スポーツ選手のお腹は「善玉菌」だらけ!心や脳にも影響を与える「腸内細菌」

スポンサーリンク

健康一番!!ヘルシーワンショッピングです!
みなさんの中には、ランニングを日課にしている方も多いのではないでしょうか?

休日の公園は多くのランナーの人たちで賑わっていますよね。 そんな中の新聞で面白い記事を発見した。

「腸内環境とランニング」の意外な関係とは?

専門家の先生が「腸内環境とランニング」の関係を研究していったところ「アイルランドの研究チームがトップアスリートであるプロのラグビー選手の腸内細菌を調べたところ、善玉菌のかたまりで、一般の人より多様な菌が存在し、とても良好な状態だった」とのこと。

「腸内環境とランニング」の意外な関係とは

さらに「食生活でたんぱく質を多く取っていることが腸内細菌に良い影響を与えていたという。また、腸内に善玉菌が多いほど、肥満度を示すBMI指数が低いこともわかった。同じ食事内容でも体形に違いが出るのは、腸内細菌の状態による。つまり、どんなに栄養価の高い食品を取っても、その栄養が役立つかどうかは、善玉菌にかかっている。」ということ。

(※引用:毎日新聞オンライン http://goo.gl/4XcCXU)

特別な乳酸菌が一兆個も!
腸が元気ならカラダも元気
体の力を守る1兆個の乳酸菌EF2001│乳酸菌サプリメント「メガサンA150」

我々の心や脳にも影響を与える「腸内細菌」

確かに、トップアスリートは、筋力アップやストレッチなど体のケア以外に食事に非常に気を使う方が多ですよね。

トップアスリートは、筋力アップやストレッチなど体のケア以外に食事に非常に気を使う方が多い

昔から、健全な肉体には健全な精神が宿るといわれますが、鍛え上げられたカラダには、それをサポートするチカラとなる善玉菌も宿るということだと思います。

腸は「第二の脳」

ちなみに、腸内細菌は、我々の心や脳にも影響を与えることがわかっています。

腸は「第二の脳」と呼ばれるぐらい、頭と密接に関わっています。

腸は「第二の脳」と呼ばれるぐらい、頭と密接に関わっています

実は脳内の神経伝達物質「セロトニン」の90%が腸に存在しています。 皆さんもと何か心配ごとや緊張ごとがあると、急な腹痛や下痢に襲われたりしたことが、あると思います。

これは、脳がストレスなどの刺激を受けると、腸内にセロトニンが分泌されます。

脳内の神経伝達物質「セロトニン」の90%が腸に存在しています

そうすると、そのセロトニンが腸内細菌と反応することで腸の蠕動運動が不具合を起こし、腹痛や下痢を引き起こすのです。

このように頭で考えることと腸の活動は密接につながっているのです。

腸内細菌を健常な状態に維持しよう!

腸内細菌を健常な状態に維持することは、頭や体の健康を維持していくうえでも、病気の予防や老化防止などに役立つで上でも大変重要な問題です。

腸内細菌を健常な状態に維持しよう

その為には善玉菌をできるだけ多くし、腸内環境を整えてあげる必要があるわかですね。

心にとっても体にとっても 「腸内細菌」や「善玉菌」に元気でいてもらわなければ困りますよね。

腸ゲンキの秘訣は特別な乳酸菌のチカラ
乳酸菌サプリメント「メガサンA150」♪
腸の健康は特別な乳酸菌EF2001のチカラ│乳酸菌サプリメント「メガサンA150」

健康ブログランキング掲載中
クリックお願い致します(^^)
にほんブログ村 健康ブログ 健康的な生活へ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする