5月15日はヨーグルトの日!腸内細菌を元気にするおすすめの食べ方は?

スポンサーリンク

健康一番!!ヘルシーワンショッピングです!
今日、5月15日はヨーグルトの日ってご存知でしたか?
ヨーグルト長寿説を提唱された、ロシアのメチニコフ博士の誕生日が由来とか。

お手軽にビフィズス菌や乳酸菌を摂取できる代表はやっぱり「ヨーグルト」。
さまざまな種類のヨーグルトがありますが、私的にはあまり甘くないプレーンな味のヨーグルトが好きです。

ブログでもおススメしましたが「ホットヨーグルト」は馴染みはないかもしれませんが、なかなかいいですよね!

そこで、ヨーグルトについての素朴な疑問とおすすめの食べ方についてご紹介いたします!

ヨーグルトの乳酸菌は本当に生きて腸に届く?

ヨーグルトをはじめ、生きて届くと言われている乳酸菌ですが、摂取してもほとんどが胃や消化液の強酸で死滅してしまい、生きて腸には届きません。

ヨーグルト食べても無駄ということではなく、生き死に関係なく乳酸菌の菌体そのものが体にとって有用なものなのです。

ヨーグルトの乳酸菌は腸に住み着く?

残念ながらこれも住み着くことはできません。
人の腸内には1,000兆個も腸内細菌がいると言われており、善玉菌や悪玉菌などが腸内フローラなるものを形成して人を有害菌などから守っています。

その中に入ってきた、ヨーグルトの乳酸菌はあなたのお腹の腸内細菌たちにとって、いわばよそ者。
よそ者は出来るだけ排除しようとするのが自然のルールですよね。
従って、腸内で整腸などの良い働きはするものの、ヨーグルトの乳酸菌自体が住み着くことはありません。

従いまして、ヨーグルトに限らず乳酸菌は毎日続けて摂取してあげることが必要です。

腸内細菌を元気にするおすすめの食べ方は?

間食にお菓子や甘いものばかり食べると糖質過多になってしまいます。
なので、ヨーグルトおやつにもってこいではないでしょうか?
(※甘くなくプレーンタイプがいいですね。)

おすすめの食べ方が、レーズンやプルーンなどのドライフルーツやアーモンドやカシューナッツナッツなどのナッツ類を細かくカットしてヨーグルト混ぜて食べることです。

ヨーグルトは腸内細菌の栄養になりますし、ドライフルーツやナッツはビタミンや抗酸化成分が豊富に含まれていますので小腹がすいたときにはもってこいですよね。

ただ、ドライフルーツも沢山摂取すると糖分が多くなってしまいますので摂りすぎは要注意です。

インフルエンザに効くなどと特定のヨーグルトがマスコミに取り上げられて、品薄になったり人気になったりしていますが、専門家のおっしゃる通りしょせんはヨーグルト

乳酸菌の量も質も限られています
期待しすぎず、美味しく頂くのがベターですね。

特許取得の特別な乳酸菌EF2001が1兆個!
乳酸菌サプリメント「メガサンA150」♪

健康ブログランキング掲載中
クリックお願い致します(^^)
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする