スポンサーリンク
糖尿病の人の腸内は、善玉菌と悪玉菌の腸内細菌バランスが悪い!

糖尿病の人の腸内は、善玉菌と悪玉菌の腸内細菌バランスが悪い!

国内でも約2,100万人が糖尿病か糖尿病予備群と言われています。糖尿病の人の腸内は、善玉菌と悪玉菌の腸内細菌バランスが悪く、糖尿病の人の腸内は善玉菌が少ない特徴があります。腸内細菌が糖尿病に影響を与えるという専門機関からの報告が注目されています。

便秘による腸内環境の悪化は肝臓の解毒機能を低下させる原因

便秘による腸内環境の悪化は肝臓の解毒機能を低下させる原因

便秘による腸内環境の悪化は肝臓の解毒機能を低下させる原因です。肝臓は栄養の貯蔵、胆汁の作成、解毒など生命維持のため多くの働きをします。腸内の腐敗で悪玉菌が発生させるアンモニアなどの有害物質が血中から肝臓へ流れます。すると肝臓のもつ解毒機能への負担が増大します。

がん治療のための手術が免疫力低下の原因という落とし穴

がん治療のための手術が免疫力低下の原因という落とし穴

がん治療の外科手術、抗がん剤、放射線治療は免疫力を低下させる原因です。 手術や治療は心身共に極度の緊張と消耗を強いられます。自分や家族ががんになったら医者任せにせず納得いく治療法を選択するべきですが、手術は最小限にとどめ免疫力を上げる治療や生活を工夫したいと考えます。

宿便は存在しないという真実と腸内環境に良い習慣・悪い習慣

宿便は存在しないという真実と腸内環境に良い習慣・悪い習慣

医学用語に「宿便」という言葉は存在しません。腸内環境の悪化は「宿便」ではなく「滞留している便」がもたらしています。腸内を常に良い状態で保てれば、疲れ知らず、病気知らずの健康的な日々を過ごせます。日ごろから腸内環境を良い習慣や悪い習慣をしっかり学んでおきましょう。

免疫力が低下するとくり返し再発するやっかいな膣カンジタ症

免疫力が低下するとくり返し再発するやっかいな膣カンジタ症

カンジタ菌は膣内だけでなく皮膚、口内、腸に存在する細菌です。ストレス、睡眠不足、ホルモンバランスの乱れなど免疫力が低下すると急激に増加して膣カンジタ感染症となって現れ、しかも再発をくり返します。特に閉経後の女性は膣内の自浄能力が低下し、カンジタ菌が繁殖しやすくなります。

腸が動かなくなって排便が困難になる麻痺性イレウスについて

腸が動かなくなって排便が困難になる麻痺性イレウスについて

麻痺性(まひせい)イレウスは、腸内で炎症が起きることで腸管ぜんどう運動能力が低下し、排便も困難にり腹痛、吐き気、嘔吐などの症状が出る病気です。腸閉塞との違いは、腸がつまったり狭くなったりしていない点です。 麻痺性イレウスの原因は急性腹膜炎がもっとも多いと言われています。

宿便を出すため腸内洗浄を実施しても腸内環境の改善にならない理由

宿便を出すため腸内洗浄を実施しても腸内環境の改善にならない理由

便秘に悩む女性で宿便を出す理由で腸内洗浄を実施する方がいます。 腸内洗浄は宿便だけでなくダイエットに効果があるため女優やモデルも実施しているとか。しかし、腸内洗浄は腸内環境の改善にはなりませんし、排便能力の低下、腸内細菌を全部洗い流してしまうなどデメリットも多いようです。

紫外線は皮膚を傷つけ、肌の老化や免疫力を低下させる原因!

紫外線は皮膚を傷つけ、肌の老化や免疫力を低下させる原因!

紫外線は肌の老化を早めるだけでなく免疫力を低下させる原因です。 皮膚の表皮内にはランゲルハンス細胞という免疫細胞が存在しますが、加齢による減少の他に紫外線の影響で発生した活性酸素がランゲルハンス細胞を含む表皮細胞を傷けることで、皮膚のがん化の危険性を高めます。

体の守る免疫細胞(白血球)の作られる場所と腸に集中する理由

体の守る免疫細胞(白血球)の作られる場所と腸に集中する理由

体を外敵から守る免疫細胞(白血球)は腸に7集中しています。 免疫細胞は主に骨髄にある造血幹細胞で作られます。腸は外とつながる臓器で、全身の粘膜と免疫細胞を結ぶ重要な役割を持ちます。 食べ物に含まれる栄養分と侵入する有害物質を取り除くため腸内に免疫細胞が集中しているのです。

1 2 3 4 17