「 腸内フローラ 」一覧

スポンサーリンク
唾液は免疫にとっても大切!腸内環境と口内環境の意外な共通点とは?

唾液は免疫にとっても大切!腸内環境と口内環境の意外な共通点とは?

腸内環境と口内環境は共通点があります。どちらも多くの細菌が住み、体を守る免疫力に深く関係しています。 口の中の唾液には、侵入した有害物質やウィルスを食い止める免疫機能が備わっている他、消化機能、抗菌力、汚れを落とす自浄力、口の粘膜を乾燥から保護するなど大切な機能が存在します。

腸内フローラにいる腸内細菌は、便と一緒にいつか無くなってしまうの?

腸内フローラにいる腸内細菌は、便と一緒にいつか無くなってしまうの?

便の約10%は腸内細菌の死骸が含ます。但し、毎日の排便で排出されるだけでなく腸内細菌は腸内で分裂増殖を繰り返し、腸内フローラを形成します。そして4~5日間体内に滞在した後、便として排出されます。加齢、ストレスなど腸内環境により腸内細菌の量やバランスは日々変化し続けています。

乳酸菌とビフィズス菌の違いって何?

乳酸菌とビフィズス菌の違いって何?

善玉菌の代表である乳酸菌とビフィズス菌の違いは、主に大腸に生息して便秘や下痢など整腸作用があるのがビフィズス菌で、主に小腸に生息して整腸以外にも免疫力を高めたり、アレルギーへの効果があるのが乳酸菌です。いずれも腸内環境を整え、腸内フローラを健康にするため重要な腸内細菌です。

アルコール依存症の人の腸内細菌は悪玉菌などの有害菌が多かった!

アルコール依存症の人の腸内細菌は悪玉菌などの有害菌が多かった!

アルコール依存症の腸内フローラ(腸内細菌)は健康な人よりも通性嫌気性菌が多い傾向にあります。代表的な通性嫌気性菌は、大腸菌、肺炎桿菌、インフルエンザ菌、サルモネラ菌、コレラ菌、腸炎ビブリオ菌などの悪玉菌=有害菌です。飲酒習慣に喫煙習慣が加わることさらにその傾向が増すようです。

美容と健康のカギは腸内フローラ!腸内細菌を検査しよう!

美容と健康のカギは腸内フローラ!腸内細菌を検査しよう!

最近、乳酸菌ブームです。テレビでも専門家の先生も言う通り、腸活は美容や健康の秘訣です。 そこで、自分の腸内細菌を検査できるサービスを存知ですか?便に含まれる腸内フローラ中の遺伝子を解析し、腸内環境の推移や腸内細菌の構成、主要な細菌の割合、健康状態までを検査してくれます。

腸内細菌はいつから棲みつく?赤ちゃんの腸内細菌はどこから来るの?

腸内細菌はいつから棲みつく?赤ちゃんの腸内細菌はどこから来るの?

赤ちゃんの腸内細菌はどこから来るのでしょうか?お腹の中の赤ちゃんには腸内細菌は存在しません。産道を通る過程や母乳を通じ腸内細菌が増えます。乳児期には、腸内細菌の95%以上が乳酸菌やビフィズス菌など善玉菌で占められます。赤ちゃんの腸内細菌は母親からの大事なプレゼントです。

「善玉菌と悪玉菌」vs「抗生物質」の仁義なき戦い!?腸内細菌ゲームが登場!

「善玉菌と悪玉菌」vs「抗生物質」の仁義なき戦い!?腸内細菌ゲームが登場!

腸内細菌の戦いを陣取りゲームにした腸内細菌ボードゲーム「バクテロイゴ」。腸内細菌の大切さをゲームで学べます。中でも注目したのは「抗生物質」。 抗生物質は、感染症から人を救ういますが、過剰摂取は、腸内細菌も殺してしまうので、下痢や免疫力を低下させてしまう原因にもなります。

とっても深い免疫とアンチエイジングと腸内細菌の関係!

とっても深い免疫とアンチエイジングと腸内細菌の関係!

腸の健康にとって最も重要なのが食生活です。それは食事によって腸内細菌のバランスが決まるからです。人の腸の中には乳酸菌を代表とする善玉菌と有害菌である悪玉菌などの沢山の腸内細菌が住んでいますが、健康な人の腸内環境は善玉菌と悪玉菌それぞれがバランス良く保たれています。

1 2