「 認知症 」一覧

スポンサーリンク
腸内に悪玉菌が多い人の方が認知症になりやすい?

腸内に悪玉菌が多い人の方が認知症になりやすい?

腸内に悪玉菌が多い人の方が認知症になりやすいと言われています。脳内で分泌される神経伝達物質「セロトニン」や「ドーパミン」などのホルモンは腸で作られています。但し、腸の機能が低下すると脳に必要な栄養素が不足してしまうため認知症を招きやすくなると考えられるわけです。

なぜ「歩く」ことが「脳の老化予防」に良いのか?

なぜ「歩く」ことが「脳の老化予防」に良いのか?

歩くことは「脳の老化予防」に優れています。歩くたびに下半身のたくさんの筋肉が動くと同時に、脳と体の司令塔である「脳幹」を刺激します。歩くことは下半身の筋肉から神経を通じて脳に刺激を与えつづけることなり、それが脳の老化を防止する上でも絶大の効果があるのです。

増え続ける女性の「アルコール依存症」の危険性について

増え続ける女性の「アルコール依存症」の危険性について

年々女性の「アルコール依存症」が増えてます。アルコール依存症の危険性は心身ともに飲酒に依存してしまうことです。症状が進めば、仕事上のトラブル、人間関係の悪化、失業や貧困にもつながるだけでなく、腸内環境の悪化や肝硬変、肝臓がん、認知症など生活習慣病の原因となります。

老化による物忘れと認知症の違いと増加する50代の若年性認知症

老化による物忘れと認知症の違いと増加する50代の若年性認知症

認知症は海馬の萎縮が原因となる脳の炎症による障害です。50代の若年性認知症が増えています。若年性と高齢者での認知症の病理的な違いはありません。老化による物忘れ「体験の一部分を忘れる」こと。しかし、認知症による物忘れは「体験したこと自体を忘れてしまう」ことです。

老化は遺伝?それとも環境?老化の原因を探る有力な5つの説!?

老化は遺伝?それとも環境?老化の原因を探る有力な5つの説!?

体が錆びついてしまうことが「老化」です。人は加齢とともに老化が進みますが、老化の原因とはいったい何でしょう?老化の原因は細胞寿命 ・内分泌・DNA損傷・活性酸素などの5つの説がありますが、やはり、遺伝的な問題にプラス「環境的な要因」が多くきな原因と言えそうです。

免疫力が低下した口の中は細菌だらけ!崩れる口内フローラのバランス

免疫力が低下した口の中は細菌だらけ!崩れる口内フローラのバランス

口の中には「口内細菌」が数百種、数千億個棲んでいます。腸内細菌と同様にお口の中でもバランスを取り「口内フローラ」を形成し口腔内の健康に役立っています。但し、口内フローラのバランスは崩れやすく、免疫力が低下すると歯周病菌、ミュータンス菌などが血管内にすぐ入ってきます。すると・・