とっても深い免疫と腸内細菌の関係!

スポンサーリンク

健康一番!!ヘルシーワンショッピングです!
今回のお話は「とっても深い免疫と腸内細菌の関係」についてです。

免疫が24時間365日体を守り続けている

日々、口に入れられる飲食物にも必ず多くの細菌やウイルスなどが含まれています。また日々吸収される有害物質は腸の粘膜から最も侵入しやすいとされています。

また、正常な人でも毎日3,000~4,000個発生すると言われている「がん細胞」が生じる場所もほとんどが腸内の粘膜からといわれています。

そのような病原菌や有害菌などを素早くキャッチし、攻撃・排除するため、免疫細胞が24時間365日、常に腸を守り続けているのです。

つまり腸が人の体で最大の免疫器官である理由がここにあるわけです。そしてこの腸内の免疫と腸内細菌は密接な関係をもっています。

特別な乳酸菌が一兆個も!
腸が元気ならカラダも元気

腸内細菌でアンチエイジング!

若々しく、健康でいられれるのは「キレイな腸」でなくてはならないとお話しましたね?

腸の健康=若さの秘訣といって良いくらいです。

その中でもっとも肝心なのが食生活です。

つまり腸がキレイになる食事が絶対条件。

ではなぜソレほどまでに食べ物が大事なのでしょうか?

それは食事によって腸の運命を左右する「腸内細菌」のバランスが決まるからです。

人の腸の中には、約500種類、1000兆個の細菌が住み着いています。これが、「腸内細菌」といわれるてものです。

腸内細菌の種類は、乳酸菌を代表とする善玉菌有害菌である悪玉菌が存在しますが、さらに詳しく分けると、腸内の環境状態によって「善玉菌」にも「悪玉菌」にもなったりする「日和見菌」という3種類に分類できます。

健康な人の腸内環境は善玉菌と悪玉菌それぞれが上手く保たれています。

小腸から大腸にかけては、これらの腸内細菌がびっしり存在し、まるで草むら(フローラ)のようであることから、腸内フローラとも呼ばれています。

腸内フローラのなかの細菌は、さまざまな働きで、人の健康に多大な影響を与えているのです。

腸ゲンキの秘訣は特別な乳酸菌のチカラ
乳酸菌サプリメント「メガサンA150」♪

健康ブログランキング掲載中
クリックお願い致します(^^)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする