スポンサーリンク
子供の口腔崩壊が危ない!虫歯のない歯は全身の健康につながる!

子供の口腔崩壊が危ない!虫歯のない歯は全身の健康につながる!

虫歯のない歯は腸力・唾液力・脳の発育など全身の健康につながります。 子供の口腔崩壊が危惧されていますが歯の虫歯放置は虐待といってもいいすぎではありません。食育と歯のケアを子供にしっかりと教えてあげることは孫世代以降の健康にもつながることをしっかりと認識すべきです。

激しい腹痛、吐き気、膨満。予防法ない危険な腸の病気「腸閉塞」

激しい腹痛、吐き気、膨満。予防法ない危険な腸の病気「腸閉塞」

腸閉塞の症状は腹部膨満、吐き気や嘔吐、激しい腹痛です。 原因は便秘、腸の炎症やがんの他、開腹手術による腸管癒着など。重篤な場合、脱水症状による意識障害や、腸管破裂による感染症や腹膜炎を引き起こします。腸閉塞は最悪死にいたる危険な腸の病気ですが決め手となる予防法がありません。

五月病は新入社員だけじゃない!自律神経の乱れが起きやすい理由

五月病は新入社員だけじゃない!自律神経の乱れが起きやすい理由

五月病は新入社員だけの病気ではありません。この時期自律神経の乱れが起きやすい理由があります。自律神経が乱れる最大の原因は「ストレス」です。 生活環境や人間関係の変化により、精神的ストレスが溜まり自律神経バランスが崩れ、うつになったり自殺者が多い時期でもあるのです。

便秘解消のための効果的なアドバイス!水分補給足りていますか?

便秘解消のための効果的なアドバイス!水分補給足りていますか?

便秘解消に効果的なアドバイスは水分を出来るだけ多く摂取することです。飲み水として最低必要な水分量は1日に約1リットル。排便を促すのにおすすめの時間帯は腸のゴールデンタイムである朝です。がぶ飲みせず少しずつを常温でお水をとるのが便秘にも腸にも優しく効果的です。

腸内環境の腐敗で便臭やおならがクサい!体臭や口臭の原因にも!

腸内環境の腐敗で便臭やおならがクサい!体臭や口臭の原因にも!

便の臭いは腸内環境の状態を表します。 腸内細菌バランスが崩れ悪玉菌優勢になると腸内環境の腐敗に繋がり、硫化水素、アンモニアなど有害ガスが発生し便臭やおならが臭くなります。また、便が腸内に長く滞留すると便秘や腸から血液に取り込まれ体臭や口臭の原因にもなります。

糖尿病の人の腸内は、善玉菌と悪玉菌の腸内細菌バランスが悪い!

糖尿病の人の腸内は、善玉菌と悪玉菌の腸内細菌バランスが悪い!

国内でも約2,100万人が糖尿病か糖尿病予備群と言われています。糖尿病の人の腸内は、善玉菌と悪玉菌の腸内細菌バランスが悪く、糖尿病の人の腸内は善玉菌が少ない特徴があります。腸内細菌が糖尿病に影響を与えるという専門機関からの報告が注目されています。

便秘による腸内環境の悪化は肝臓の解毒機能を低下させる原因

便秘による腸内環境の悪化は肝臓の解毒機能を低下させる原因

便秘による腸内環境の悪化は肝臓の解毒機能を低下させる原因です。肝臓は栄養の貯蔵、胆汁の作成、解毒など生命維持のため多くの働きをします。腸内の腐敗で悪玉菌が発生させるアンモニアなどの有害物質が血中から肝臓へ流れます。すると肝臓のもつ解毒機能への負担が増大します。

がん治療のための手術が免疫力低下の原因という落とし穴

がん治療のための手術が免疫力低下の原因という落とし穴

がん治療の外科手術、抗がん剤、放射線治療は免疫力を低下させる原因です。 手術や治療は心身共に極度の緊張と消耗を強いられます。自分や家族ががんになったら医者任せにせず納得いく治療法を選択するべきですが、手術は最小限にとどめ免疫力を上げる治療や生活を工夫したいと考えます。

宿便は存在しないという真実と腸内環境に良い習慣・悪い習慣

宿便は存在しないという真実と腸内環境に良い習慣・悪い習慣

医学用語に「宿便」という言葉は存在しません。腸内環境の悪化は「宿便」ではなく「滞留している便」がもたらしています。腸内を常に良い状態で保てれば、疲れ知らず、病気知らずの健康的な日々を過ごせます。日ごろから腸内環境を良い習慣や悪い習慣をしっかり学んでおきましょう。

1 2 3 4 17