腸の免疫力を高めればインフルエンザも怖くない!?

スポンサーリンク

健康一番!!ヘルシーワンショッピングです!

インフルエンザ予防には免疫力を高めることが一番!

国立感染症研究所などの発表によれば今年も流行が予測させる「インフルエンザ」ですが、インフルエンザ予防にはウイルスが体内に入るのを防ぐ、つまりウイルスを吸い込まないようにする工夫が必要ですよね。

インフルエンザ予防には免疫力を高めることが一番です

そのためには、外出時のマスクの着用などはもちろん、手洗い・うがいを徹底することが効果的です。

うがいはのどの乾燥を防ぐ効果もあります。

また、ウイルスは低温、低湿を好み、乾燥しているとウイルスが長時間空気中を漂っていますので加湿器などで室内の適度な湿度を保つことも大切です。

インフルエンザワクチンの接種も良いと思いますが、お勧めしたい予防策は「体の抵抗力を高めること」意識することです

もちろん、インフルエンザワクチンの接種も良いとは思いますが、私がお勧めしたいもっとも有効な予防策は「体の抵抗力を高める=免疫力を高める意識をもつこと」です。

私たちにもともと備わっている「自然に自分を守る力=免疫力」を日ごろから高めておくことが一番大切ですね!

特別な乳酸菌が一兆個も!
腸が元気ならカラダも元気
腸の健康を考えた特別な乳酸菌EF2001が1兆個│乳酸菌サプリメント「メガサンA150」

あなたはインフルエンザに掛かかりやすい?掛かりにくい?

インフルエンザウイルスが流行しても、感染した全員が、発症するわけではありません。 また、発症しても症状の重い軽いに違いが出ます。

いったいどうしてでしょうか?

あなたはインフルエンザに掛かかりやすい?掛かりにくい?

これには様々な要因が考えられますが、その1つに個人にもつ「免疫力」の差が挙げられます。

「免疫=細菌やウイルスなどの有害物質などから身体を守る力のこと」ですから免疫力が上手く働いていれば、病気を未然に防いでくれる訳です。

免疫力が高ければ病気を未然に防いでくれます

それには、何をおいても「腸の健康」「腸を元気にする」ことですよね。

再三お伝えしていますがの体の中の70%もの免疫機能が腸内に集中しており、腸は、生命維持にかかわる栄養を吸収するだけでなく人体で最大の免疫器官だからです。

体の中の70%もの免疫機能が腸内に集中しています

また多くの血管や神経が集まっている腸の状態は全身に影響します。

従って、日ごろから腸の調子を整えておくことが、免疫力を高めることになりますし、極めて有効なインフルエンザ予防法になるわけなのですね。

腸ゲンキの秘訣は特別な乳酸菌のチカラ
乳酸菌サプリメント「メガサンA150」♪
特許取得の特別な乳酸菌のチカラ │乳酸菌サプリメント「メガサンA150」

健康ブログランキング掲載中
クリックお願い致します(^^)
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする