スポンサーリンク
誤嚥性肺炎や出産にも影響?全身疾患の原因となる歯周病菌について

誤嚥性肺炎や出産にも影響?全身疾患の原因となる歯周病菌について

歯周病はアルツハイマー型認知症だけでなく動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞、自己免疫疾患、関節リューマチ、糖尿病らの全身疾患と密接に関係があります。 また、歯周病が誤嚥性肺炎や出産にも悪影響を与えると歯科専門家が警告をしていますが、乳酸菌が歯周病の予防にも役立つことが分ってきました。

寝たきりや認知症の原因となる高齢者の転倒による骨折に要注意!

寝たきりや認知症の原因となる高齢者の転倒による骨折に要注意!

高齢者の転倒による骨折事故は、寝たきりや認知症の原因となるので注意が必要です。 その骨折の多くは骨粗しょう症による原因で、一番多いのが転倒です。起こりやすい骨折箇所に「大腿骨近位部」「脊椎圧迫」「上腕骨近位部」「橈骨遠位端」が挙げられます。

便秘と不眠で悩む人増加中!腸内環境改善して便秘も不眠も解消

便秘と不眠で悩む人増加中!腸内環境改善して便秘も不眠も解消

便秘と不眠で悩む人が増えています。 ストレスで慢性的な不眠症になり、不眠が原因で便秘になってしまいます。 また、睡眠薬の副作用で便秘気味になる方も多いようです。 便秘と不眠症は深い関係にありますが薬に頼らず自然な排便と睡眠を促す方法を心掛けましょう。

お客様の口コミ~○○○○の改善、○○の解消に劇的な効果が・・(大阪府/44才)

お客様の口コミ~○○○○の改善、○○の解消に劇的な効果が・・(大阪府/44才)

乳酸菌サプリメント,メガサンA150,口コミ,評判 乳酸菌サプリメント「メガサンA150」。お客様から頂きました喜びの声や口コミ・レビュー・感想を紹介します! お客様の口コミ~○○○○の改善、○○の解消に劇的な効果が・・(大阪府/44才)

腸内環境改善のカギとなる腸内フローラを良くする乳酸菌の選び方

腸内環境改善のカギとなる腸内フローラを良くする乳酸菌の選び方

腸内フローラということばが最近話題になっています。 腸内環境をよくすることは、病気に負けないで健康な生活を送るための第一歩です。 今回は、腸内環境改善のカギとなる腸内フローラとはどういうものなのか?腸内フローラ良くするための乳酸菌の選び方などを解説します。

コロコロ便は赤信号!?子供の便秘を解消するおすすめの対策

コロコロ便は赤信号!?子供の便秘を解消するおすすめの対策

便秘は大人だけでなく小学生の子供にも起こります。固くなって排便が困難になるといきみすぎて肛門が切れて血が出たりする場合も。薬に頼らず子供の便秘を治したいという悩みをお持ちのご家庭は意外と多いです。そこで手軽に出来る子供の便秘を解消するおすすめ対策についてお話します。

入学試験までわずか!中学受験生へおすすめインフルエンザ対策は?

入学試験までわずか!中学受験生へおすすめインフルエンザ対策は?

入学試験までわずか!中学受験生へおすすめインフルエンザ対策とは何でしょうか? インフルエンザの効果的な予防方法を紹介します。・手洗いうがいを徹底・部屋の湿度を高める・しっかり睡眠を取る・乳酸菌やヨーグルトを取る・日頃から免疫力を高める・お腹を冷やさないなどです。

寝不足や体調不良が原因の感染症!夏にカンジダ腟炎が増えるワケ

寝不足や体調不良が原因の感染症!夏にカンジダ腟炎が増えるワケ

暑さによる寝不足や体調不良が原因で夏にカンジダ腟炎などの感染症に悩まされる方も多い。カンジダ菌は皮膚、口、腸、膣などにいる常在菌です。免疫力が低下すると腟の中で増殖しますが抑えるには、腸内環境を整えて感染経路であるお腹の中のカンジタ菌の数を減らして免疫力を上げることが必要です。

不妊で悩む人は便秘がち?腸内環境の改善が妊活成功の秘訣です!

不妊で悩む人は便秘がち?腸内環境の改善が妊活成功の秘訣です!

不妊で悩む人は便秘がちです。腸内環境の改善が妊活成功の秘訣です! 便秘が妊活に悪い主な理由は、悪玉菌が増殖して毒素が体に吸収さたり、子宮、卵巣、卵管など妊娠に必要な臓器を圧迫する、免疫力が低下し体調のバランスを崩しやすくなる、腸のぜんどう運動が低下して冷えにつながるなど。

良く眠れるのは腸内環境が整ったおかげ?不眠症や睡眠障害を改善

良く眠れるのは腸内環境が整ったおかげ?不眠症や睡眠障害を改善

不眠症や睡眠障害をもつ人は腸内環境にも問題を抱えている人が多いようです。 睡眠ホルモン「セロトニン」の殆どは腸内で作られています。腸内環境が悪いとセロトニンが脳まで上手く運搬されず脳がセロトニン不足なります。 腸内環境悪いと睡眠にも悪影響を与えることは間違いない事実です。

1 2 3 4 23