「 自己免疫 」一覧

スポンサーリンク
腸管に穴が開く「リーキーガット症候群」とは!?

腸管に穴が開く「リーキーガット症候群」とは!?

リーキーガット症候群(Leaky Gut Syndrome)は、腸管浸漏症候群とも呼ばれます。食べ物などの栄養素は分解され、腸内の細胞の隙間から吸収されるのですが、リッキーガット症候群になると、腸管の粘膜細胞に穴が開き、本来通過出来ない有害菌、ウイルスや食物が漏れ出す現象なのです。

唾液が減って口内が乾燥する!!「ドライマウス」は免疫力低下のサイン!

唾液が減って口内が乾燥する!!「ドライマウス」は免疫力低下のサイン!

「いつも口が渇く」「口の中に不快感がある」「口臭がきつい」など、唾液が減って口内が乾燥する「ドライマウス」に悩まれている方が多いようです。唾液は口内細菌の中の雑菌繁殖を抑える免疫機能を兼ね備えております。唾液が減り口内が乾燥することで免疫力が低下し・・

難病「潰瘍性大腸炎」を持病にもつ日本で一番の有名人は?

難病「潰瘍性大腸炎」を持病にもつ日本で一番の有名人は?

潰瘍性大腸炎は大腸の粘膜が傷つき、びらんや潰瘍が生じることで、発熱、腹痛、下痢、血便、嘔吐、貧血などの症状が生じる大腸の炎症性疾患で、難病指定にされていますす この難病である潰瘍性大腸炎を持病にもつ日本で一番の有名人と言えば、安倍晋三内閣総理大臣です。

自己免疫疾患「シェーグレン症候群」とはどんな病気?

自己免疫疾患「シェーグレン症候群」とはどんな病気?

シェーグレン症候群は、免疫異常による自己免疫疾患ひとつです。中高年女性に多く、目や口の乾燥(ドライアイやドライマウス)などの症状から関節痛など体全体に症状が現れる場合があります。シェーグレン症候群は、潰瘍性大腸炎やパーキンソン病、クローン病と同様に指定難病の一つです。

原因不明の難病「潰瘍性大腸炎」とは?

原因不明の難病「潰瘍性大腸炎」とは?

潰瘍性大腸炎は大腸の粘膜にびらんや潰瘍ができる大腸の病気です。主な症状は、下痢、下血を伴う軟便、腹痛、残便感など。潰瘍性大腸炎の原因は、ストレス・自己免疫異常・遺伝・食生活・腸内細菌などと言われますが、緩解と再発を繰り返えし、根治が難しいことから国の難病指定にされています。

原因不明の慢性蕁麻疹(じんましん)と自己免疫の関係

原因不明の慢性蕁麻疹(じんましん)と自己免疫の関係

慢性蕁麻疹(じんましん)は、アレルギー疾患の一種です。アレルギー反応は本来無害な物質に免疫力が過剰に反応してしまう自己免疫疾患で、免疫細胞がコントロール不能に陥った状況です。慢性蕁麻疹は、原因不明な場合も多く、疲労、ストレス、ウイルス、薬など様々な理由が考えられます。

腸の悪化が原因となる5つの重大疾患とは?

腸の悪化が原因となる5つの重大疾患とは?

腸の悪化が原因となる5つの重大疾患は、下痢,潰瘍性大腸炎,アレルギー性疾患,大腸がん,食物アレルギーです。大腸がんは日本の女性のがん死亡の1位です。一番の原因は食生活、特に食物繊維不足による便秘です。便が長い時間腸内に留まることは腸内環境の悪化をもたらします。

スポンサーリンク