「 improve-immunity 」一覧

スポンサーリンク
腸は病気になりやすい?ストレスは腸の働きが低下する一番の原因

腸は病気になりやすい?ストレスは腸の働きが低下する一番の原因

腸は病気になりやすい臓器です。 腸内環境は様々な原因で変化しますが中でもストレスは腸の働きが低下する一番の原因です。生命の恒常性維持の免疫・ホルモン・神経のバランスが崩れます。 腸の機能低下が起こると、腸の神経やホルモンにも悪影響を与え、体全体の免疫の働きが低下します。

春の敏感肌に注意!肌バリア機能低下が原因となる花粉皮膚炎とは

春の敏感肌に注意!肌バリア機能低下が原因となる花粉皮膚炎とは

春の敏感肌に注意!肌バリア機能低下が原因となる花粉皮膚炎とは何でしょう? 花粉が皮膚に接触することで生じる皮膚炎を花粉皮膚炎いいます。顔を中心に、目の周り・まぶた・ほほ・あご・首周りなど赤いつぶつぶや発疹が現れます。 自覚症状がないため花粉の影響を徐々に受けることに!

花粉症やアレルギー体質を体の内側から改善する6つのヒント!

花粉症やアレルギー体質を体の内側から改善する6つのヒント!

花粉症を含めアレルギー性疾患の数は増え続けています。 世の中にあるアレルギー対策の多くは対処療法であり根本的な解決方法ではありません。 体の炎症作用であるアレルギーを抑えるには免疫力がカギを握ります。 そこでアレルギー体質を体の内側から改善する6つヒントをご紹介します。

口から感染するピロリ菌は胃がんや腸内環境悪化の原因になる細菌

口から感染するピロリ菌は胃がんや腸内環境悪化の原因になる細菌

ピロリ菌は口から感染し胃の中で唯一生存できる細菌です。 ピロリ菌に感染した胃の中は粘液が傷くだけでなくアンモニアなどで胃酸を中和し胃酸を薄めて消化不良や炎症を起こし易くなります。ピロリ菌は胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍胃炎や胃がんだけでなく腸内環境悪化の原因にもなります。

脳と腸はつながっている!健康生活に極めて大切な腸のもつ重要な働き

脳と腸はつながっている!健康生活に極めて大切な腸のもつ重要な働き

腸のもつ重要な働きは「食べ物の消化と吸収」「血液の材料をつくる」「乳酸菌などの分泌物により免疫力を高める」「老廃物や毒素を便として排泄」「腸内細菌で酵素やビタミンを合成」など。脳腸相関による腸は脳とつながっているだけでなく他臓器や神経などと連携して健康を維持に役立つ。

初期症状がなくがんが進行?堀ちえみさんが診断された舌がんとは

初期症状がなくがんが進行?堀ちえみさんが診断された舌がんとは

タレントの堀ちえみさんがステージ4の舌がんと診断され手術されました。舌がんは口腔がんの一種ですが初期症状がなくがんが進行する場合も多いようです。 発症原因は不明ですが喫煙、アルコール、刺激の強い食べ物、合わない入れ歯による粘膜損傷など慢性的な刺激が考えられています。

吸収だけじゃない!免疫・幸福・精神・睡眠に関わる小腸の役割

吸収だけじゃない!免疫・幸福・精神・睡眠に関わる小腸の役割

お腹というと大腸をイメージする方が多いですが、小腸は栄養の吸収・免疫・幸福・精神・睡眠に重要な役割を持っています。特に腸内の免疫細胞の多くは小腸に集中しています。 また、人の幸福や精神の安定、睡眠にも関係が深くセロトニンというホルモンの約90%が小腸に存在します。

インフルエンザが流行中!「くしゃみ」を口を手で押さえちゃダメ

インフルエンザが流行中!「くしゃみ」を口を手で押さえちゃダメ

インフルエンザが流行中ですが「くしゃみ」の際に口を手で押さえるのはダメ!手で口を押さると手にウイルスがつきます。そのまま周囲をモノを触ることでウイルスが拡散し接触感染の可能性が高まります。 感染予防のためにもとっさの「くしゃみ」は肘を曲げ服の内側や袖で覆うのが正しい方法です。

軽度認知障害(MCI)の方が増加中!運動と食事で認知症を予防

軽度認知障害(MCI)の方が増加中!運動と食事で認知症を予防

認知症は脳の病気です。近年、認知症予備軍である軽度認知症者が増えています。 認知症発症の大きな要因は筋肉量減少に伴う活動性の低下です。 「動かなくなること」と「認知症発症」は表裏一体なのです。 認知症予防に効果的なことは「運動」「食事」「認知トレーニング」です。

1 2 3 4 22