腸内細菌の代表!?善玉菌と悪玉菌ってどんなもの?

スポンサーリンク

健康一番!!ヘルシーワンショッピングです!
今回のお話は「善玉菌と悪玉菌ってどんなもの」についてです。

善玉菌と悪玉菌という名前は既にご存知かと思います。

私たちの健康は善玉菌なしでは語れないといっていいほど重要で、大切な働きをしてくれます。

元気の源であり健康と美しさのキーマンです。

善玉菌とは

腸内を酸性にし、病原菌をやっつけてくれたり、免疫力を高めてくれます。 食べ物の消化・吸収を促進し、ビタミン合成、腸管運動を促進などの働きをします。

・乳酸菌

・ビフィズス菌など。

特に乳酸菌は、腸の働きを活発にして消化吸収を助けます。体内の免疫システムを刺激して、免疫力を高めます。

腸内の乳酸菌が優位だと、風邪をひきにくい、傷が治りやすい、がんに対する抵抗力が高まるなどメリットがたくさんあります。

悪玉菌とは

腸内をアルカリ性にし、腸内を腐敗したり、発がん物質や毒素のある有害物質を作り出しがんや生活習慣病の原因にもなります。

糞便・ガスの形成はもちろん体の抵抗力を弱め、下痢や便秘を引き起こします。

また腸で吸収されると体内に取り込まれるため、体臭や口臭の原因にもなります。

・ウェルシュ菌

・ブドウ球菌

・大腸菌

・バクテロイデスなど。

特別な乳酸菌が一兆個も!
腸が元気ならカラダも元気

日和見菌とは

食べ物や体調によって善玉・悪玉どちらにも傾きます。

例えば、バイテロイデスという菌は、ビタミンを合成したり、病原菌感染を防ぐという有用な働きを持つ反面、腸内の腐敗、発ガン物質の生産、腹部を膨張させるといった悪さもします。

このように腸内には約1,000兆個もの菌が住んでいると言われております。

乳酸菌をはじめ体に良い代表の善玉菌ですが、実は悪玉菌も腸内細菌として立派に役にたっています。

善玉菌と悪玉菌のバランスが保つことこそが大切になってくるのです。

腸ゲンキの秘訣は特別な乳酸菌のチカラ
乳酸菌サプリメント「メガサンA150」♪

健康ブログランキング掲載中
クリックお願い致します(^^)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする