今年も注意!夏のウイルス性感染症について

スポンサーリンク

健康一番!!ヘルシーワンショッピング店長の齋藤です。
沖縄が梅雨明けしましたね!
それ以外の地域はジメジメとして湿気の多い蒸し暑さが約1ヶ月ほど続きますよね。
ただ、暑いからと言って冷たいものの摂りすぎは注意が必要です。

暑いからと言って冷たいものの摂りすぎは注意が必要

この時期、蒸し暑さから食欲不振になったり、冷たい飲み物を取りすぎて、お腹を壊したり、夜更かしで生活習慣が乱れたり、体調を崩しがちです。

また、夏のウイルス性感染症も気をつけなくてはいけません。

夏はウイルス性感染症が増える!?

感染症と一口にいっても様々な書類があります。
通常私ちがよく耳にするのはインフルエンザなどに代表されるウイルス性感染症と以前話題になったO-157などの病原性大腸菌、いわゆる細菌感染症などがあります。

病原性大腸菌O-157の画像

画像引用:http://www.goo.gl/2R6qA1

感染症は、ウイルスや細菌、微生物などが皮膚や粘膜などから体内に侵入して増殖しさまざまな症状を起こす病気のことです。

夏場のウイルス性感染症は人から人へと感染者を増やす

夏場に流行るウイルス性感染症といえば食中毒が代表的です
先ほどもお話した通り、胃腸が不調になり、腸内環境の乱れによって体全体の免疫力がダウンするため起こることが多いようです。

食中毒は腸内環境の乱れによって免疫力がダウンすることが原因です

また、最近の報道によれば、乳幼児を中心に流行する急性ウイルス感染症の「手足口病」の患者数が増加しているとのこと。

一般的には夏場に流行し、口腔粘膜や手、足などに現れる水泡性の発疹が主な症状ですが、まれに急性髄膜炎や急性脳炎などの合併症を起こすこともあるので注意が必要です。

夏は乳幼児を中心に手足口病が増加する時期です

抵抗力が弱い子供が中心ではありますが、人から人へと感染者を増やすのが夏場ウイルス性感染症の特徴です。

アデノウイルス感染症、リンゴ病、ヘルパンギーナなども高熱が長く続き治った後もウイルスが咽頭や便からうつるケースが多いのでお子様に限らず、高齢者の方々への注意も大切ですよね。

感染症予防の対策は?

では、このような感染症を予防するには、どうしたらよいでしょうか?
極めて、当たり前のことですが、外出先から帰ったときや食事前の手洗いやうがいきちんとすることでかなり予防につながります。

見た目にキレイだからといって判断しないでくださいね。

手洗いやうがいは感染症予防の基本です
手洗いによって手や指を介した接触感染を防ぐことができると同時に、一方で、自分や家族が感染している場合は、汚れた手や指を介して周囲環境を汚染することを抑え、接触感染によって周りの人に広がるのを防ぐことができます。

また、食事の際も、念入りに手や食材を洗う、食材に十分に火を通すなど衛生管理につとめるようにしましょう。

まとめ

さらに、日焼けをして肌が乾燥すると体力の消耗や免疫力の低下につながることも覚えておいてくださいね。
たかが日焼けとあなどらないこと
旅行やレジャーを楽しむ場合は、きちんと紫外線対策しましょう。

紫外線対策も必要、日焼けをあなどらないこと

体のチカラである免疫力を高めておくことも予防のポイントです。

休養を十分にとり、栄養バランスがとれた食事、特にたんぱく質やビタミン類など腸を元気にする食物繊維などを意識して摂取してこれからの暑い季節を元気に乗り越えましょうね!

特許取得の特別な乳酸菌EF2001が1兆個!
乳酸菌サプリメント「メガサンA150」♪
子供もお年寄りも腸元気な健康生活│乳酸菌サプリメント「メガサンA150」

健康ブログランキング掲載中
クリックお願い致します(^^)
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする