腸菌「腸管出血性大腸菌」について

夏の食中毒の原因となる病原大腸菌「腸管出血性大腸菌」について

夏は食中毒に注意しましょう。下痢、腹痛、胃腸炎など身体にとって悪影響を引き起こす大腸菌を病原大腸菌と呼んでいます。中でも「腸管出血性大腸菌」は、腸管に出血をもたらす危険な大腸菌です。「O157」は特に有名ですよね。食中毒予防の原則は、食中毒菌を「付けない、増やさない」です。

性格の良い人、悪い人は「腸内細菌」で決まる!?

性格の良い人、悪い人は「腸内細菌」で決まる!?

遺伝子解析により健康や疾患との関わりなど次々と明るみになっていますが、人の性格と腸内細菌が関係しているという面白い研究結果が話題になりました。 腸内細菌は心と体の健康のために必要不可欠ですが「良い性格」も「悪い性格」も腸内細菌が決めている可能性があるというのです。

1 2 3