「 自律神経 」一覧

スポンサーリンク
良く眠れるのは腸内環境が整ったおかげ?不眠症や睡眠障害を改善

良く眠れるのは腸内環境が整ったおかげ?不眠症や睡眠障害を改善

不眠症や睡眠障害をもつ人は腸内環境にも問題を抱えている人が多いようです。 睡眠ホルモン「セロトニン」の殆どは腸内で作られています。腸内環境が悪いとセロトニンが脳まで上手く運搬されず脳がセロトニン不足なります。 腸内環境悪いと睡眠にも悪影響を与えることは間違いない事実です。

不眠や睡眠不足には注意!自律神経が乱れ腸内環境も悪化する!

不眠や睡眠不足には注意!自律神経が乱れ腸内環境も悪化する!

不眠、睡眠障害などでの睡眠不足は腸内環境を悪化させます。睡眠不足が続くと自律神経が乱れ、交感神経が強く副交感神経は弱くなります。すると腸内環境も悪化してセロトニンが上手く分泌されなくなり、睡眠ホルモンのメラトニンも不足してしまい睡眠の質が更に低下する悪循環に陥ります。

芸能人も悩むパニック障害は脳内ホルモンであるセロトニンがカギ

芸能人も悩むパニック障害は脳内ホルモンであるセロトニンがカギ

パニック障害の特徴は、原因不明のパニック発作を起こすことです。パニック障害は睡眠に関係深い神経伝達物質セロトニンという脳内ホルモン不足が発症原因と考えられます。トリプトファンを原料にするセロトニンは約90%が腸内で作られますので、睡眠・食事・腸を整えることが大切です。

夏は自律神経を乱す季節!身近に潜む「自律神経失調症」~その1

夏は自律神経を乱す季節!身近に潜む「自律神経失調症」~その1

夏場に意外と多いのが自律神経失調症で悩まれるケースです。 ストレスの多い環境にいる方はもちろんですが、寒暖の差が激しいこと夏は、交感神経と副交感神軽のバランスが崩れて自律神経を乱す可能性が高くなります。自律神経失調症は誰でもなる可能性ある症状です。

便秘になると眠れない!?不眠につながる腸内環境と睡眠の深い関係

便秘になると眠れない!?不眠につながる腸内環境と睡眠の深い関係

便秘により不眠など睡眠弊害に悩やんでいる方が多いようです。 自律神経の乱れは、腸内環境を悪化させ、便秘の原因になります。また、腸で生成される睡眠に関係が深いメラトニンやセロトニンなどのホルモン分泌にも悪影響を与えます。このように腸内環境と睡眠は深い関係にあるのです。